「一夢庵風流記(隆慶一郎)」より前田慶次の名言まとめました

「一夢庵風流記(隆慶一郎)」より、前田慶次郎利益の名言をまとめていきます。

一夢庵風流記

松風

こんな町で、こんな生きざまで、生を終えたくない。

 

「どうせ死ぬなら、俺と一緒に死んでみないか」

 

「虎や狼が日々錬磨などするかね」

 

敦賀城

「手前は所詮一匹の傾奇者にすぎぬようです」

 

聚楽第

「強いて申さば、意地とでも申しましょうか。人としての意地でござる」

 

決闘ばやり

「合戦の作法をしかと見て置け。冥土のみやげにな」

 

女体

楽しいな、この世は。

 

佐渡攻め

「罠があれば噛み破る。それだけのことだ」

 

「俺は一度信じた男は斬らぬ」

 

子供狩り

「当たり前だ、そんなことは。それでも非道は非道だ」

 

唐入り

「俺はそうは思わんな。そもそも友とは何かを喋るものかね」

 

伽倻琴

「出来るし、俺はやる」

伽姫

「何が決闘だ。只の喧嘩だよ。俺は売られた喧嘩は必ず買うことにしている。それが傾奇者の心意気だ」

 

漢陽

「滅びたものは美しいが、滅びるものは無残でしょう」

 

帰還

「伊達や酔狂でこの姿をして来たわけではない。わしなりの理由あってのことだ。それがならぬと申されるなら、帰るしかない」

 

「殿下。誰でも殴られれば殴り返しますよ。官兵にいくさ人はいなくても、野にはおります。しかも彼の国は義の国です。恐らく官兵の破れたところから、合戦は始まるでしょう」

 

「やくたいもない。いい目も悪い目もわしは知らん。ただぶつかるだけのことだ」

 

唐入り御陣

「悲しい奴は肩を寄せ合ってはいけないんだよ。みじめになるばかりだ。それにそんなことが出来ないのが悲しさじゃないか。みんな独り。それがいいのさ」

 

難波の夢

「その通りだ。俺とお主の間に、喧嘩以外の何がある」

 

「手だてがなければ天に委せろ。じたばたして醜をさらすより遥かにましだ」

 

天下取り

「合戦に汚いも綺麗もないんだよ。勝つか負けるか、生きるか死ぬか。それだけのことさ」

 

会津陣

「直江山城は莫逆の友。死んでやらねばなりますまい」

 

「そこがいい。わしは負けいくさが好きだ」

 

最上の戦い

「言語道断。左程の心弱くて、大将のなす事とてなし。心せはしき人かな。少し待、我手に御任せ候へ」
(「上杉将士書上」よりの引用)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
一夢庵風流記 (新潮文庫)

 

→竜馬がゆく(坂本竜馬)
→燃えよ剣(土方歳三)
→織田信長(山岡荘八)
→新史太閤記(豊臣秀吉)
→豊臣秀長(堺屋太一)
→国盗り物語(斎藤道三)
→関ケ原(石田三成)
→夏草の賦(長曾我部元親)
→箱根の坂(北条早雲)
→義経(源義経)
→村上海賊の娘(和田竜)
→楽毅(宮城谷昌光)
→子産(宮城谷昌光)
→天空の舟(伊尹)
→重耳(宮城谷昌光)
→呉越春秋 湖底の城(范蠡)
→三国志(吉川英治)
→三国志(劉備玄徳)
→三国志(関羽雲長)
→三国志(諸葛亮孔明)
→三国志(曹操孟徳)
→ローマ人の物語(ハンニバル、スキピオ)
→ローマ人の物語(ユリウス・カエサル)
→ギリシア人の物語(アレクサンドロス)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました