「三国志(吉川英治)」の名言まとめました

「三国志(吉川英治)」より名言をまとめていきます。

1巻

一剣の勇

一剣の勇では、百人の賊を斬ることもむずかしい。
百人の賊を斬っても、天下は救われはしないのだ。

劉備は黄巾賊に虐げられている民衆を見て退治しようかと考えるが、無駄に死ぬ可能性あり。
またここで退治できたとしても、世の中が変わらないことも分かっていた。
勇気と無謀は違う。力なき者の勇気は、称賛どころか嘲りさえ受けてしまう。
それは加害者だけでなく、被害者でも同じである。

劉備の素性

「風に耳、水にも眼、大事は路傍では語れません」
「けれど自分は何をつつもう、漢の中山靖王劉勝の後胤で、景帝の玄孫にあたるものです」
「なにをか好んで、沓を作り蓆を織って、黄荒の末季を心なしに見ておりましょうや」

以前に助けられた張飛と再び出会う劉備は、張飛から本心を問われる。
最初ははぐらかす劉備だが張飛の心を知り、自分の素性を話していく。
空気の読めない張飛だからこそ、劉備のような人物から聞けることもある。

桃園の誓い

「まだ兵はおろか、兵器も金も一頭の馬すら持たないが」
「三名でも、ここで義盟を結べば、即座に一つの軍である」
「ああ、こんな吉日はない。実に愉快だ。再び天にいう。われらここにあるの三名」
「同年同月同日に生まるるを希わず、願わくば同年同月同日に死なん」

劉備・関羽・張飛は桃園で義兄弟となり、その時に関羽と張飛が話したこと。
知性のある関羽、豪快な張飛は変わらない。

賊と佞臣

「黄巾の賊はなお討つに易し。廟堂の鼠臣はついにおうも難し──か」

黄巾賊の討伐に功のあった劉備たちだが、将軍からは無下に扱われる。
その状況から関羽と張飛は不満を話す。
上が正しければ下の乱れを正すことは出来るが、上が乱れれば下を正すことは難しい。
ダメな人が権力を握るのか、それとも権力を握れば人がダメになるのか?

鉄則

「皇室を重んじ、秩序をみだす賊子を討ち、民の安寧を護らんとは」
「われわれの初めからの鉄則である」

「官の士風や軍紀をつかさどる者に、面白からぬ人物があるからというて」
「官軍そのものが潰滅するのを、拱手傍観していてもよいものではない」

劉備たちは命令により別の戦場へ移動するが、途中で味方が敵に負け敗走しているのを知る。
張飛は腹立たしいので助けないことも考えるが、劉備は初志を話していく。

小人

「小人の小人ぶりに、いちいち腹を立てていたひには、とても大事はなせぬぞ」
「天下、小人で満ちいる時だ」

官位が無いため、董卓から無下に扱われる劉備たち。
いつものように張飛が怒っている時、関羽は諭すように話していく。

用兵

「登れそうに見える所から登ったのでは、奇襲にならない」
「誰の眼にも、登れそうに見えない場所から登るのが、用兵の策というものであろう」

敵の守りが強固のため、絶壁を登って攻撃することを提案する張飛。
難しいと考える周りに対して、登ることの意味を話していく。

人物

「やはり世間はひろい。秀でた人物がいないではない」
「ただ、世の平静なる時は、いないように見えるだけだ」

以前に曹操を見て、今は孫堅を見た関羽と張飛が感じたこと。
人の根本的な能力が、時代で変わるとは考えにくい。
それなのに動乱になると、有能な人物が多数出ると見られている。
これは安定してる時はチャンスが無いからだろう。

大きな仕事

「大きな仕事を手軽にやってのけるのが、大事を成す秘訣ですよ」

挙兵するために故郷に戻った曹操が、軍費の問題について父親に話したこと。
難しいからといって、難しく話した所で状況が良くなる訳では無い。
どうせ難しいなら、簡単に話したほうが相手も簡単に考えやすくなる。

敗北の後

「アア我誤てり。──かりそめにも、将たる者は、死を軽んずべきではない」
「もしゆうべから暁の間に、自害していたら、この部下たちをどんなに悲しませたろう」
「戦にも、負けてみるがいい。敗れて初めて覚り得るものがある」

董卓を追撃したが待ち伏せに合い、命からがらに逃げてきた曹操。
途中で自害すら考えたが、助かって部下たちを見た後に感じたこと。
助けてくれる部下がいて、その後に話しているのだから、曹操に将器があるのは間違いない。

2巻

王允

「貂嬋。おまえに礼をほどこしたのではない。漢の天下を救ってくれる天人を拝したのだ」
「...貂嬋よ、世のために、おまえは生命をすててくれるか」

美貌の養女・貂嬋を使って、董卓と呂布の仲を裂く策略を考えている王允。
その貂嬋に対して頓首再拝し、その意味を話していく。
美人として生まれてくれば、普通に考えればプラスとなる。
しかし美人であるゆえの問題も発生する。どちらが幸せなのだろうか?

貂嬋

「いたします」
「もし、仕損じたら、わたしは、笑って白刃の中に死にます」
「世々ふたたび人間の身をうけては生れてきません」

王允から策略を聞かされた貂嬋は、自分にしか出来ないとして受けることを決める。
失敗すればもちろんだが、成功してもその先は無い策略。
養父及び周りの人のためとはいえ、苛烈な世界である。

許し

「なるほど、不届きな呂布です。──けれど大師」
「天下へ君臨なさる大望のためには、そうした小人の、少しの罪は」
「笑っておゆるしになる寛度もなければなりません」

董卓に贈られたが、呂布と密会する貂嬋。
その光景を見て激怒する董卓に、李儒が意見したこと。
バカバカしく思っていても、相手の否定から入ると通じる話も通じない。
まず相手の意見を正しいとした後、自分の意見を言っている点に注目したい。

臣下

「貴様は我が張子房である」
「ウーム、古の悪来にも劣らない男だ」
「これだこれだ。そちはまさに当世の樊噲だ。樊噲の化身を見るようだ」

臣下を得た時に、それぞれ曹操が語ったこと。
最初から、荀彧、典韋、許褚であり、過去の名臣を例えに出している。
しかし見方を変えれば、そんな名臣を使っている自分を例えてるのかもしれない。

誠実

「通じる通じないは人さまざまで是非もない。わたしはただわしの真心に奉じるのみだ」

呂布に呼ばれたが、関羽と張飛は危険として断ることを提案する。
しかし劉備は、相手に関わらず誠実と真心を持って接したいことを語っていく。
結果として助かっているからいいようにとらえるが、当然その逆もある。
ただ受けても断ってもいろいろ問題があるのが、この結論の難しい所になる。

説得

「人生は百年に足らず、汚名は千載を待つも取返しはつきませんぞ」
「良禽は木を選んで棲むというのに」

敵の武将・徐晃を寝返らせたいと考える曹操。
臣下の満寵が徐晃を訪ねた時に話したこと。
相手が上の人に心服していれば難しいが、不満をいだいていれば言葉は通りやすい。
相手がこちらに興味を持っていれば、さらに容易となる。

蛟龍の淵

「身を屈して、分を守り、天の時を待つ。──蛟龍の淵にひそむは昇らんがためである」

呂布により苦境に陥るが、その呂布から助けるような提案をされる劉備。
卑屈ともいえる提案を受けて小沛の田舎城に移動するが、内心では大望を秘めていた。
出来るのなら強気もいいが、出来ない時の強気は無謀である。

玉璽

「いかに大事な品であろうと、この孫策は、一箇の小筐の中になど大志は寄せぬ」
「わが大望は天地に持つ」

失地を回復したいと考える孫策だが、袁術の元にいて兵士を有していない。
兵士を借りることは出来ないと話す臣下に対して、玉璽を使って借りることを話していく。

賢人

「権力をもってのぞんでもだめだし、財物を山と運んでも動くまい、人生意気に感ず」

孫策は江東にいる2人の賢人の話を周瑜より聞く。
招くための方法を問いかけた時、周瑜は孫策本人が伺い真心を見せることの必要を説く。

太史慈

「なに、帰って来るさ。彼は信義の士だ」
「そう見たからこそ、予は彼の生命を惜しんだので」
「もし信義なく、帰って来ないような人間だったら、再び見ないでも惜しいことはない」

敵の武将・太史慈を捕らえたが、太史慈の進言を信じた孫策は解放する。
唖然とし問いかける臣下に対して、孫策は自分の考えを話していく。

信望

「一人の劉備を怖れて、将来の患いを除くために、四海の信望を失うなどは」
「下の下策というもので、私は絶対に賛成できません」

曹操の元に劉備が頼って来たため、将来のために排除が好ましいと進言する荀彧。
しかし郭嘉は信義を重視し、反対の姿勢を示す。

3巻

梅の林

「もうすこしだ! この山を越えると、梅の林がある」
「疾く参って梅林の木陰に憩い、思うさま梅の実をとれ。梅の実をたたき落して喰え」

張繡討伐に向かう曹操軍だが、水が足りなくなり兵士が疲弊していた。
何とか持ちこたえさせたい曹操は、梅の実をイメージさせ喉の渇きを忘れさせる。
名言というより、有名な故事のためピックアップしている。

美点

「もうよせ。そうこの身の美点ばかり聞かせると、予も袁紹になるおそれがある」

臣下の郭嘉は曹操と袁紹を比較し、曹操の方が10個の美点があることを話していく。
しかし途中で止めさせた曹操は、自分が袁紹のようになってしまうことを指摘する。

眼球

「これは父の精、母の血液。どこも捨てる場所がない。あら、もったいなや」

曹操軍の夏候惇は敵の矢で眼を撃ち抜かれるが、引き抜いた時に眼球が出てしまう。
それを見た夏候惇は叫んだ後、自分の眼球を食べてしまった。
何ともはや、苛烈なことで。

英雄

「君と、予とだ」
「今、天下の英雄たり得るものは大言ではないが、予と足下の二人しかあるまい」

現代の英雄について語る曹操と劉備。
劉備が話す英雄をことごとく否定する曹操だが、最後に自分たち2人だと話す。
これは見方を変えれば、一方が亡くなれば英雄は1人になるということでもある。

原則

「義兵は勝ち、驕兵はかならず敗る。誰もが知る戦の原則です」

袁紹軍は曹操との決戦を協議する時、審配は戦うべきことを主張する。
しかし沮授は「自己の驕慢」と話し、今では無いことを語っていく。
正しい意見かも知れないが、自軍を「驕兵」として受け入れられることは少ない。

敵の虚

「足下は、一を知って二を知りたまわず」
「敵を軽んずるのと、敵の虚を知るのとは、わけがちがう」

曹操軍は袁紹との決戦を協議する時、孔融は袁紹の強大さを指摘して軽んじないように話す。
しかし荀彧は、袁紹軍の強大さは見かけだけであるとして反論する。

出陣

「予は戦うであろう! 議事は終わりとする。はや出陣の準備につけ!」

孔融と荀彧の意見を聞いた曹操。
速やかに断を下し、出陣の指示を出す。
いろいろ問題もあるが、この判断力と決断力は曹操の魅力である。

選ぶ道

「不信の末はかならず非業に終るし、信ならんとすれば、またこうなる」
「世に選ぶ道というものは難しい!」

劉表は韓嵩に曹操の調査を依頼するが、韓嵩は結果として自分が苦境に陥ると指摘する。
実際に曹操にもてなされ自身も評価した報告をすると、劉表から疑われ投獄されてしまう。
どのように選んでも上手くいかなかった結果を嘆いている。
このような理不尽は、過去も現代も変わらない。

大道

「主上を奉じて人望を従う大順こそ、あなたの運命をひらく大道でもあります」
「他人に先んじられぬうちに早く決行なさい」

少し過去にさかのぼり、曹操に対して帝を確保することの重要性を荀彧が指摘する。
群雄割拠の時代でも、やはり大義名分に意味はある。

条件

「いまは劉皇叔の消息も知れぬが、一朝お行方の知れた時は」
「関羽は一日とて、曹操のもとに晏如と留まっておるものではござらん」
「千里万里もおろか、お暇も告げず、直ちに、故主のもとへ立ち帰り申すであろう」

曹操軍に包囲されるが降伏は選ばない関羽。
しかし張遼の説得により、3つの条件を受け入れれば降伏する意思を示す。
降伏する相手は曹操ではなく漢朝であること、劉備の親族の安全を確保すること。
そして最後がこれである。

戯言なし

「決して、広言ではない証拠をいますぐお見せしましょう」
「軍中に戯言なしです」

袁紹軍の顔良が猛威をふるい、苦戦する曹操軍。
関羽は自分なら勝利できることを伝えるが、曹操より広言と言われてしまう。
その言葉を聞いた関羽は、証拠を見せるとして戦いに向かいあっさり勝利する。

スポンサーリンク

4巻

進退

「いや待て。われこそ無情いが、やはり関羽は真の大丈夫である」
「来ること明白、去ることも明白。まことに天下の義士らしい進退だ」
「其方どもも、良い手本にせよ」

条件付きで曹操に降伏した関羽だが、劉備の所在が分かったので飛び出していく。
怒り出す臣下たちに、曹操はむしろ褒めるように話していく。
しかし結局、関羽にはさまざまな試練が待ち構えている。
甘い言葉で誘われた時、言った本人だけを見ていては失敗する事例でもあるだろう。

行き先

「武人一歩を踏む。なんでまた一歩をかえしましょうや」
「舌をうごかすのさえ、一言金鉄の如しというではありませんか」

劉備が当初の目的地にいないと知る関羽は、別の場所に向かおうとする。
曹操の言伝を伝えに来た張遼は一度戻ることを提案するが、関羽は一蹴する。
現代人の感覚や効率だけで言えば、張遼の言うことは間違っていない。
しかしただ自分の気持ちを優先する関羽だからこそ、いつまでも愛されるのであろう。

再会

「人生の快、ここに尽くる」
「何でこれに尽きよう。これからである」

バラバラであった義兄弟は再会し、関羽と張飛は人生の全ての喜びを感じる。
劉備も喜ぶのはもちろんだが、これからさらなる喜びが待っていることを話していく。
人は嬉しいことや目標が叶った時、「ゴール」と感じることがある。
しかしいつでも、「スタート」と感じていたいものだ。

人物

「野に遺賢なしということばがありますが、いつの時代になろうが」
「かならず人の中には人がいるものです。ただ、それを見出す人のほうがいません」
「また、それを用うる組織が悪くて、有能もみな無能にしてしまうことが多い」

周瑜は優秀な人物として魯粛を推薦するが、孫権は聞いたことがないため問いかける。
周瑜は人物がいないのではなく、見出す人、使える組織が無いだけと語っていく。
まったくその通り。優秀な人がいないと嘆く経営者に聞かせてやりたい。

書簡

「袁紹の勢いが隆々としていたひと頃には」
「この曹操でさえ、如何にせんかと、惑ったものだ」
「いわんや他人をや」

袁紹の本陣を襲った曹操は、数々の書簡を見つける。
臣下がその書簡より裏切り者を見つけようと提案した時、曹操は書簡を焼き不問とする。
この判断は非常に難しい。結果が良ければ正しいとなり、結果が悪ければ間違いとなる。
ただいつの時代も「金の切れ目が縁の切れ目」。許さないと際限が無いのは事実となる。

百難

「他日、天下に理想を展べる日もあらんことを想えば、百難何かあらんです」

汝南に勢力を張っていた劉備だが、曹操に粉砕される。
逃げる劉備は気弱になるが、関羽はこれからを話していく。
よく言われることだが、負けは負けを認めた時に負けとなる。
何度負けようと、再起できるなら負けではないのである。

遠征

「冒険には違いないが、千里の遠征も、制覇の大事も、そう二度三度くり返されません」
「すでに都を去ってここまできたものを千里征くも、二千里征くも大差はない」

袁紹を撃破したが、まだまだ残党は残っていた。
さらに先の遼西・遼東までの遠征にちゅうちょを示すが、郭嘉は進むことを提案する。
始めのエネルギーは膨大だが、続けるのは少しの力で済む。
無茶はダメだが、目的があるのなら進めるだけ進むのがよい。

臥竜と鳳雛

「臥竜か、鳳雛か。そのうちの一人を得給えば、おそらく、天下は掌にあろう」

軍師を探す劉備に対して、司馬徽が語ったこと。
もちろん臥竜は諸葛亮孔明、鳳雛は龐統士元のこと。
三国志の中でも随一の有名な言葉ですね。

不義

「たとい、玄徳が、この一事のため、亡ぶ日を招くとも、そんな不義なことは断じてできぬ」

せっかく得た軍師・徐庶だが、曹操の策略により去ろうとしていた。
臣下は徐庶の母親を犠牲にしても止めることを提案するが、劉備にその選択肢は無かった。
優しさではあるが、甘さとも言える。
人としての正しさが結果に結びつかないことも多いのは、残念なことである。

諸葛亮孔明

「管仲、楽毅、いま何処にありや! と」
「自分をおいてはない。不敏といえども、それに比するものは自分以外の誰がいよう」

若き日の孔明は、自分を管仲や楽毅に比肩できるほどと考えていた。
だからこそ安売りをせず、ひたすら自分の才能に磨きをかけていく。
事実なのか、ただの自信家なのかの判断は難しい。
やらせてみるしか無いのだろうか?

理想

「彼のいうところは、彼らの中の真理であって、万民俗習の真理ではない」
「この地上の全面を占めるものは億兆の民衆で」
「隠士高士のごときは何人と数えられるほどしかおるまい」
「そういう少数の中だけでもてあそぶ真理なら、どんな理想でも唱えていられよう」

学者・崔州平から治乱の真理を聞いた劉備。
別れた後に関羽に内容を尋ねられるが、劉備は現実的では無いことを話していく。
現代の学者や評論家に当てはまるだろうか?
まったく正しいとは思うが、現実的であり民衆に受け入れられるかは別問題。
その差異を埋めるのが政治だが、最近は正しさばかりを問題にしてズレが大きくなっている。

天下三分の計

「北に拠った曹操は、すなわち天の時を得たものであり」
「南の孫権は、地の利を占めているといえよう」
「将軍はよろしく人の和をもって、それに鼎足の象をとり」
「もって、天下三分の大気運を興すべきである」

三顧の礼をもって迎える劉備に対して、孔明がこれからの方針を伝える。
三国志が好きなら誰もが知る「天下三分の計」ですね。

水魚の交わり

「わしが、孔明を得たことは、魚が水を得たようなものだ」

劉備が孔明とずっと一緒にいるため、嫉妬を感じる関羽と張飛。
しかし劉備は水と魚を例えに、自分にとって必要なことと話していく。
劉備だけでも孔明だけでも結果を出すことは出来ない。
やはり人との出会いは大切である。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク