「義経(司馬遼太郎)」より源義経の名言まとめました

「義経(司馬遼太郎)」より、源義経の名言をまとめていきます。
(作中ではいろいろと名前を変えていくが、ここでは「源義経」で統一する)

上巻

鏡の宿

自分には、ただ一つのことしかない。

 

「賊が百人いようと、おもだつ者三、四人も討ち取れば崩れ立って退くだろう」

 

「すべて将来のためだ。ゆくゆく平家を討とうという者が、その程度の殃におびえていて何ができるだろう」

 

「おれは源氏の世を興そうと思ってはおらぬ」
「驚くことではない。おれはただ亡父の仇相国入道清盛殿を討てばそれでいいのだ」

 

弁慶

「地獄にゆく覚悟です。それが、武門というものでありましょう」

 

何の遠慮があろう。京の権威など、倒せばよいではないか。

 

鎌倉の新府

「いや、私は行きたいのです」

 

下巻

旭将軍一騎

迅速こそ、勝利である。

 

堀川館

「なんのことがありましょう」

 

鵯越

「知るものか。ひとにはみな、そうせずにはいられぬものがある。それだけだ」

 

「比率などはいい」

 

「その道は、わしにもわからぬ。それゆえ言おうにも言いようがない」

 

「道なくば岩をよじ、山をつらぬいてゆくまでよ」

 

「なぜそうと決まっている」

 

「常法は、殿輩が守られよ。私は常法よりも勝つことのほうが大事である」

 

人よりも百倍臆病であるとすれば、百倍勇気をふるい立たせればいいではないか。

 

「鹿すら通う。馬が通れぬことはあるまい。鹿も四つ足、馬も四つ足。ただちがうといえば尾髪のなきとあると、蹄の割れたると円きとの差のみ、おそるな」

 

「見たか、ここに一つの運がある。まず義経が落す、わが馬の立ちかたを見よ」

 

讃岐の海

「私は、死にたいのです」

 

「必勝の戦法は敵を包囲するにあり。そのためにはいかに兵力僅少でも二手にわけねばならぬ」

 

源氏八百艘

「古来の法は知らず、この義経は義経の法でやってきたし、今後もやる」

 

波の上

「大将はいのちを惜しむものだ」

 

「わしがうまれてきた意義は、この日のためにあった」
(長年の悲願だった平氏討伐を完了し歓喜する)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
新装版 義経 (上)

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました