エルキュール・ポアロの名言まとめました

アガサ・クリスティー作品の名探偵エルキュール・ポアロの名言をまとめていきます。

スタイルズ荘の怪事件

第四章 ポワロ捜査に乗り出す

「どうだっていいことなど、なにひとつないんです」

 

「血ですよ──覚えておくといい──血は争えない」

 

「だれかがカップを踏みつけて、粉々にしたのは、ストリキニーネが入っていたからか、あるいは、ストリキニーネが入っていなかったからでしょう」

 

第五章 「ストリキニーネじゃないでしょうね?」

「これではっきりした。考えていたことがあったのだが──勘違いだったことがはっきりした」

 

「想像力を働かせすぎるんですよ。想像力はよき下僕だが、主人には不向きだ。もっとも単純な説明が、いつでもたいてい当たっているんです」

 

「考慮に入れなくていいことなどひとつもありません。もしある事実が推理と一致しなかったら、そのときはその推理を捨てることです」

 

「だいじょうぶ。困った瞬間は過ぎ去りました。もうなにもかもあるべきところに落ち着いて整理がつきました」

 

「びくともしませんよ、たとえ12人の愚かな男たちが間違いを犯したぐらいでは」

第七章 ポワロ、恩を返す

「そう、それですよ、決定的すぎる。現実の証拠というものは、たいてい漠然とした、不満の残るものなんです」

 

「わたしにもわからない。いいですか、わが友、どうしてもわからない。わたしが──エルキュール・ポアロがですよ!」

 

「相手がほんとうのことを言っていないと思ったら──警戒することです」

 

第八章 新たな疑問

「恐れないで思ったとおりに話してください。直感はつねに大切にしなければなりません」

 

「それでも、ある点では正しいですよ。つまり、潔白であることが論理的に、自分でも納得できるかたちで証明できないかぎり、すべての人間を疑うのは賢明なことなのです」

 

「動機のない殺人はありえません」

 

「それはあたなが信じたいと願っていることを信じようとしているからです」

 

「直感とはすばらしいものだ。理屈で説明できないが、かといって無視することもできない」

 

「ちょっとした思いつきがありまして」

 

第十章 逮捕

「ほらね、外の証拠など求めるべきじゃない──そうとも、推理力だけで充分なんだ」

 

「わたしがしようとしているのは大きな賭けだからです。だれひとり、このエルキュール・ポアロ以外だれひとり、こんなことをしようとは考えもしないでしょう!」

 

第十一章 訴追側の主張

「この作業には指の緻密な動きが必要です。指が緻密に動けば、頭も緻密に働くのです。いまほどそれが必要になったことはありませんよ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
スタイルズ荘の怪事件

 

→シャーロック・ホームズの名言
→エラリー・クイーンの名言
→ドルリー・レーンの名言
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました