「新史太閤記(司馬遼太郎)」より豊臣秀吉の名言まとめました

「新史太閤記(司馬遼太郎)」より、豊臣秀吉の名言をまとめていきます。
(作中ではいろいろと名前を変えていくが、ここでは「豊臣秀吉」で統一する)

上巻

「おれはこの世で立つ何物も持ちあわせておらぬ。金も門地も。せめて律儀でなければ人は相手にすまい」

 

「人に奢ってやるほどの快事はないような気がする」

 

「死ぬ気できた。死ぬ気でこの話に乗ってくれるか」

 

「人の気が沈めば、戦さはしまいだ。が、ときには打って出ねばならぬ」

 

「殿様に、御損をかけた。倍の千貫はかせぎとらねばならぬ」

 

「これはしたり、貴殿ほどのお人のお言葉とも思えませぬ。愛するとは使われることではござらぬか」
(竹中半兵衛の調略に際して)

 

「わしは、人を裏切りませぬ。人に酷うはしませぬ。この二つだけがこの小男の取り柄でございますよ」

 

ばくちよ。あたらねば、死ぬまでだ」

 

「まあ、五分々々だな。が、仕事はつねにそうしたものだ」

 

「智恵とは、勇気があってはじめてひかるものだ。おれはつねにそうだ」

 

「わしの神は、別にいる」「なんの、織田信長というお人だ」

 

信をうしなえば、天下がとれぬ。

下巻

「みろ、人がうごく。世を動かすのは、これだ」
(利益を示すことにより人が動くのを見て)

 

「上様は、つぎの九州征伐を考えておられる。九州の諸大名が御当家になびくかどうかは、一にこのたびの中国陣の戦勝にかかっている」

 

「それほどの事変である。さればおのおの、生を思うな、死を決せられよ」

 

「おれには籠城する気は毛頭ないゆえ、兵糧は無用である。もし上方における一戦に秀吉敗れたりと聞かば、いそぎ城に火をかけよ。わが母もわが妻も刺し殺せ」

 

人間一生のうち、飛躍を遂げようとおもえば生涯に一度だけ、渾身の智恵をしぼった悪事をせねばならぬ。

 

「官兵衛、世の事はすべて陽気にやるのよ」

 

「古来、貴種というものは舌が一枚ではない。言葉が違うものだ」

 

「家康ごとき者を相手のいくさは、わが野あそびである」

 

「それほどの人に、のちのち、この秀吉が長袴をはかせ、上洛せしめんこと。ひたひたとこの胸のうちにあり」

 

「なに、狂言よ。おれの天下も、あの狂言できまったわさ」

 

露と置き露と消えぬるわが身かな浪華のことは夢のまた夢
(有名な秀吉の辞世の句)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
新史太閤記 上・下巻セット

 

→竜馬がゆく(坂本竜馬)
→燃えよ剣(土方歳三)
→織田信長(山岡荘八)
→豊臣秀長(堺屋太一)
→国盗り物語(斎藤道三)
→関ケ原(石田三成)
→夏草の賦(長曾我部元親)
→箱根の坂(北条早雲)
→義経(源義経)
→一夢庵風流記(前田慶次)
→村上海賊の娘(和田竜)
→楽毅(宮城谷昌光)
→子産(宮城谷昌光)
→天空の舟(伊尹)
→重耳(宮城谷昌光)
→呉越春秋 湖底の城(范蠡)
→三国志(吉川英治)
→三国志(劉備玄徳)
→三国志(関羽雲長)
→三国志(諸葛亮孔明)
→三国志(曹操孟徳)
→ローマ人の物語(ハンニバル、スキピオ)
→ローマ人の物語(ユリウス・カエサル)
→ギリシア人の物語(アレクサンドロス)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました