明智小五郎の名言・台詞まとめました

探偵・明智小五郎(江戸川乱歩作品)」の名言・台詞をまとめていきます。

D坂の殺人事件

(上) 事実

「絶対に発見されない犯罪というものは不可能でしょうか。僕はずいぶん可能性があると思うのですがね」

 

「君は、ポーの『ル・モルグ』やルルーの『黄色の部屋』などの材料になった、あのパリのRose Delacourt事件を知っているでしょう」
「百年以上たった今日でも、まだ謎として残っているあの不思議な殺人事件を」

「僕はあれを思い出したのですよ。今夜の事件も犯人の立ち去った跡のないところは、どうやら、あれに似てるのではありませんか」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

(下) 推理

「どうも(この部屋は)狭くっていけませんが、それに、座蒲団がないのです。すみませんが、やわらかそうな本の上へでもすわってください」

 

「僕は人間を研究しているんですよ」

 

「いや失敬失敬、決して笑うつもりはなかったのですが、君があまりにまじめだもんだから」

「君の考えはなかなか面白いですよ。僕は君のような友だちを見つけたことをうれしく思いますよ。しかし惜しいことには、君の推理はあまりに外面的で、そして物質的ですよ」

 

「人間の観察や人間の記憶なんて、実にたよりないものですよ」

 

「僕のやり方は、君とは少し違うのです。物質的な証拠なんてものは、解釈の仕方でどうにでもなるものですよ。いちばんいい探偵法は、心理的に人の心の奥底を見抜くことです」

 

「昔の名判官とか名探偵とかいわれた人は、心理学が今のように発達しない以前から、ただ彼らの天禀によって、知らずしらずのあいだにこの心理学的方法を実行していたではありませんか」

「心理学者の色々な機械的方法は、ただこうした天禀の洞察力を持たぬ凡人のために作られたものにすぎませんよ」

 

「(犯人は)なぜに殺人罪をおかしたか……」

「僕はこの事件によって、うわべはきわめて何気なさそうなこの人生の裏面に、どんなに意外な陰惨な秘密が隠されているかということを、まざまざと見せつけられたような気がします」

「それは実はあの悪夢の世界でしか見出すことのできない種類のものだったのです」

黒蜥蜴

女賊と名探偵

「この世の現実は、そんなに小説的なものじゃありませんよ」

 

「御安心下さい。僕がついているからには、お嬢さんは安全です。どんな兇賊でも、僕の目をかすめることは、全く不可能です」

 

「面白いですね。つまり、僕が負けたら廃業してしまえとおっしゃるのでしょう」
「女のあなたが、命から二番目の宝石をすっかり投げ出していらっしゃるのに、男の僕たるもの、職業ぐらいは何でもない事ですね」

 

暗闇の騎士

「僕は楽しいのですよ。探偵稼業でもしていなければ、こういう劇的な瞬間が、人生に幾度味えるでしょう」

 

名探偵の哄笑

「そうではないのです。僕がうなだれていたのは、あなたをお気の毒に思ったからです」
「それはね、……賭けに負けたのは、僕ではなく、奥さん、あなただからです」

 

怪老人

「僕は負けました。あれ程の奴が僕のブラック・リストに載っていなかったのは不思議です。多寡を括っていたのがいけなかったのです。併しもうこの失敗は繰返しません」

 

「今僕は僕の名にかけて誓います。仮令あいつが再びお嬢さんを狙う様なことがあっても、今度こそは決して負けません」
「僕が生きている間は、お嬢さんは安全です。これだけを、ハッキリ申上げて置きます」

 

魔術師の怪技

「実に失策でした。僕は又しても油断しすぎた様です」

 

「人間椅子。……あんな小説の空想が、果して実行出来るのだろうか」

 

「あいつの恐ろしさは、こういうズバ抜けた、考え方によっては馬鹿馬鹿しいトリックを、平然と実行する肝っ玉にあるのです。今度の着想などは、全くお伽噺ですよ」

 

「僕はいつかKホテルでお約束したことを忘れはしません。御安心下さい。生命にかけても、お嬢さんを守ります。決して取返しのつかぬ様なことはしない積りです」

「どうか僕を信じて下さい。……僕の顔色を見て下さい。蒼ざめてますか。心配らしい影でも見えますか。そうではないでしょう。僕は平気なのです。この通り平気なのです」

 

エジプトの星

「決して御心配なさることはありません。僕はハッキリお約束して置きます」
「お嬢さんもその宝石も、必ず僕の手で取戻してお目にかけますよ。ただちょっとの間、あいつに糠喜びをさせてやるだけです」

 

水葬礼

「化かすつもりで化かされていた君の様子は、少しばかり愉快でないこともなかったね」

 

再び人形異変

「髭なんかとらなくっても、君はもうちゃんと知っているのでしょう。知っているけれど、僕の名を云い当てるのが怖いのでしょう」
「それの証拠に、君の顔色はまるで幽霊みたいに蒼ざめているじゃありませんか」

 

「そうです。君はそれを、ずっと前から気づいていたではありませんか。気づきながら、君の臆病がその考えを無理に押えつけていたのです」

 

蠢く黒蜥蜴

「今さら何を云っても仕方がない。安らかに眠り給え。君の為には、僕は命がけの目にもあわされた。併し、僕の職業にとっては、それが貴重な体験にもなったのだよ」

「もう君を憎んでやしない。可哀相にさえ思っている」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

怪人二十面相

巨人と怪人

「ぼくこそ、きみに会いたくてしかたがなかったです」
「汽車の中で、ちょうどこんなことを考えていたところでしたよ。ひょっとしたら、きみが駅へ迎えに来ていてくれるんじゃないかとね」

 

トランクとエレベーター

「きみ、なにもそうビクビクすることはありゃしない。きみの正体を知りながら、ノコノコここまでやってきたぼくだもの、今、きみをとらえる気なんかすこしもないのだよ」

 

「今やすやすととらえるのは、少しおしいよう気がするのさ」
「いずれ、きみをとらえるときには、大ぜいの部下も、ぬすみためた美術品の数々も、すっかり一網に手に入れてしまうつもりだよ」

 

二十面相の新弟子

「ぼくは、けっして二十面相なんかに、出しぬかれやしないからね。たとえぼくの身があぶないようなことがあっても、それも一つの策略なのだから、けっして心配するんじゃないよ」

 

「まあ、ぼくを信じていたまえ。きみも知っているだろう。ぼくが一度だって失敗したことがあったかい」

 

種明し

「みなさん、これが二十面相のやり口ですよ。人間わざではできそうもないことを、ちょっとした頭のはたらきで、やすやすとやってのけるのです」

 

怪盗捕縛

「まあ、かんべんしたまえ、ぼくは少しきみをいじめすぎたかもしれないね」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
D坂の殺人事件(Kindle)
黒蜥蜴(Kindle)
怪人二十面相(Kindle)

 

→D坂の殺人事件
→黒蜥蜴
→怪人二十面相

→シャーロック・ホームズの名言
→ジョン・H・ワトスンの名言
→ジェームズ・モリアーティ教授の名言
→エルキュール・ポアロの名言
→アルセーヌ・ルパンの名言
→エラリー・クイーンの名言
→ドルリー・レーンの名言
→ファイロ・ヴァンスの名言
→オーギュスト・デュパンの名言

→金田一耕助の名言
→加賀恭一郎の名言
→湯川学の名言

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

11_人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました