「銀河英雄伝説」ラインハルトの名言まとめました

「銀河英雄伝説(田中芳樹)」より、銀河帝国ラインハルト・フォン・ローエングラムの名言をまとめていきます。

1巻 黎明篇

第一章 永遠の夜のなかで

「吾々が敵より圧倒的に有利な態勢にあるからだ」
吾々は包囲の危機にあるのではない。敵を各個撃破する好機にあるのだ」

二倍の敵が三方向から接近しているため、部下は包囲の危険から撤退を提案する。
しかしラインハルトは各個撃破の好機として却下する。

(こいつは無能なだけでなく低能だ)

ラインハルトの説明を聞いても、自分の意見を変えない年上の部下。
ラインハルトは低能と断定するが、さすがに口には出さなかった。

「翌日には卿はその目で実績を確認することになるだろう」

ラインハルトの説明に、机上の空論であり実績が無いと話す部下。
しかしラインハルトはこれから実績を作ることを明言する。

「ジークフリードなんて、俗な名だ」
「でもキルヒアイスって姓はいいな。とても詩的だ」
「だから僕は君のこと、姓で呼ぶことにする」

(過去の回想)
幼い時にキルヒアイスの隣に引っ越してきたラインハルト。
庭で偶然であい、キルヒアイスに無遠慮に語りかける。

「ルドルフに可能だったことが、おれには不可能だと思うか?」

(過去の回想)
初代皇帝ルドルフによって作られた特権により、驕り続ける貴族たち。
姉を奪われたラインハルトは、ルドルフのように作り直すことをキルヒアイスに問いかける。

第六章 それぞれの星

「よかろう、卿を貴族どもから買う」

イゼルローンから脱出してきたオーベルシュタインは、ラインハルトに庇護を求める。
危険な人物と理解するが、この表現にて助けることを約束し参謀とする。

「……だから、おれも奴の頭脳を利用する。奴の動機などどうでもいいさ」
「奴ひとり御しえないで宇宙の覇権を望むなんて不可能だと思わないか」

オーベルシュタインを参謀に迎えることについて、問題を指摘するキルヒアイス。
しかしラインハルトは理解していることを話していく。

第八章 死線

「勝つためだ、キルヒアイス」

侵攻してくる同盟軍を徹底的に叩くため、焦土戦略を取るラインハルト。
言葉にはしないが不満を持つキルヒアイスに、ラインハルトは勝利のためを強調する。

「勝利はすでに確定している。このうえはそれを完全なものにせねばならぬ」

同盟軍を深く誘い込み、補給部隊を全滅させた帝国軍。
ラインハルトは勝利が確定したことを部下たちに話していく。

第九章 アムリッツァ

「私が魔法の壺でも持っていて、そこから艦隊が湧き出て来るとでも奴は思っているのか」

ミスをしたビッテンフェルトは援軍を要請する。
しかし別働隊に使っているため、ラインハルトにも予備軍は存在しなかった。

「いや、やめておく」
「この段階で私がしゃしゃり出たら、部下の武勲を横どりするのかと言われるだろう」

アムリッツァの勝利は確定し、既に追撃戦に入っていた。
旗艦も追撃するかを問われた時、ラインハルトは冗談のように話していく。

スポンサーリンク

2巻 野望篇

第二章 発火点

「役にたたせるさ、キルヒアイス。でなければ、この男、生きている価値もない」

同盟軍を分裂させるため、同盟軍元仕官を利用するラインハルト。
役に立つか不安を感じるキルヒアイスに、冷たく現実を言い放つ。

「平和か。平和というのはな、キルヒアイス」
「無能が最大の悪徳とされないような幸福な時代をさしていうのだ。貴族どもを見ろ」

今回の謀略により、同盟軍国内の平和が乱されることを話すキルヒアイス。
ラインハルトは平和についての考えを、辛辣に話していく。

(そう、これこそが現実なのだ。では現実を変えなければならない)

(過去の回想)
戦争状態が続いているのに、国内の貴族は享楽を続けていた。
その現実を見るラインハルトは、変えるべき根本的なことを誓う。

「貴族どもを、ほんとうに追いつめる必要はないのだ」
「追いつめられる、と、奴らに信じこませればそれでいい」

貴族たちを打倒したいと考えるラインハルトは、貴族たちの暴発を待っていた。
しかし周到な準備の後の暴発では困るため、ヒステリックに暴発させる謀略を実行する。

「もうすぐだ、キルヒアイス。もうすぐ、宇宙はおれたちのものになる」

貴族たちとの対決は決定し、勝利を確信するラインハルト。
しかしこの結末は、必ずしも好ましいものにはならなかった。

第四章 流血の宇宙

「奴らにふさわしい名称があるぞ」
「賊軍というのだ。公文書にはそう記録しろ、賊軍とな、いいか」

戦いに向かおうとするラインハルトは、敵の公式名称を問われる。
少し悩んだ後、相手を怒らすような名前に決定する。

「オフレッサーは勇者だ。ただし、石器時代のな」

火器を使えない状態にし、白兵戦で通路を立ち塞ぐ敵軍のオフレッサー。
ラインハルトは勇者と認めるも、過去の遺物と捉えていた。

第六章 勇気と忠誠

「生死は問わぬ。ブラウンシュヴァイク公を私の前へつれてこい」
「成功した者は、一兵卒でも提督に昇進させてやるぞ。それに賞金もだ。機会をつかめ」

貴族軍を深く誘い込んだラインハルト軍は、一方的に攻撃を加える。
さらに結果を求めるため、兵士たちへの鼓舞も忘れない。

第八章 黄金樹は倒れた

「お前はいったい、おれのなんだ?」

助けられる民衆を犠牲にしたとして、キルヒアイスに強く糾弾されるラインハルト。
キルヒアイスに対して甘えを持っているため、子供っぽい反抗心が芽生えてしまう。

「全宇宙が私の敵になっても、キルヒアイスは私に味方するだろう」

キルヒアイス本人に対しては反発するが、信頼する気持ちは変わらないラインハルト。
それをオーベルシュタインに伝えるが、正論をもって封殺されてしまう。

第九章 さらば、遠き日

「卿らも同様だ」
「私を倒すだけの自信と覚悟があるなら、いつでも挑んできてかまわないぞ」

立ち直り指示を出すラインハルトだが、何かが変わっていた。
報告するロイエンタールに、まるで反乱を許容するようなことを話す。

スポンサーリンク

3巻 雌伏篇

第二章 はばたく禿鷹(ガイエ)

「百戦して百勝というわけにもいくまい。いちいち陳謝は無用である」

同盟軍との小規模な遭遇戦において敗北したため、謝罪するケンプ。
ラインハルトは些細なこととして不問にする。

「体制に対する民衆の信頼をえるには、ふたつのものがあればよい」
「公平な裁判と、同じく公平な税制度。ただそれだけだ」

貴族たちに勝利したことで、政治的な独裁権も手に入れるラインハルト。
しかし質素といえる生活を続け、民衆に対しても公平を目指していた。

(簒奪が世襲より悪いなどと、誰が定めたのか)

現在の皇帝から簒奪を目指しているラインハルト。
悪いというのは、利権を持っている側の見方だと捉えている。

第四章 失われたもの

「それで死ぬとしたら、ケンプもそれまでの男だ」
「永らえたところで、たいして役にたつまい」

巨大要塞ガイエスブルクによるワープ実験を見ているラインハルト。
失敗によりケンプ提督を失う心配をヒルダが話した時、ラインハルトは冷酷に答えていく。

第八章 帰還

「誤解するな、オーベルシュタイン。私は宇宙を盗みたいのではない。奪いたいのだ」

オーベルシュタインから、汚れた人物にも使いみちがあることを聞くラインハルト。
しかしその謀略的な方法で宇宙を手に入れることは望んでいなかった。

第九章 決意と野心

「卿に罪はない。一度の敗戦は、一度の勝利でつぐなえばよいのだ」

惨敗し深手を負った状態でラインハルトの前に出るミュラー。
報告を聞いたときには激怒したが、結果的には全て許すことにする。

「私の跡を継ぐのは、私と同じか、それ以上の能力を持つ人間だ」
「そして、それは、何も私が死んだ後とはかぎらない……」

「私を背後から刺し殺して、それですべてが手にはいると思う人間は、実行してみればいいんだ」
「ただし、失敗したらどんな結果がもたらされるか」
「その点には充分な
想像力をはたらかせてもらおう」

ヒルダの問いかけに対して、自分の子供に継がせる気が無いことを話すラインハルト。
さらに自分に対する暗殺についても語りだす。

スポンサーリンク

4巻 策謀篇

第一章 雷鳴

「おれはちがう。おれはそうはならない」

雷が鳴るを見て、初代皇帝ルドルフは無駄に荒れ狂ったとヒルダに話すラインハルト。
そして自分は違うことを話していく。

「三つの勢力のうちふたつが合体するとして」
「その一方が必ずフェザーンだなどとは思わぬほうがよいのではないか」

フェザーンからある提案をされるが、常に裏で暗躍されることを好まないラインハルト。
同盟軍と協力して、フェザーンを潰す可能性を示唆する。

「よかろう。その赤ん坊に玉座をくれてやろう」
「子供の玩具としては多少おもしろみに欠けるが」
「そういう玩具を持っている赤ん坊が宇宙にひとりぐらいいてもいい」

「ふたりは多すぎるがな」

現在の皇帝が誘拐された後、次の皇帝を誰にするかを問いかけるラインハルト。
オーベルシュタインから生後八ヶ月の女児を提案され、興味なげにOKを出す。

第三章 矢は放たれた

「奴らは一時の欲にかられて大局をあやまったと、後悔に打ちひしがれることになるだろう」

誘拐された皇帝は自由惑星同盟が受け入れると確信するラインハルト。
それが大規模な侵攻を招き、後悔することになると部下たちに話していく。

第六章 作戦名「神々の黄昏」

「だが、姉に嫌われても、私はもうもどれない」
「私がここで覇道を退いたら、誰が宇宙に統一と秩序を回復する?」
「自由惑星同盟の身のほど知らずや、旧体制の反動家どもに、人類の未来をゆだねるのか」

今回の同盟への侵攻について、自分を悪辣とヒルダに話すラインハルト。
しかしここで止めるわけにいかないことを話していく。

第八章 鎮魂曲への招待

「そうだ、終わりのはじまりだ、フロイライン」

別働隊で動いているロイエンタールから、増援の依頼を受けるラインハルト。
そしてこれから本隊による作戦が開始されるのだった。

第九章 フェザーン占領

「完璧に、とはなかなかいかぬものだ」
「卿にできなかったとあれば、他の何びとにも不可能だろう。謝罪の必要はない」

フェザーンを占領したミッターマイヤーだが、全ては上手くいかなかった。
しかし概ね順調に進んでいるため、ラインハルトは問題ないことを伝える。

「そうだ、これがほしかったのだ」
「行こうか、キルヒアイス、おれとお前の宇宙を手に入れるために」

フェザーンにてコンピューター室に1人で入り、同盟の航路図を見るラインハルト。
亡きキルヒアイスに対して、これからを誓う。

スポンサーリンク

5巻 風雲篇

第一章 寒波到る

「敵の姿を見てその場で戦わないのは卑怯だ」
「などと考える近視眼の低能が、どこにもいるからな」

同盟軍の対応について、ミュラーから作戦の統一性を欠くと聞くラインハルト。
軍人の行動は後方の何かによって影響を受けることを指摘する。

(自分は、敵が存在しないという状態に耐えうるだろうか)

今回の同盟軍との戦いに勝利し、敵がいなくなることを想像するラインハルト。
しかし同時に、あまりにも先走った考えに苦笑してしまう。

第三章 自由の宇宙を求めて

「わからぬか。戦場で私を倒すことだ」

ヤンがイゼルローン要塞を放棄した報告を受けたラインハルト。
今回の戦いで唯一勝利する方法、自分を倒すことであることを理解していた。

「フロイライン、私は戦いたいのだ」

「フロイライン、どうせ宇宙をこの手につかむなら、手袋ごしにではなく」
「素手によってでありたいと思うのだ」

ヒルダより後方にいて欲しいことを具申されるラインハルト。
しかしその選択肢は存在しなかった。

第四章 双頭の蛇

「わが軍は彼らの挨拶に対し、相応の礼をもってむくいるとしよう」
「双頭の蛇の陣形によって……」

いろいろな情報より、同盟軍が待ち受けるポイントを報告するミッターマイヤー。
ラインハルトも同意し、作戦を提督たちに伝える。

「この陣形には後方などというものはないのだ、ミュラー」
「あるのはふたつめの頭だ」

「私は勝つためにここへ来たのだ、ミッターマイヤー」
「そして勝つには戦わなくてはならないし、戦うからには安全な場所にいる気はない」

胴体部はミッターマイヤーに任せるが、頭の一つは自分が受け持つと話すラインハルト。
反対するミュラーやミッターマイヤーに対し、常に前線にいることを明言する。

「エミール、勝利を願ってくれたお前のために、私は勝とう」
「だから、お前は生きて還って、家族に伝えるのだ」
「ラインハルト・フォン・ローエングラムをランテマリオの戦いで勝たせたのは自分だ、とな」

少年兵エミールから、勝利を願っていることを聞くラインハルト。
優しい笑顔も向け、エミールが生涯忘れられないことを話しいてく。

「ミッターマイヤーは闘牛士だ」
「猛牛に押しまくられているかに見えて、じつはその力を温存し、勝機をねらっている」

同盟軍の狂乱したような戦いに、押し込まれるミッターマイヤー。
ラインハルトは余裕を持って答えるが、本当に辟易してる可能性もあり救援に向かう。

「なかなか楽には勝てぬものだ。老人はしぶとい。メルカッツもうそうだったが」

圧倒的に有利だが、同盟軍ビュコック提督の老練な手腕により、簡単には勝てない。
過去を思い出し話すラインハルトは、ベテランのしぶとさを感じてしまう。

「……やはり使わざるをえないか」
「ビッテンフェルトに連絡せよ。卿の出番だ」
「黒色槍騎兵の槍先に敵の総司令官の軍用ベレーをかかげて私のところへ持ってこい、と」

老提督の手腕により、決定打を与えることが出来ない帝国軍。
ラインハルトは決定打を与えるため、ビッテンフェルトに出動を命じる。

「万が一、フェザーン方面への道が閉ざされたら、このままバーラト星系へ直進し」
「同盟の死期を早めてやるだけのことだ」
「そしてイゼルローン回廊を通って帝国へ凱旋する。それですむではないか」

ランテマリオの戦いの勝敗は決するが、後方からヤン艦隊が現れた。
動揺する帝国軍に対して、ラインハルトは冷静に状況を説明し叱咤する。

「どうも天敵というものがいるらしいな」
「キルヒアイス、お前がいてくれたら、ヤン・ウェンリーなどに白昼の横行などさせぬものを」

勝利はしたが、またしても最後にヤンの妨害を受けたラインハルト。
亡きキルヒアイスに語りかけてしまう。

スポンサーリンク

第五章 暁闇

「案ずるな、エミール。能力が同じであれば運が勝敗を左右する」
「私は自分自身の運の他に、友人からも運をもらった」
「その友人は運だけでなく、生命も未来も私にくれたのだ」

「私はふたり分の運を背負っている。だからヤン・ウェンリーなどに負けはせぬ。案ずるな」

熱を出し寝込んだラインハルトを介抱するエミールは、勝利を祈っていた。
それを見たラインハルトは語りかけていく。

第六章 連戦

「いや、だめだ、フロイライン。私は誰に対しても負けるわけにはいかない」
「私に対する人望も信仰も、私が不敗であることに由来する」
「私は聖者の徳によって兵士や民衆の支持を受けているわけではないのだからな」

ヒルダよりヤン艦隊を無視して、首都を直撃することを提案されるラインハルト。
しかしヤンに勝利せず征服しても、勝利したことにはならないことを語っていく。

「エミール、私に学ぼうと思うな。私の模倣は誰にもできぬ。かえって有害になる」
「だが、ヤン・ウェンリーのような男に学べば、すくなくとも愚将にはならずにすむだろう」

エミールは逃げてばかりのヤンを卑怯と話す。
しかしラインハルトは、戦うだけでは引き立て役にしかなれないことを話していく。

「もう寝なさい。子供には夢を見る時間が必要だ」

なぜかエミールに対しては、いろいろなことを話してしまうラインハルト。
そして過去に自分が姉に言われた言葉を話す。

「お前が望んだことだ」
「望みどおりにしてやったからには、私の前に出てくるんだろうな、奇跡のヤン」

ヤンを罠に誘い込むため、自らおとりになるラインハルト。
それはヤンも望んでいることを確信する。

第八章 死闘

「してやられたか……」
「勝ちづつけて、勝ちつづけて、最後になって負けるのか」
「キルヒアイス、おれはここまでしかこれない男だったのか」

策により有利に進めていたが、ヤンに気づかれ逆に策にはまってしまうラインハルト。
状況は刻一刻と不利になり、負けたと感じてしまう。

「出すぎたまねをするな。私は必要のないとき逃亡する戦法を誰からも学ばなかった」
「卑怯者が最後の勝者となった例があるか」

「ここでヤン・ウェンリーに殺されるとしたら、私はそのていどの男だ」
「何が宇宙の覇者か。私に敗死した奴らが、天上や地獄で私を嘲笑することだろう」
「卿らは私を笑い者にしたいのか」

副官よりシャトルでの脱出を具申されるラインハルト。
しかし逃げるという選択肢は存在しなかった。

第九章 急転

「……私は勝利をゆずられたというわけか」
「なさけない話だな。私は本来、自分のものでない勝利をゆずってもらったのか」
「まるで乞食のように……」

ヤンが戦いを中止したことについて理由を聞いたラインハルト。
全体としては勝利だが自身は負けているため、勝利をゆずられたと感じてしまう。

第十章 「皇帝ばんざい!」

「民主共和政とは、人民が自由意志によって自分たち自身の制度と精神をおとしめる政体のことか」

ラインハルトの部下になることを拒否するヤンは、帝国の制度に馴染めないことを話す。
しかしラインハルトは、民主共和政は自分たちにより堕落することを指摘する。

「その友人がいま生きていたら、私は生きた卿ではなく、卿の死体と対面していたはずだ」

ヤンと接見するラインハルトは、いろいろなことを語りあう。
そしてキルヒアイスのことを話すが、独り言であり返答を必要としなかった。

「私は地上で最大の権力をえたはずなのに、会いたくもない男と会わねばならないのか」

ラインハルトに面会と要求を申し出るトリューニヒト。
しかし人として受け入れがたいため、ラインハルトは感情的に拒否を示す。

「フロイライン・マリーンドルフ、私は心の狭い男だ」
「あなたに生命を救ってもらったとわかっているのに、いまは礼を言う気になれぬ」
「すこし時を貸してくれ」

ヒルダの策により救われたことは理解しても、まだ何も言っていないラインハルト。
そのことを伝えるが、これはヒルダにとっても不快な言葉ではなかった。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク