湯川学(ガリレオ)の名言まとめました

湯川学(ガリレオ、東野圭吾作品)の名言をまとめていきます。

探偵ガリレオ

第一章 燃える

「別に大きく変わることはないね。学生の質が年々低下していく現象にも、もう慣れた」

 

「とりあえずコーヒーでもいれよう。ただしインスタントだがね」

 

「僕としては、今のところ何の意見もない。プラズマかもしれないし、そうじゃないかもしれない。何しろデータが何一つないんだから、仮説の立てようがないよ」

 

「幽霊の正体は、いつも案外つまらないということさ」

 

「子供は論理的じゃないからな。論理的でない相手と付き合うのは、精神的に疲れる」

 

「論理的な女性も多い。少なくとも、非論理的な男と同じぐらいは存在する」

 

「人間が必ずしも、筋の通った行動に出るとはかぎらないからな。むしろその逆のほうが多い」

第二章 転写る

「どんなものでも、簡単には作れないということをいいたいのさ」

 

「科学文明がいくら発達しても、それを使う人間の心が進化していないと、こういうことになる」

 

「学者たちは純粋なだけさ。純粋でなければ、劇的なインスピレーションは訪れない」

 

「残念だが、科学者は実験をして確認しなければ、自分の説を迂闊には口に出したくないものなのさ」

 

「少しも不思議じゃない。当然の結果さ。前に君にもいったはずだ。世間で騒がれる不思議な現象のいくつかは流体の悪戯だとね」

 

「科学者だって、冗談をいう時はあるんだよ」

 

第三章 壊死る

「たまには無駄な出費も悪くないか。お互い、壊すような家庭もないしな」

 

「つまり、一般の人には糞の役にも立たない研究だ」

 

「考え出すより、見つけ出すという部分のほうが多いんだがね。そういう意味では、科学者は常に開拓者といえる。研究室にこもって考え事ばかりしているのが科学者だと思ったら、大きな誤解だぜ」

 

第四章 爆ぜる

「数式を並べて問題を解くことだけが科学じゃない」

 

「事件を解決したいなら、僕のいうとおりにしてくれ」

 

第五章 離脱る

「人間の思い込みというのは厄介なものだ。シャボン玉の中に空気が入っていることは知っているのに、目に見えないがために、その存在を忘れてしまう。そんなふうにして、いろいろなものを人生の中で見落とさなきゃいいがね」

 

「科学者はどんな時でも、たかをくくったりしない。あるのなら提示してくれ」

 

「特殊性に目をくらまされず、客観的事実にだけ注目すれば、また別の解答も見えてくるんじゃないかな」

 

「さあね。僕はデータが揃うまでは結論を出さない主義なんだ」
「そのデータが正しいのかどうかを、まず検証しなくちゃな」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
探偵ガリレオ (文春文庫)

 

→加賀恭一郎の名言
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました