「銀河英雄伝説」ラインハルトの名言まとめました

「銀河英雄伝説(田中芳樹)」より、銀河帝国ラインハルト・フォン・ローエングラムの名言をまとめていきます。

1巻 黎明篇

第一章 永遠の夜のなかで

「吾々が敵より圧倒的に有利な態勢にあるからだ」
吾々は包囲の危機にあるのではない。敵を各個撃破する好機にあるのだ」

 

こいつは無能なだけでなく低能だ。

 

「翌日には卿はその目で実績を確認することになるだろう」

 

「ジークフリードなんて、俗な名だ。でもキルヒアイスって姓はいいな。とても詩的だ」
「だから僕は君のこと、姓で呼ぶことにする」

 

「ルドルフに可能だったことが、おれには不可能だと思うか?」

 

第六章 それぞれの星

「よかろう、卿を貴族どもから買う」

 

「……だから、おれも奴の頭脳を利用する。奴の動機などどうでもいいさ。奴ひとり御しえないで宇宙の覇権を望むなんて不可能だと思わないか」

 

第八章 死線

「勝つためだ、キルヒアイス」

 

「勝利はすでに確定している。このうえはそれを完全なものにせねばならぬ」

 

第九章 アムリッツァ

「私が魔法の壺でも持っていて、そこから艦隊が湧き出て来るとでも奴は思っているのか」

 

「いや、やめておく。この段階で私がしゃしゃり出たら、部下の武勲を横どりするのかと言われるだろう」

2巻 野望篇

第二章 発火点

「役にたたせるさ、キルヒアイス。でなければ、この男、生きている価値もない」

 

「平和か。平和というのはな、キルヒアイス。無能が最大の悪徳とされないような幸福な時代をさしていうのだ。貴族どもを見ろ」

 

そう、これこそが現実なのだ。では現実を変えなければならない。

 

「貴族どもを、ほんとうに追いつめる必要はないのだ。追いつめられる、と、奴らに信じこませればそれでいい」

 

「もうすぐだ、キルヒアイス。もうすぐ、宇宙はおれたちのものになる」

 

第四章 流血の宇宙

「奴らにふさわしい名称があるぞ。賊軍というのだ。公文書にはそう記録しろ、賊軍とな、いいか」

 

「オフレッサーは勇者だ。ただし、石器時代のな」

 

第六章 勇気と忠誠

「生死は問わぬ。ブラウンシュヴァイク公を私の前へつれてこい。成功した者は、一兵卒でも提督に昇進させてやるぞ。それに賞金もだ。機会をつかめ」

 

第八章 黄金樹は倒れた

「お前はいったい、おれのなんだ?」

 

「全宇宙が私の敵になっても、キルヒアイスは私に味方するだろう」

 

第九章 さらば、遠き日

「卿らも同様だ。私を倒すだけの自信と覚悟があるなら、いつでも挑んできてかまわないぞ」

スポンサーリンク

3巻 雌伏篇

第二章 はばたく禿鷹(ガイエ)

「百戦して百勝というわけにもいくまい。いちいち陳謝は無用である」

 

「体制に対する民衆の信頼をえるには、ふたつのものがあればよい。公平な裁判と、同じく公平な税制度。ただそれだけだ」

 

簒奪が世襲より悪いなどと、誰が定めたのか。

 

第四章 失われたもの

「それで死ぬとしたら、ケンプもそれまでの男だ。永らえたところで、たいして役にたつまい」

 

第八章 帰還

「誤解するな、オーベルシュタイン。私は宇宙を盗みたいのではない。奪いたいのだ」

 

第九章 決意と野心

「卿に罪はない。一度の敗戦は、一度の勝利でつぐなえばよいのだ」

 

「私の跡を継ぐのは、私と同じか、それ以上の能力を持つ人間だ。そして、それは、何も私が死んだ後とはかぎらない……」

 

「私を背後から刺し殺して、それですべてが手にはいると思う人間は、実行してみればいいんだ。ただし、失敗したらどんな結果がもたらされるか、その点には充分な想像力をはたらかせてもらおう」

 

4巻 策謀篇

第一章 雷鳴

「おれはちがう。おれはそうはならない」

 

「三つの勢力のうちふたつが合体するとして、その一方が必ずフェザーンだなどとは思わぬほうがよいのではないか」

 

「よかろう。その赤ん坊に玉座をくれてやろう。子供の玩具としては多少おもしろみに欠けるが、そういう玩具を持っている赤ん坊が宇宙にひとりぐらいいてもいい」

「ふたりは多すぎるがな」

 

第三章 矢は放たれた

「奴らは一時の欲にかられて大局をあやまったと、後悔に打ちひしがれることになるだろう」

 

第六章 作戦名「神々の黄昏」

「だが、姉に嫌われても、私はもうもどれない。私がここで覇道を退いたら、誰が宇宙に統一と秩序を回復する?」

「自由惑星同盟の身のほど知らずや、旧体制の反動家どもに、人類の未来をゆだねるのか」

 

第八章 鎮魂曲への招待

「そうだ、終わりのはじまりだ、フロイライン」

 

第九章 フェザーン占領

「完璧に、とはなかなかいかぬものだ。卿にできなかったとあれば、他の何びとにも不可能だろう。謝罪の必要はない」

 

「そうだ、これがほしかったのだ。行こうか、キルヒアイス、おれとお前の宇宙を手に入れるために」

5巻 風雲篇

第一章 寒波到る

「敵の姿を見てその場で戦わないのは卑怯だ。などと考える近視眼の低能が、どこにもいるからな」

 

自分は、敵が存在しないという状態に耐えうるだろうか。

 

第三章 自由の宇宙を求めて

「わからぬか。戦場で私を倒すことだ」

 

「フロイライン、私は戦いたいのだ」

 

「フロイライン、どうせ宇宙をこの手につかむなら、手袋ごしにではなく、素手によってでありたいと思うのだ」

 

第四章 双頭の蛇

「わが軍は彼らの挨拶に対し、相応の礼をもってむくいるとしよう。双頭の蛇の陣形によって……」

 

「この陣形には後方などというものはないのだ、ミュラー。あるのはふたつめの頭だ」

 

「私は勝つためにここへ来たのだ、ミッターマイヤー。そして勝つには戦わなくてはならないし、戦うからには安全な場所にいる気はない」

 

「エミール、勝利を願ってくれたお前のために、私は勝とう。だから、お前は生きて還って、家族に伝えるのだ。ラインハルト・フォン・ローエングラムをランテマリオの戦いで勝たせたのは自分だ、とな」

 

「ミッターマイヤーは闘牛士だ。猛牛に押しまくられているかに見えて、じつはその力を温存し、勝機をねらっている」

 

「なかなか楽には勝てぬものだ。老人はしぶとい。メルカッツもうそうだったが」

 

「……やはり使わざるをえないか。ビッテンフェルトに連絡せよ。卿の出番だ。黒色槍騎兵の槍先に敵の総司令官の軍用ベレーをかかげて私のところへ持ってこい、と」

 

「万が一、フェザーン方面への道が閉ざされたら、このままバーラト星系へ直進し、同盟の死期を早めてやるだけのことだ。そしてイゼルローン回廊を通って帝国へ凱旋する。それですむではないか」

 

「どうも天敵というものがいるらしいな。キルヒアイス、お前がいてくれたら、ヤン・ウェンリーなどに白昼の横行などさせぬものを」

 

第五章 暁闇

「案ずるな、エミール。能力が同じであれば運が勝敗を左右する。私は自分自身の運の他に、友人からも運をもらった。その友人は運だけでなく、生命も未来も私にくれたのだ」

「私はふたり分の運を背負っている。だからヤン・ウェンリーなどに負けはせぬ。案ずるな」

 

第六章 連戦

「いや、だめだ、フロイライン。私は誰に対しても負けるわけにはいかない。私に対する人望も信仰も、私が不敗であることに由来する。私は聖者の徳によって兵士や民衆の支持を受けているわけではないのだからな」

 

「エミール、私に学ぼうと思うな。私の模倣は誰にもできぬ。かえって有害になる。だが、ヤン・ウェンリーのような男に学べば、すくなくとも愚将にはならずにすむだろう」

 

「もう寝なさい。子供には夢を見る時間が必要だ」

 

「お前が望んだことだ。望みどおりにしてやったからには、私の前に出てくるんだろうな、奇跡のヤン」

 

第八章 死闘

「してやられたか……勝ちづつけて、勝ちつづけて、最後になって負けるのか。キルヒアイス、おれはここまでしかこれない男だったのか」

 

「出すぎたまねをするな。私は必要のないとき逃亡する戦法を誰からも学ばなかった。卑怯者が最後の勝者となった例があるか」

 

「ここでヤン・ウェンリーに殺されるとしたら、私はそのていどの男だ。何が宇宙の覇者か。私に敗死した奴らが、天上や地獄で私を嘲笑することだろう。卿らは私を笑い者にしたいのか」

 

第九章 急転

「……私は勝利をゆずられたというわけか。なさけない話だな。私は本来、自分のものでない勝利をゆずってもらったのか。まるで乞食のように……」

 

第十章 「皇帝ばんざい!」

「民主共和政とは、人民が自由意志によって自分たち自身の制度と精神をおとしめる政体のことか」

 

「その友人がいま生きていたら、私は生きた卿ではなく、卿の死体と対面していたはずだ」

 

「私は地上で最大の権力をえたはずなのに、会いたくもない男と会わねばならないのか」

 

「フロイライン・マリーンドルフ、私は心の狭い男だ。あなたに生命を救ってもらったとわかっているのに、いまは礼を言う気になれぬ。すこし時を貸してくれ」

 

6巻 飛翔篇

第一章 キュンメル事件

「用心すれば死なずにすむのか? 病気になれば、その影武者が私のかわりに病原菌を引きうけてくれるとでもいうのか」

 

「ここで卿のために殺されるなら、予の命数もそれまでだ。惜しむべき何物もない」

 

「ケスラー、卿が生命をねらわれたとする。犯人をとらえたとして、犯人が所持している凶器を卿は処罰するか?」

 

7巻 怒濤篇

第一章 黄金獅子旗の下に

「去年のワインのまずさをなげくより、今年植える葡萄の種について研究しよう。そのほうが効率的だ」

 

「それにしても、ヤン・ウェンリーひとりを容れることもできない民主政治とは、なんと偏狭なものではないか」

 

「ビッテンフェルトの言やよし。予は考えすぎた。大義名分の最大にして至高なるものは、宇宙の統一である」

 

「予に居城など必要ない。予のあるところがすなわち銀河帝国の王城だ。当分は戦艦ブリュンヒルトが玉座の置きどころとなろう」

 

第二章 すべての旗に背いて

「一時の利益のためには国家の功労者も売る。直後にはひるがえって、予の代理人も売る。共和政体の矜持とその存在意義はどこへいったのか」

 

第三章 「神々の黄昏」ふたたび

「フロイライン・マリーンドルフは、ものごとの道理をよくわきまえている。密告などを予が喜ぶものと思っている輩には、よい教訓になったろう」

 

第六章 マル・アデッタ星域の会戦

「ヤン・ウェンリーは言うまい。だが、彼の部下たちがそう主張するにきまっている」

 

「卿の進言は誤っていない。だが、歴戦の老提督がおそらくは死を賭しての挑戦、受けねば非礼にあたろう。他にも理由がないわけではないが、予と予の軍隊にとってはそれで充分のはずだ」

 

「あれはあれでよい。ビッテンフェルトが自重に度をすごすようなことがあれば、黒色槍騎兵の長所をかえって殺ぐことになろう」

 

「他人に何がわかる……」

 

第七章 冬バラ園の勅令

「不満か。卿の忠誠心は貴重だが、度をすぎればそれが予をルドルフにするぞ」

 

「卿らのためにさく時間は、予には貴重すぎる。ひとつだけ聞いておこう。卿らがことをおこなったとき、卿らの羞恥心はどの方角をむいていたのか」

 

「りっぱな男たちだ。そのような男たちが中堅以下の地位にとどまっているようだからこそ、同盟は滅びたのだ」

 

8巻 乱離篇

第一章 風は回廊へ

「ハイネセンが真に同盟人の敬慕に値する男なら、予の処置を是とするだろう。巨大な像など、まともな人間に耐えられるものではない」

 

「名将の器量が他の条件に規制されるとは気の毒なことだ」

 

第三章 常勝と不敗と

「ヤン・ウェンリーも戦いを欲するか」

 

「ちがうな。勝利か死か、ではない。勝利か、より完全な勝利か、だ」

 

第四章 万華鏡

「これだ、これでなくてはな」

 

「予はこれまで戦うにあたって、受け身となってよき結果を報われたことは一度もなかった。それを忘れたとき、軍神は予の怠惰を罰したもうた。今回、いまだ勝利をえられぬゆえんである」

 

第五章 魔術師、還らず

「キルヒアイスが諌めにきたのだ。キルヒアイスが言ったのだ、これ以上ヤン・ウェンリーと争うのはおよしください、と。あいつは死んでまでおれに意見する……」

 

第七章 失意の凱旋

「あなたから凶報を聞いたことは幾度もあるが、今回はきわめつけだ。それほど予を失望させる権利が、あなたにあるのか? 誰も彼も、敵も味方も、皆、予をおいて行ってしまう!」

なぜ予のために生きつづけないのか!」

 

9巻 回天篇

第二章 夏の終わりのバラ

「フロイライン。帰らないでほしい。ここにいてくれ。今夜は、ひとりでいることに耐えられそうにないのだ。たのむ、予をひとりにしないでくれ」

 

第五章 ウルヴァシー事件

「撃つがいい。ラインハルト・フォン・ローエングラムはただひとりで、それを殺す者もひとりしか歴史には残らないのだからな。そのひとりに誰がなる?」

 

第六章 叛逆は英雄の特権

「卿を残した理由は、諒解していよう。ロイエンタールは当代の名将だ。彼に勝利しうる者は、帝国全軍にただ二名、予と卿しかおらぬ」

 

「予は愚かだった。小人の権利を守って、有能な忠臣に不満と不安をいだかせていたとはな」

 

第七章 剣に生き……

「ヤン・ウェンリーの後継者が、単に目前の混乱を利用しようとする小策士であるにすぎないなら、ロイエンタールに加担するであろうよ。いずれにしても奴ら自身が決めることだ」

 

第九章 終わりなき鎮魂曲

「卿は死ぬな。卿がいなくなれば、帝国全軍に、用兵の何たるかを身をもって教える者がいなくなる。予も貴重な戦友を失う。これは命令だ、死ぬなよ」

 

10巻 落日篇

第四章 平和へ、流血経由

「皇紀、予はオーベルシュタインを好いたことは、一度もないのだ。それなのに、顧みると、もっとも多く、おの男の進言にしたがってきたような気がする」

「あの男は、いつも反論の余地を与えぬほど、正論を主張するからだ」

 

第五章 昏迷の惑星

「いかがする? そのときは奴らこそが、流血と混乱に対する責任を負うことになろうよ」

 

第七章 深紅の星路

「戦うにあたり、卿らにあらためて言っておこう。ゴールデンバウム王朝の過去はいざ知らず、ローエングラム王朝あるかぎり、銀河帝国の軍隊は、皇帝がかならず陣頭に立つ」

 

「あえて奇策を弄する必要はない。間断ない攻撃を連続させて、敵を消耗させよ」

 

第八章 美姫は血を欲す

「医師にかかって必ず助かるものなら、病気で死ぬ者はおるまい。もともと期待してはいなかった。責めるな」

 

「そのミンツなる者が、予の兵士たちの抵抗を排して、予のもとに至りえたならば、すくなくともその勇を認め、対等の立場で要求を受諾してやってもよい」

 

第十章 夢、見果てたり

「……いえ、もう充分に見ました。誰も見たことのない夢を、充分すぎるほど」

 

「帝国などというものは、強い者がそれを支配すればよい。だが、この子に、対等の友人をひとり残してやりたいと思ってな」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
銀河英雄伝説全15巻BOXセット (創元SF文庫)

 

→銀河英雄伝説
→銀河英雄伝説(ヤン)
→銀河英雄伝説(キルヒアイス)
→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)
→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)
→銀河英雄伝説(ロイエンタール)
→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)
→銀河英雄伝説(ミュラー)
→銀河英雄伝説(ヒルダ)
→銀河英雄伝説(シェーンコップ)
→銀河英雄伝説(ポプラン)
→銀河英雄伝説(アッテンボロー)
→銀河英雄伝説(ユリアン)
→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)
→銀河英雄伝説(ビュコック)
→ダンまち(大森藤ノ)
→ソード・オラトリア(大森藤ノ)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました