加賀恭一郎の名言まとめました

加賀恭一郎(東野圭吾作品、刑事)の名言をまとめていきます。

卒業

本作では卒業前の大学生四年生。

第一章

「何もしなくていい。これはプロポーズじゃない、俺の意思だ。君が誰を好きになり、誰と結婚しようが、それは君の自由なのだけれど、俺はこういう気持ちでいる。それを知っておいてもらいたかった」

 

「つまらん思想さ。俺ははっきりしていることは口に出す主義でね。したがって君に対する気持ちも言っておく必要があった。卒業までにね」

 

「やむをえないだろうな。それに君を見る俺の目は、もう何年も前から変わっている」

 

「悩みというのは、人に知ってもらうことによって低減するという性質をもっているからな」

 

「そのあたりが難しいところだ。話せるということは心にどこか余裕がある証拠でね、真の悩みというものは人には話せないものさ。この場合は友情も無力だ」

 

「女も男も関係ない。悩みのある時は誰だって孤独だ。ただ……恋愛をしている時はどうなんだろう? そのケースは俺にもわからないな」

第二章

「いい女性でしたよ」「殺されるような女性じゃないってことです」

 

「人の記憶なんていい加減なものだ。無理矢理、探偵ごっこの材料にこじつけてしまったのかもしれない」

 

第三章

「そういう動機もありうるということだ」

 

「自殺説が有力なのは、単に状況からだ」

 

「果たして俺たちは、他の者のことをどれだけ知っているだろう?」
「本当は何も知らないんじゃないか?」

 

「俺だって辛いんだ。だけど納得できないことを、納得できないまま終わらせることは俺にはできないんだ」

 

「動機についてはこの際考えないようにしよう」

「今も言ったように俺の目的は、不可能だという根拠で他殺説を簡単にしりぞけてしまっていいかどうかをはっきりさせることにある。しかし逆に、もし何か巧い手が見つかったからといって、即他殺だと決めてかかるつもりもない」

 

「ある学者の言葉だけどさ。あることを証明しようとする時、可能だということを証明するのより、不可能だということを証明する方がはるかに困難なのだそうだ」

 

第四章

「剣道の話はなしだ」「自慢になる」

 

「今度くる時は事件解決の時、といきたいもんだな」

 

「残念ながら今のところは満足のいく解答は出せない。だけど推理の方向としてはこれしかないと俺は思うんだ。と言うより、とにかくひとつ方向を決めてかからないと何も進んでいかない」

 

「いや、まだ話せる段階じゃないんだ。最後の詰めが残っている。これがはっきりしないうちは、ただ単なる推理ゲームに過ぎないんだ」

 

第五章

「どんな方法でも、出る結果は同じだ」

 

これが最良の方法だとは思っていない。第一、最良の方法なんて存在しないのだ。

 

真実を追求することにどれだけの意味があるか。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
卒業

 

→湯川学の名言
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました