「銀河英雄伝説」シェーンコップの名言まとめました

「銀河英雄伝説(田中芳樹)」より、自由惑星同盟ワルター・フォン・シェーンコップの名言をまとめていきます。

1巻 黎明篇

第五章 イゼルローン攻略

「私が噂通り七人目の裏切者になったとしたら、事はすべて水泡に帰します」
「そうなったらどうしますか?」

薔薇の騎士(ローゼンリッター)連隊長のシェーンコップは、ヤンに重要な任務で呼ばれる。
歴代の連隊長の多くが裏切者のため、いきなりシェーンコップは不穏なことを話し出す。

「失礼ながら、提督、あなたはよほどの正直ものか」
「でなければルドルフ大帝以来の詭弁家ですな」
「とにかく期待以上の返答はいただいた。この上は私も微力をつくすとしましょう」
「永遠ならざる平和のために」

ヤンからイゼルローン要塞攻略の重要任務を受けたシェーンコップ。
ヤンにこの無茶な作戦を受けた理由を問いかけ、答えに満足したことを伝える。

「どんな厳重なシステムも、運用する人間しだいという、いい教訓だ」

イゼルローン要塞に侵入し、あっさり司令官を人質に取るシェーンコップ。
防犯システムを活用できていないことを指摘する。

「こいつは戦闘と呼べるものではありませんな、閣下。一方的な虐殺です」

帝国軍はイゼルローン要塞を奪われたが、再奪取を目的に攻撃してくる。
しかし巨大な要塞砲により一方的に撃破され、シェーンコップはヤンに語りかける。

第六章 それぞれの星

「私は自分の人生の終幕を老衰死ということに決めているのです」
「150年ほど生きて、よぼよぼになり、孫や曾孫どもが」
「やっかい払いできると嬉し泣きするのを聴きながら、くたばるつもりでして」

辞表を出したが受理されなかったヤンに対して、シェーンコップが語ったこと。
ヤンの部下でいれば長生き出来ると考えていた。

スポンサーリンク

2巻 野望篇

第三章 ヤン艦隊出動

「あなたほど戦争の愚劣さを嫌っている人間はいませんが」
「同時にあなたほどの戦争の名人はいない」

ヤンのある行動を見たシェーンコップは、ヤンを矛盾の塊と話す。
それはヤンの戦争に対する考え方と、実績との乖離から来ていた。

「そもそも軍人というのが、あたなの柄じゃありませんよ」
「それでもこのうえなくうまくやっているんだ、独裁者だってけっこううまくこなせるでしょう」

ヤンにこの機会を利用して、独裁者になることを提案するシェーンコップ。
しかしヤンにその気は無く、さらに何事も無いように話は終わった。

第五章 ドーリア星域の会戦

「まあ、これくらいの役得がないとね」

惑星シャンプールの反乱を見事な手際で鎮圧したシェーンコップ。
戻ってきた姿を見たヤンが呆れた時、軽い感じで返していく。

3巻 雌伏篇

第五章 査問会

「首都に残っている柔弱な連中なら、片手で一個小隊はかたづけるでしょうよ」
「私なら一個中隊ですな」

ハイネセンへの召還命令が届くヤンに対して、護衛にマシュンゴをすすめるシェーンコップ。
ヤンが君より強いかと聞くため、シェーンコップはさらりと答える。

第七章 要塞対要塞

「敵もどうして、打つ策が早い!」
「すこし運動してくるだけです、すぐもどりますよ」

イゼルローンの外壁に敵兵が接近したことを知るシェーンコップ。
止めるキャゼルヌに対して、自身が指揮を取ることを伝える。

「まあね、女とコーヒーについては、死んでも妥協したくありませんでね」

イゼルローンはピンチを迎えるが、コーヒーの味に注文をつけるシェーンコップ。
キャゼルヌに皮肉を言われた後、自分の考えを話していく。

4巻 策謀篇

第四章 銀河帝国正統政府

「つまり、私は一度、祖国を喪失した男です」
「一度が二度になったところで、いまさら驚きも嘆きもしませんよ」

過去に帝国から同盟に亡命しているシェーンコップ。
再び同盟は滅亡の危機にあるが、その点に興味は示さなかった。

第八章 鎮魂曲への招待

「私はワルター・フォン・シェーンコップだ、死ぬまでの短い間、憶えておいていただこう」

ヤンの策略により、ロイエンタールの旗艦に突入するシェーンコップ。
名乗りを挙げて戦うが、ロイエンタールを討ち取るまではいかなかった。

スポンサーリンク

5巻 風雲篇

第二章 ヤン提督の箱舟隊

「ほう、勝機!? すると、勝てると思ってはいらっしゃるのですか」

イゼルローン要塞を放棄することによって、勝機があると話すヤン。
シェーンコップはこの状況においても、勝機があると考えるヤンに驚きを見せる。

「独裁者を支持するのも民衆なら、反抗して自由と解放を求めるのも民衆です」
「民衆の多数が民主主義ではなく独裁を望んだとしたら」
そのパラドックスをどう整合させるのか」

この混乱に乗じて、再びヤンに独裁者になることを提案するシェーンコップ。
民衆は必ずしも自由ではなく、独裁を望んでいる場合もあることを話していく。

「要塞とか人妻とかいうものは、そう簡単に借りられないものですがね」
「ひっかけるしかないでしょう」

イゼルローンを放棄すると話すヤンだが、必要が出来れば取り返すとも話し出す。
簡単にはいかないと話すシェーンコップだが、ヤンは楽しむような感じだった。

第七章 バーミリオン

「あなたが、ほんとうに勝つ気があればね」

ヤンが勝てるかと聞いて来た時、シェーンコップが返したこと。
ヤンにとっての「勝つ」が単純ではないことを理解していた。

第九章 急転

「さあ、政府の命令など無視して、全面攻撃を命令なさい」
「そうすれば、あなたはみっつのものを手に入れることができる」
「ラインハルト・フォン・ローエングラム公の生命と、宇宙と、未来の歴史とをね」
「決心なさい! あなたはこのまま前進するだけで歴史の本道を歩むことになるんだ」

ヤン艦隊はラインハルトの旗艦を射程にとらえるが、政府より休戦命令が入る。
シェーンコップは戦いを続ける利益を訴えるが、ヤンが聞き入れることは無かった。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク