「人間失格」「晩年」より太宰治の名言まとめました

「人間失格」「晩年」より、太宰治の名言をまとめていきます。

人間失格

恥の多い生涯を送って来ました。
自分には、人間の生活というものが、見当もつかないのです。

第一手記の冒頭の言葉。非常にインパクトがあります。
恥が多いとはどういうことでしょうか?
個人的な感覚では、恥が多いこと自体は問題では無いと考えている。
問題なのは、恥が多いと感じていること。
実際に何をしたら恥なのかは、個人的な判断に過ぎない。
人に笑われたら「恥」と感じるか、それとも「おいしい」と感じるかなのだから。

幸福

自分の幸福の観念と、世のすべての人たちの幸福の観念とが、まるで食いちがっているような不安、自分はその不安のために夜々、転輾し、呻吟し、発狂しかけた事さえあります。

みんなと違うことをどのように捉えるか。
個性と考えて無視できればいいが、おかしいと考えて合わせようとすると泥沼になる。
ただ問題は、周りが無視させてくれないこと。
違うとして排除されたり、迷惑な善意から正そうとされてしまう。
まったくもって面倒くさい。

隣人

つまり、わからないのです。
隣人の苦しみの性質、程度が、まるで見当つかないのです。

神経質な人は自分にばかり焦点が向き、相手のことは分かっていない。
しかも相手が自分と同じと感じてしまうと、何を考えてるかさらに分からなくなる。
なぜなら自分は本心と行動が違っているから。
そのため裏表が無いと思える人に、ひかれてしまうのかも知れない。

道化

そこで考え出したのは、道化でした。

つまり、自分は、いつのまにやら、一言も本当の事を言わない子になっていたのです。

相手のことが分からず会話できないため、対策として出した結論と結果になる。
自分を騙し続ける自分が、表面的な自分自身となる。
そのため、本当の自分自身が分からなくなってしまう。
結果として、嘘の自分が自分の全てになる。
初めに嘘をついてしまうと、その嘘を見抜かれないために嘘をつき続けてしまう。
最初の一歩目は、非常に大切となる。

スポンサーリンク

ひとり

人間をだまして、「尊敬され」ても、誰かひとりが知っている。

ここでは「ひとり」は問題ではない。
問題は「誰か」の存在となる。
やましいことがある場合、常に「バレるのでは?」という不安を抱えることになる。
その不安は、当然のように行動に出てしまう。
やはり不正は、自分のためにならない。

非合法

非合法。自分には、それが幽かに楽しかったのです。
むしろ、居心地がよかったのです。

ある思想の同士になった時の心持ち。
非合法や違法なことは、そうでない人から見れば「なぜ?」と考える。
しかし多くの場合、理由などないのかもしれない。
あえていえば、「非合法だから」とか「違法だから」になるのかもしれない。
若者にありがちなことなので、全否定がいいのかは分からない。
非合法にしろ違法にしろ、人が決めたことに過ぎないのだから。

実生活

世の中の人間の「実生活」というものを恐怖としながら、毎夜の不眠の地獄で呻いているよりは、いっそ牢屋のほうが、楽かも知れないとさえ考えていました。

極端な例ではあるが、多くの人にも共通すると考えている。
完全な自由というものは、得てして不自由なものである。
社会の中で完全な自由などあり得ない。社会のルールの中の自由に過ぎない。
多くの人が会社員を選ぶが、安定という名の拘束でもある。
商売している人でも、何らかの組合や組織に入っていることがほとんど。
人はある程度の不自由がある方が、自由に暮らせるのかもしれない。

弱虫

弱虫は、幸福をさえおそれるものです。綿で怪我をするんです。
幸福に傷つけられる事もあるんです。

凄い言葉ですね。心が締め付けられるようになります。
本当に幸福を感じている人には、理解できないかもしれない。
しかし幸福に見える場所にいるだけの人は、よく理解できるだろう。
例えば、パーティー会場に出席していれば、幸せな光景に見える。
しかし内心でどう考えてるかは、別問題となる。
また結婚式だとしても、全員が幸福な気分とは限らない。
一つ言えるのは、幸福の押し売りだけはゴメンである。

スポンサーリンク

親友

ああ、人間は、お互い何も相手をわからない、まるっきり間違って見ていながら、無二の親友のつもりでいて、一生、それに気附かず、相手が死ねば、泣いて弔事なんかを読んでいるのではないでしょうか。

友達や親友の定義は難しい。そもそもそんなものは、個人的な感覚に過ぎない。
自分が思っていても、相手が思っているとは限らない。
一緒にいるからといって、仲がいいとも限らない。
実際その人がいない場所でどうしてるかを知ってしまうのは、怖いのが現実となる。
ただそんなこと気にしても始まらないので、目を閉じている人は多いだろう。
知ることと知らないこと、どっちが幸せだろうか?

世間

世間とは、いったい、何の事でしょう。人間の複数でしょうか。
どこに、その世間というものの実体があるのでしょう。

世間・世の中・普通・多くの人など、さも全ての人みたいな表現がある。
最近では、民意などもそれに当たるだろうか?
しかし多くの場合、その人にとってのことであり、実は全体の意見で無いことが多い。
個人的には、相手の意見を封じる方法と考えている。

不幸

自分の不幸は、拒否の能力の無い者の不幸でした。

これは非常に難しい。
では「拒否の能力があれば幸せなのか?」となるからだ。
拒否しない、または受け入れるのは、非常に心地よい。
自分にとっても、相手にとってもである。
相手が利用しているだけとしても、本人がよければ幸せの場合すらある。
逆に拒否してしまうとギスギスすることもあり、見合うだけの能力を要求される。
あくまでこれは結果論に過ぎない。

人間失格

人間、失格。
もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました。

廃人や狂人が集まる施設に入れられた後に感じたこと。
何か心に突き刺さる言葉です。
人間であるとは、人間として認められること。
人間で無くなるとは、人間として認められないこと。
こんな大切なことが他者によって決められるとは、何とも物悲しい。

晩年

本作においては言葉のみをピックアップし、説明や解釈は書かない方針とします。
何か無意味というか、蛇足に感じましたので。

その日その日を引きずられて暮しているだけであった。

ほんとうに、言葉は短いほどよい。
それだけで、信じさせることができるならば。

芸術の美は所詮、市民への奉仕の美である。

ここに男がいる。生れて、死んだ。
一生を、書き損じの原稿を破ることに使った。

安楽なくらしをしているときは、絶望の詩を作り、
ひしがれたくらしをしているときは、生のよろこびを書きつづる。

どうにか、なる。

列車

誰だってそうであろうが、見送人にとって、この発車前の三分間ぐらい閉口なものはない。
言うべきことは、すっかり言いつくしてあるし、ただむなしく顔を見合わせているばかりなのである。

猿ヶ島

逃げる。
こわくないか。

道化の華

ここを過ぎて悲しみの市(まち)

よそう。おのれをあざけるのはさもしいことである。
それは、ひしがれた自尊心から来るようだ。
現に僕にしても、ひとから言われたくないゆえ、まずまっさきにおのれのからだへ釘をうつ。
これこそ卑怯だ。もっと素直にならなければいけない。ああ、謙譲に。

美しい感情を以て、人は、悪い文学を作る。
つまり僕の、こんなにうっとりしすぎたのも、僕の心がそれだけ悪魔的でないからである。

悪趣味。いまになって僕の心をくるしめているのはこの一言である。

僕はなぜ小説を書くのだろう。困ったことを言いだしたものだ。仕方がない。
思わせぶりみたいでいやではあるが、仮に一言こたえて置こう。
「復讐」

たくさんのことを言い落している。それも当前であろう。
作家にはその作品の価値がわからぬというのが小説道の常識である。

たった四日の思い出の、五年十年の暮しにまさることがある。
たった四日の思い出の、ああ、一生涯にまさることがある。

ああ、作家は、おのれのすがたをむき出しにしてはいけない。
それは作家の敗北である。

猿面冠者

小説は、やはりわがままに書かねばいけないものだ。
試験の答案とは違うのである。

この小説は徹頭徹尾、観念的である。肉体のある人物がひとりとして描かれていない。
すべて、すり硝子越しに見えるゆがんだ影法師である。

風の便りはここで終らぬ。

男は書きかけの原稿用紙に眼を落してしばらく考えてから、題を猿面冠者とした。
それはどうにもならないほどしっくり似合った墓標である、と思ったからであった。

逆行

老人の永い生涯に於いて、嘘ではなかったのは、
生まれたことと、死んだことと、二つであった。

彼は昔の彼ならず

僕はどうも芸術家というものに心をひかれる欠点を持っているようだ。
ことにもその男が、世の中から正当に言われていない場合には、いっそう胸がときめくのである。

けれど、無性格は天才の特質だともいうね。

みんなみんな昔ながらの彼であって、
その日その日の風の工合いで少しばかり色あいが変って見えるだけのことだ。

ロマネスク

嘘のない生活。その言葉からしてすでに嘘であった。

玩具

もはや私を警戒する必要はあるまい。
私は書きたくないのである。

私は誰にも知られずに狂い、やがて誰にも知られずに直っていた。

いまもなお私の耳朶をくすぐる祖母の子守歌。
「狐の嫁入り、婿さん居ない」その余の言葉はなくもがな。

陰火

どういう傑作でも、作家以上ではない。
作家を飛躍し超越した作品というものは、読者の眩惑である。

おれは君に知らせてやりたい。
どんな永遠のすがたでも、きっと卑俗で生野暮なものだということを。

いちばん恐ろしいのは孤独である。

みれんではない。解決のためだ。いやな言葉だけれど、あとしまつのためだ。

めくら草紙

なんにも書くな。なんにも読むな。なんにも思うな。ただ、生きて在れ!

この水や、君の器にしたがうだろう。

解説より

けれども、私は、信じて居る。
この短篇集、「晩年」は、年々歳々、いよいよ色濃く、きみの眼に、君の胸に滲透して行くにちがいないということを。
私はこの本一冊を創るためにのみ生まれた。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
人間失格 (新潮文庫)
晩年 (新潮文庫)

→インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク