「ハリー・ポッターシリーズ」ハグリッドの名言まとめました

「ハリー・ポッターシリーズ」ルビウス・ハグリッドの名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→インデックス
→Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー(外部リンク)

ハリー・ポッターと賢者の石

第4章

「おまえは自分が何者なのか知らんのだな?」

 

「何たる屈辱! 何たる恥! 魔法界の子どもは一人残らずハリーの名前を知っているというのに、ハリー・ポッターが自分のことを知らんとは!」

 

第5章

「銀行強盗なんて狂気の沙汰だ、ほんに。小鬼ともめ事を起こすべからずだよ」

 

「どうしてかって? そりゃあおまえ、みんなすぐ魔法で物事を解決したがるようになろうが。うんにゃ、我々はかかわり合いにならんのが一番いい」

 

第15章

「ホグワーツに残りたいなら行かねばならん。悪いことをしたんじゃから、その償いをせにゃならん」

ハリー・ポッターと秘密の部屋

第14章

「ダンブルドアをやめさせられるものなら、やってみろ! そんなことをしたら、マグル生まれの者はおしまいだ! この次は『殺し』になる!」

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

第14章

「ただ、これだけは言わにゃなんねえ。おまえさんら二人なら、箒やネズミより友達のほうを大切にすると、俺はそう思っとったぞ。言いてえのはそれだけだ」

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

第16章

「おまえさんたちの楽しみを台無しにはしたくねえ。だがな、すごいぞ。それだけは言っとく」

 

「そいつは、ハーマイオニー、かえってあいつらのためにならねえ。ヒトの世話をするのは、連中の本能だ。それが好きなんだ」

 

第24章

「ハリーよ、俺がいま心から願っちょるのが何だかわかるか? おまえさんに勝ってほしい。ほんとに勝ってほしい。みんなに見せてやれ……純血じゃなくてもできるんだってな」

 

第37章

「くよくよ心配してもはじまらん。来るもんは来る。来たときに受けて立ちゃええ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

1巻~7巻は「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年9月18日現在)

アマゾンリンク
ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハリー・ポッターと炎のゴブレット

 

→ハリー・ポッターと賢者の石
→ハリー・ポッターと秘密の部屋
→ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
→ハリー・ポッターと炎のゴブレット
→ハリポタシリーズ(ハリー)
→ハリポタシリーズ(ロン)
→ハリポタシリーズ(ハーマイオニー)
→ハリポタシリーズ(ダンブルドア)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

11_人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました