「青くて痛くて脆い(住野よる)」田端楓の名言まとめました

「青くて痛くて脆い(住野よる)」田端楓の名言をまとめていきます。

青くて痛くて脆い

あらゆる自分の行動には相手を不快にさせてしまう可能性がある。

 

コンプレックスなんて人様から見れば本当にどうでもいい話だ。

 

実のところ、その「また」なんてないと思っていた。僕が冷酷な人間だというわけじゃない。

 

僕は、秋好に対して抱いていた認識を改めなければならないと思った。
痛い奴じゃない、ヤバい奴だ。関わっちゃいけない奴だ。

 

就活生というのは、なんて気持ちの悪い生き物なのだろう。

 

もう面接を受けなくていいというほっとした気持ちもある。けれどそれらはあっという間に、社会人になるのだという不安で塗りつぶされた。

思えば、自分じゃない、を繰り返すのが就活だった気がする。そりゃあ、疲れるわけだ。

でもきっとそれは就活だけじゃなく、社会に出ていってからも続くのだろうし、より注意を払わなければならなくなるんだろう。

 

自分じゃない、を貫いて、結果を得た。でもそれって、自分の功績じゃない。

 

統率者を失うと、組織というのは想像するよりもずっと弱く、どんどん自らの体を蝕むように歪んでいった。

 

これが多分、本物の嫌悪だ。

ようやく知る。この二年冷静でいられたのは、モアイに対して見て見ぬふりを出来たのは、今まで目をそらしていたからだ。

 

自由を背負って、我が物顔でいることが大学生の特権だとしたら、僕は大学生ではなかったのかもしれない。

 

もう、回想はいらない。

 

「……願う力を信じなくなったなら、それはもう、理想じゃない」

 

僕は、自分が傷ついたことばかりを感じていた。

傷つけられたから、無視してもいい。傷つけられたから、壊してもいい。傷つけられたから、罵ってもいい。相手を傷つけた時のことなんて、まるで考えていなかった。

 

人格どころじゃない、僕は、秋好の存在を否定した。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
青くて痛くて脆い

 

→青くて痛くて脆い
→青くて痛くて脆い(秋好寿乃)
→君の膵臓をたべたい
→また同じ夢を見ていた
→よるのばけもの
→かくしごと
→麦本三歩の好きなもの
→居酒屋ぼったくり(秋川滝美)
→何者(朝井リョウ)
→半沢直樹の名言(池井戸潤)
→いま、会いにゆきます(市川拓司)
→珈琲店タレーランの事件簿(岡崎琢磨)
→ツバキ文具店(小川糸)
→夜のピクニック(恩田陸)
→コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)
→億男(川村元気)
→ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)
→いなくなれ、群青(河野裕)
→その白さえ嘘だとしても(河野裕)
→汚れた赤を恋と呼ぶんだ(河野裕)
→凶器は壊れた黒の叫び(河野裕)
→夜空の呪いに色はない(河野裕)
→きみの世界に、青が鳴る(河野裕)
→天久鷹央の名言(知念実希人)
→かがみの孤城(辻村深月)
→神様のカルテ(夏川草介)
→最後の医者は桜を見上げて(二宮敦人)
→ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)
→火花(又吉直樹)
→ビブリア古書堂の事件手帖(三上延)
→告白(湊かなえ)
→羊と鋼の森(宮下奈都)
→コンビニ人間(村田沙耶香)
→キッチン(吉本ばなな)
→東京タワー(リリー・フランキー)
→蹴りたい背中(綿矢りさ)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました