「異邦人(カミュ)」の名言まとめました

「異邦人(カミュ)」の名言をまとめていきます。
本作での説明や解釈は無意味・蛇足と感じましたので、書かない方針にしています。

異邦人

第一部

きょう、ママンが死んだ。もしかすると、昨日かも知れないが、私にはわからない。

今となると、これらのひとたちの沈黙が、私を苦しませた。

まるで、一言もかわさなかったこの一夜のために、われわれの親しみが増したかのように。

今日、あふれるような太陽は、風景をおののかせ、非人間的に、衰弱させていた。

彼女は正しい。逃げ道はないのだ。

いずれにしても、ひとはいつでも多少過ちをおかすのだ。

結局、何も変わったことはなかったのだ、と私は考えた。

夏の夜気が、われわれの褐色の体の上を流れてゆく──その感じは快かった。

よく考えて見ると、私は不幸ではなかった。

私は、恐らくこれがはじめてだったろうが、自分が結婚するのだということを真剣に考えた。

こうしているあいだ、ここには、太陽と、
泉のせせらぎと葦笛の三つの音を含むこの沈黙とのほかには、何一つなかった。

それは私が不幸のとびらをたたいた、四つの短い音にも似ていた。

第二部

以前こうした描写を書物のなかで読んだことがあったが、すべてゲームのように見えた。

部屋を出るとき、私は彼に手を差しのべようとさえしたが、ちょうどそのとき、
自分がひと殺しをしたことを思い出した。

私は自分が世間のひとと同じだということ、
絶対に世間の尋常なひとたちと同じだということを、彼に強調したいと願った。

それから後は、もう私には囚人の考え方しかできなかった。

日々は名前をなくしていた。
私に対して意味を持っているのは、昨日とか明日とかいう言葉だけだった。

けれども、もう何かが変わっていたのだ。
明日への期待とともに、私が再び見出したのは自分の独房だったから。

しかし、一人の平凡人の長所が、
どうして一人の罪人に対しては不利な圧倒的な罪になりうるのか、私にはよく理解しがたかった。

自分の滑稽さを承知しつつ、それは太陽のせいだ、といった。
法廷に笑い声があがった。

私はたった一つ、これが早く終わり、そして独房へ帰って眠りたい、
ということだけしか願わなかった。

ひとは、わずかばかりな羞恥と、非常な正確さをもって、つつましく殺されるのだ。

私はとうとう、我慢しないのがいちばん賢明だと考えるに至った。

しかし、人生が生きるに値しない、ということは、誰でもが知っている。

死ぬときのことを、いつとか、いかにしてとかいうのは、意味がない。それは明白なことだ。

結局において、ひとが慣れてしまえない考えなんてものはないのだ。

私ははじめて、世界の優しい無関心に、心をひらいた。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
異邦人 (新潮文庫)

→インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク