「銀河英雄伝説」キルヒアイスの名言・台詞まとめました

「銀河英雄伝説」ジークフリード・キルヒアイスの名言・台詞をまとめていきます。

1巻 黎明篇

第二章 アスターテ会戦

「ええ、(勝利により態度は)変わらざるをえないでしょう」

 

「では前進するしかありませんね」

 

「これ以上戦っても、双方とも損害が増すばかりです。戦略的に何の意味もありません」

 

「くやしいとお思いですか?」

「二倍の敵に三方から包囲されながら、各個撃破戦法で二個艦隊を全滅させ、最後の敵には後背に回りこまれながら互角に闘ったのです。充分ではありませんか」

「これ以上をお望みになるのは、いささか欲が深いというものです」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

第三章 帝国の残照

「私にできることでしたら、何でもいたします、アンネローゼさま」
「ラインハルトさまに対する私の忠誠心を信じて下さい。決してアンネローゼさまのお心に背くことは致しません」

 

私はあなたたちに頼ってほしいのです。
10年前、貴女に「弟と仲良くしてやって」と言われた瞬間から、ずっとそうなのです……。

 

人はなぜ、自分にとってもっとも必要なとき、それにふさわしい年齢でいることができないのだろう。

 

第六章 それぞれの星

皇帝に忠誠をつくせ、とは論外なことを言われるものだ。

彼が忠誠をつくす対象を、彼の前から拉致し、現在なお独占しているのは皇帝フリードリヒ四世その人ではないか。
自分が戦っているのは、帝国のためでも、帝室のためでも、皇帝のためでもない。

 

第九章 アムリッツァ

「閣下、怒っておられるのですか?」
「私がお訊きしているのは、何に対して怒っておられるのか、ということなのです」

 

「では、ラインハルトさま、あなたが怒っておられるのは、ビッテンフェルトの失敗に対してですか?」

「私にはそうは思えません。ラインハルトさま、あなたのお怒りは、ほんとうはあなた自身に向けられています。ヤン提督に名を成さしめたご自身に」

「ビッテンフェルトは、そのとばっちりを受けているにすぎません」

 

「ヤン提督に名を成さしめたことが、それほどくやしいのですか」

 

「彼には彼の不満がありましょう。なぜ、自分は事の最初からローエングラム伯と対局できないのかと」

 

「ラインハルトさま、道は平坦でないことをおわきまえ下さい。至高の座にお登りになるには、困難があって当然ではございませんか」

「覇道の障害となるのはヤン提督だけではありません。それをおひとりで排除できると、そうお考えですか」

 

「ひとつの失敗をもって多くの功績を無視なさるようでは、人心をえることはできません」

「ラインハルトさまはすでに、前面にヤン提督、後背に門閥貴族と、ふたつの強敵を抱えておいでです。このうえ、部下のなかにまで敵をお作りになりますな」

 

「ラインハルトさま以外の何者に、それ(宇宙を手にいれること)がかないましょう」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

2巻 野望篇

第一章 嵐の前

「形式というのは必要かもしれないが、ばかばかしいことでもありますね、ヤン提督」

 

第六章 勇気と忠誠

「決戦はキフォイザー星域ということになるでしょう。その際、私は本隊として800隻をひきいます」
「要するに烏合の衆です。恐れるべき何物もありません」

 

「ラインハルトさまには、もうすぐお目にかかれる。そのとき真偽のほどを直接確認すればいい」
だが、確かめてどうする。虚報であれば、それでよい。しかし、もし真実だったらどうするのか。

 

第八章 黄金樹は倒れた

「ラインハルトさまが、その計画を知りながら、政略的な理由で黙認した、と申す者がおります」「事実ですか」

 

「ラインハルトさまが覇権をお求めになるのは、現在の帝国──ゴールデンバウム王朝に存在しえない公正さに拠ってこそ、意味があると私は考えていました」

「大貴族たちが滅亡するのは、いわば歴史の必然、500年来のつけを清算するのですから、流血もやむをえないことです。ですが、民衆を犠牲になさってはいけません」

「新しい体制は、解放された民衆を基盤として確立されるのです。その民衆を犠牲にするのは、ご自分の足もとの土を掘りくずすようなものではありませんか」

 

「相手が大貴族どもであれば、ことは対等な権力闘争、どんな策をお使いになっても恥じることはありません」

「ですが、民衆を犠牲になされば、手は血に汚れ、どのような美辞麗句をもってしても、その汚れを洗い落とすことはできないでしょう」

「ラインハルトさまともあろうかたが、一時の利益のために、なぜご自分をおとしめられるのですか」

 

「私は閣下の忠実な部下です、ローエングラム侯」

 

第九章 さらば、遠き日

特権意識を持ってはいけない。
下の者が上の者に対等の関係を求めてはならないのだろう。しばらくは耐えよう。ラインハルトさまなら、一時の迷いや誤りはあっても、いずれわかってくださる。

いままで11年間、ずっとそうだったではないか。

いままで?
いままではたしかにそうだったし、それは永遠のものと信じていた。だが、それはうぬぼれであったかもしれない……。

 

「ラインハルトさま……ご無事で」
「もう私はラインハルトさまのお役にたてそうにありません……お許しください」

 

「ラインハルトさま……」「宇宙を手にお入れください」
「それと、アンネローゼさまにお伝えください。ジークは昔の誓いを守ったと……」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→銀河英雄伝説1巻
→銀河英雄伝説2巻
→銀河英雄伝説3巻
→銀河英雄伝説4巻
→銀河英雄伝説5巻
→銀河英雄伝説6巻
→銀河英雄伝説7巻
→銀河英雄伝説8巻
→銀河英雄伝説9巻
→銀河英雄伝説10巻
→銀河英雄伝説 外伝
→銀河英雄伝説(ヤン)
→銀河英雄伝説(ラインハルト)
→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)
→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)
→銀河英雄伝説(ロイエンタール)
→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)
→銀河英雄伝説(ミュラー)
→銀河英雄伝説(メックリンガー)
→銀河英雄伝説(ケンプ)
→銀河英雄伝説(ルッツ)
→銀河英雄伝説(ファーレンハイト)
→銀河英雄伝説(ワーレン&ケスラー)
→銀河英雄伝説(シュトライト&フェルナー)
→銀河英雄伝説(マリーンドルフ伯)
→銀河英雄伝説(ヒルダ)
→銀河英雄伝説(アンネローゼ)
→銀河英雄伝説(メルカッツ)
→銀河英雄伝説(シュナイダー)
→銀河英雄伝説(シェーンコップ)
→銀河英雄伝説(ポプラン)
→銀河英雄伝説(イワン・コーネフ)
→銀河英雄伝説(アッテンボロー)
→銀河英雄伝説(ユリアン)
→銀河英雄伝説(フレデリカ)
→銀河英雄伝説(ムライ)
→銀河英雄伝説(パトリチェフ&フィッシャー)
→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)
→銀河英雄伝説(オルタンス)
→銀河英雄伝説(カリン)
→銀河英雄伝説(シトレ)
→銀河英雄伝説(ビュコック)
→銀河英雄伝説(チュン・ウー・チェン)
→銀河英雄伝説(ホワン・ルイ)
→銀河英雄伝説(ルビンスキー)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

11_人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました