「箱根の坂(司馬遼太郎)」北条早雲の名言まとめました

「箱根の坂(司馬遼太郎)」北条早雲の名言をまとめていきます。
(当初は伊勢新九郎と名乗っている)

箱根の坂 上巻

新九郎

「すべて万一のことを考えるのが、細工というものじゃ」

 

「世間は、広大じゃな」

 

千萱

「君にあられましては、願阿弥のように、すべてをお捨てあそばすのが、唯一つ御身の立つ瀬であるかと存じます」

 

骨皮道賢

世は、きっとかわる。

 

「いったん決まって下知した以上は異論はゆるさぬ。無用の論をなす者は斬る。敵をおそれるな。下知どおりにすればかならず勝つ」

 

なまじい刃物などもてばかえっておそろしかろう、これならば死ねる。

 

「こういうはめになったのだ。人間というものは、信念や計算のとおりにゆかぬものだ」

 

「左衛門尉の官位が下落したか、骨皮道賢が上昇したか、掌は一つでは鳴らぬ。両の掌を拍してはじめて鳴るように、その鳴る現象がこの世間をうごかしはじめているのだ」

 

ここが、物事の切所というものだ。兵庫と小次郎に、足軽の心をわからせたい。

 

「敵のおびえもまた、力だ。わずか三人で飛びかかれば、敵は気狂いしたように武器をふりまわし、蛇をおおぜいで叩き殺すようにして、こっちがやられてしまう」

 

一夜念仏

人間は、愚劣だ。

 

兵火

この世のやつらに、うかと、飼われはせんぞ。

 

早雲

「人間は、需められる場所で生きるのがもっとも幸せだと私はおもっている。だからこそ、義視どののもとさえ去り、鞍をつくって生きているのだ」

 

急転

この乱世では、正嫡ということが決定的な意味をなさぬのだ。

 

いつ死ぬかわからぬ独り身の境涯に、財など要らぬことだ。

中巻

征途

「私は、いままで正直な人とのみつきあってきた。長くもない世にあって、不正直な言葉など、かけらもききたくない」

 

「私は、駿河へは無駄骨を折りにゆく。行って、奔走して、たとえ命があったとしても、小城ひとつが持てるかどうか。わが目的は、あくまでも千萱のために骨を折りにゆくことだ」

 

「泡を食って駆けつけたところで、わしにできることは何もない。その間に万一弑されるとあらば、それは天運だ」

 

富士が嶺

「学問の上だけじゃ。軍勢を動かしたこともござらぬ。しかしただいま喫緊のことは、戦ではない。竜王丸さまのお命を守り奉ることでござる」
(孫子・呉子について聞かれた時)

 

「世の移り変りほどおもしろいものはござらぬな」

 

太田道灌

「国人・地侍・百姓の駿河でござる」

 

興国寺城

そのときは、亡びればよい。

 

「今出川の伊勢屋敷の一隅にいたわしが、この齢になってはじめておれの家というものに入ることになる」
「この幸福、笑止というべきか」

 

「死ぬときは、死ぬ」

 

伊勢の弓

「逆ではあるまい。駿河一国の安寧をまもるということでは、同心でござろう」

 

無量光、うれしや、望の月、われに武運をさずけたまえ。

 

夢にも出よと願うたが、いざ叶えられれば、果報こそおそろしい。

 

歳月

「わしの駿河での役目は、竜王丸様の成人を見とどけるのみだ。それまでは旅人にすぎぬ」

 

人は世に在る。世以外に、棲みようがない。世に在るありかたは単純なほうがいい。

 

「得の裏は損ではないか。二つは紙の表裏にすぎず、損ならば得、得ならば損、一つのことではないか」

 

空よりひろき

「心でござる。形は簡素に。──かたち簡素なれば、水の容器に満つるごとく心のみがあふれましょう」

 

丸子と駿府

「ある・なしというものではござりませぬ。感ずるところ鋭ければ、この世に満ち満ちております」

 

「守護たる位置はつらきものと覚悟召されよ」

 

「駿河一国のことなら、掻餅の欠けたるようなことでもよい。私に教えてもらいたい」

 

「僧というのは、名すら無いほうがいい。僧が仕えるべき主人は、空だ。みずからも空になろうとしている。空に名があってはおかしかろう」

 

「国人・地侍を軽んずる守護は、何国であれ、ほろぶときが参りましょう」

 

急襲

「たとえ、いまにわか雨が降ってきても、駿府館には駆けこまぬ」

 

面白の都や

このあとは、その患をのぞくのみ。

下巻

伊豆の山

わしがさきに死ねばわしの分が尽きただけのこと。

 

「一生の贅沢には、分があるそうじゃ。わが分は、京にいるころに尽き申した」

 

修善寺の湯

無常というのはまだまだ楽の音で、楽しくもある。死は琴の糸が切れるのだ。音も絶える。音が絶えて、なお無常などといううたをうたっていられようか。

 

「あなた様はおそらく尊貴なるお人でございましょう。しかし、どなた様であるのか存じ上げもせぬのに下座はできませぬ」

 

「傀儡師をみよ、芸をして食を得る、たれに憚ることがある。足利家は乞食、傀儡師に恥じよ、恥じねば、一人のこらず地獄へ墜ちよ」

 

「天地人を見てきめるのだ」

 

「戦国でいえば、伊豆の公方など、王でもない。侯でもなく、伯でもない。いわば、貴族の姿をとったまぼろしでござるな」

 

「あれどもは、人か」

 

襲撃

「いまは末世である。武権をもつ者は民を搾り、おのれのみ栄華をなし、ついに餓死する民も出ている。わが守護する国の民、ねがわくはゆたかであることを」

 

「命をその場で了えるまでだ。旅はそこでおわる」

 

伊豆は、出てゆくところだ。

 

出陣

「わしは、唐の英雄豪傑などとはちがう。尋常の人間なのだ」

 

高見原

「いくさのかけひきは、人が作るのではなく、山河が生むものだ」

 

三島明神

わしが、小田原をとれば、もはや乱などではなく、おそるべき世になるだろう。

 

「しかしわしは、仁を仮る者ではない。本気で仁を布こうと思っているのだ」
「そのために、武をつかう。武略も用いる。あざむきもする」

 

「伊豆のやり方でやれば、百姓はよろこび、国人や地侍もうるおう。ひいては地頭の安泰になる」

 

坂を越ゆ

小田原を討とう。奇道をもって。それも一挙に。

 

「人は、古きになじむ。世をあげて、わしを悪というであろう」

 

「相模においてぼろぼろに朽ちたる世をこわす」

 

「伊豆は、関東の吉例ぞ」

 

早雲庵

「城の普請だけはいそげ。あとはなにごともゆるゆるとやる。無理は禁物と心得よ」

 

「いくさというものは、勝つためにやるのだ」

 

「旧来の地頭にして三浦を思う者は遠慮なく退転せよ。さもなくて心を改めたくばすぐさま馳走せよ」

 

「世は、変った。往事は忘れた」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
箱根の坂 上・中・下巻セット

 

→竜馬がゆく(坂本竜馬)
→燃えよ剣(土方歳三)
→織田信長(山岡荘八)
→新史太閤記(豊臣秀吉)
→豊臣秀長(堺屋太一)
→国盗り物語(斎藤道三)
→関ケ原(石田三成)
→夏草の賦(長曾我部元親)
→義経(源義経)
→一夢庵風流記(前田慶次)
→村上海賊の娘(和田竜)
→楽毅(宮城谷昌光)
→子産(宮城谷昌光)
→天空の舟(伊尹)
→重耳(宮城谷昌光)
→呉越春秋 湖底の城(范蠡)
→三国志(吉川英治)
→三国志(劉備玄徳)
→三国志(関羽雲長)
→三国志(諸葛亮孔明)
→三国志(曹操孟徳)
→ローマ人の物語(ハンニバル、スキピオ)
→ローマ人の物語(ユリウス・カエサル)
→ギリシア人の物語(アレクサンドロス)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました