「ギリシア人の物語」よりアレクサンドロスの名言まとめました

「ギリシア人の物語(塩野七生)」より、アレクサンドロスの名言をまとめていきます。
アレクサンダー大王またはイスカンダルとも呼ばれている。

ギリシア人の物語Ⅲ

「年齢を重ねれば経験も増すだろうし、慎重さも身についてくるでしょう。しかし、若いからこそ充分にある、瞬時に対応する能力は衰えてきます」

 

「わたしがアレクサンドロスでなければディオゲネスになりたい」

 

「わたしは、勝利を盗みに行きたくない」

 

「複雑な問題の解決には、断固とした意思と、明快で単純で果断に対処するのが、最も有効な方法になる」
(有名な「ゴルディオンの結び目」の説話より)

 

「わたしなら、『イーリアス』の一巻を入れておく」

 

「パルメニオンならば、そうするだろう。だがわたしは、パルメニオンではない」

 

「しかし、これほどわたしを幸せにしてくれるきみたちの熱い想いも、わたしが示してきた勇気があったからこそ、生れた感情であることも事実だろう」

 

「わたしは、ヘラクレス神に扮装したおまえが儀式を行っている間、邪魔をしなかった。だから、わたしの演説も邪魔しないでもらいたい」

 

「ただし、もどるとは言っても、どこをどうもどるかは、わたしが決める」

 

「ヨーロッパもアジアも、今では一つの国になったのだ。きみたち全員は、一人の王の許で、共に平和を生きていく運命を共有するようになったのだ」

 

「最後にもう一つ、これだけはつけ加えておく。おまえたちのただ一人といえども、敵に背を向けて逃げる事態に合わせなかったということを」

 

「王にとっては義務だから、祭祀は行う。たが、神々の中でもアスクレピオスは、わたしには少しも幸いをもたらさなかった」

「このわたしからこうも早く、ヘーファイスティオンを奪い去ってしまったことくらい、医師アスクレピオスの怠慢を示すことはない」

 

「より優れた者に」
(後継者を尋ねられた時)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ギリシア人の物語 III 新しき力

 

→ローマ人の物語(ハンニバル、スキピオ)
→ローマ人の物語(ユリウス・カエサル)
→竜馬がゆく(坂本竜馬)
→燃えよ剣(土方歳三)
→織田信長(山岡荘八)
→新史太閤記(豊臣秀吉)
→豊臣秀長(堺屋太一)
→国盗り物語(斎藤道三)
→関ケ原(石田三成)
→夏草の賦(長曾我部元親)
→箱根の坂(北条早雲)
→義経(源義経)
→一夢庵風流記(前田慶次)
→村上海賊の娘(和田竜)
→楽毅(宮城谷昌光)
→子産(宮城谷昌光)
→天空の舟(伊尹)
→重耳(宮城谷昌光)
→呉越春秋 湖底の城(范蠡)
→三国志(吉川英治)
→三国志(劉備玄徳)
→三国志(関羽雲長)
→三国志(諸葛亮孔明)
→三国志(曹操孟徳)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました