「夢をかなえるゾウ」の名言まとめました

「夢をかなえるゾウ(水野敬也)」「夢をかなえるゾウ2」「夢をかなえるゾウ3」より名言をまとめていきます。

僕の元に、ゾウの姿をした神様・ガネーシャがやってきた。
今の僕は現状に悩んでおり、色々なことに挑戦するも何もうまくいかない。
そんな僕に対して、ダメな原因や今後の改善方法を、なぜか関西弁で語りかけてくるのだが。
とにかく「現状を変えたい」という人に。

夢をかなえるゾウ

変われないパターン

今まで、僕は何度も何度も変わろうと決心してきた。
結局何も続かなくて、三日坊主で終わってしまって、もしかしたら「やってやる!」って思った時より自分に対して自信を失っていて、そんなパターンばっかりだった。
変わりたいと思う。
でも、いつしか「変わりたい」という思いは、「どうせ変われない」という思いとワンセットでやってくるようになっていた。

何をしても最初だけで、すぐ止めてしまう。何故だろうか?
おそらく続かないことを知っていながら、目標を立ててしまう。
目標を立てるのが好き?
いや、目標を立てている自分が好き?
多くの人が、その答えを知っている。

「頑張らないと」という考えについて

頑張ろうと思ても頑張られへん本当の理由、それはな、「頑張らなあかん」て考えること自体が楽しないからなんや。
人間は楽しいことやりたいことしかできないようになってるんや。

「頑張らないといけない」と誰もが考え、そして出来ないことに対する理由。
頑張れないのは自分が悪いのではなくて、自分の選択した「頑張る対象」に問題がある。
いま頑張っている対象は、本当にやりたいことですか?
もしそれが苦痛なら対象自体が間違っている。

なんでも簡単には手に入らない

何かを手に入れるには、相応の代償を払う必要がある。

これについては「欲」ではなく、「限界」について考えたい。
全てが出来ることはない。何かが出来ることは何かが出来ないと同じこと。
そしてそれは見ている側にはなかなか分からない。
現在キャパオーバーなら、「出来ない」ことを伝える必要がある。
それを受け取らないとしたら悪いのは相手であり、あなたではない。

本当に大切な人

自分にとって大事な(しかも優しい)お客さんを後回しにして、うるさいお客さん(しかも大したことない)に時間をかけてしまう。
それは優先順位が間違っていないか?

原文だと長くなるので、少しまとめています。
これは多くの人が、同じ行動をとっている。もちろん一度ぐらいなら問題は起こらない。
しかし回数が多く雑にでもなれば、すぐにお客さんは離れてしまう。
なぜそのお客さんが「大事なお客さん」になったのかを考えれば、すぐに分かること。
「初めて行った時、常連ばかり相手にして私たちは無視された」という人がいる。
それは当たり前。
また後で文句を言っているので、「うるさいお客さん」ですよね。

スポンサーリンク

人の考え方は単純

人は、自分の自尊心を満たしてくれる人のところに集まるんや。

言い方を変えれば、自分を認めてくれる人に着いていく。
褒めればいい訳ではない。
いつも怒られている人でも着いていくことはある。
お互いに、「教えよう、教えてもらっている」という関係が大切になる。
しかし多くの場合、関係が出来ていないのに怒っている上司がいる。
その場合、自分は悪くない。全ては相手の問題です。
関係改善は難しいので相手の能力不足を笑って、軽く受け流しましょう。

人マネ

人のマネをすることに気後れを感じるのは、それがもう「自分にベクトル向いとる」状態やっちゅうねん。
なんでマネすると気後れするんや?
なんでマネすると恥ずかしんや?

それは、自分らの勝手なプライドやろ。

全ては人マネから始まる。
よくいう基本作業は、効率が良かった誰かのマネになる。
技術や知識のない時は、とにかく誰かのマネをすることが大切。
それができるようになって初めて、個性というものが生まれてくる。
何かの壁に当たっていたら、それを乗り越えている人を見つけてひたすらマネするのが良い。
きっと新しい変化が見つかる。

喜ぶ理由

お客さんの一番喜ぶんはな、「期待以上だった時」やねん。

まさに、その通り。
予想より美味しかった時。
予想より安かった時。
予想より美しかった時。
言われたことを言われた通りに行って、相手の予想通りでも決して悪くはない。
しかし良くもない。何より自分の作業が楽しくない。
相手のことを考えて、ほんの少しでもプラスアルファの作業を行う。
ほんの少しでいい。その「何か」をすることによって状況が変わっていく。

想像は楽しいものですが

期待は感情の借金やからなあ。
まだ何も苦労してへんのに、成功するかもしれへんていう「高揚感」を前借りしてきもちようなってもうてんねや。

この根拠のない期待感ほど厄介なものはない。
趣味を始める時や旅行に行く時など、さまざまな出会いや素敵な時間を想像して楽しいもの。
しかし思い通りにいくことはほとんどない。
プラスから始まる分、全てマイナスとして受け取ってしまう。
もちろん楽しいことは起こる。
しかし本当に「楽しかったのか?」、それとも「楽しいと思いたいのか?」
家に帰ってきた時の感覚が本心を示している。

期待

期待してるかぎり、現実を変える力はもてへんのやで。

期待することが悪いわけではない。
しかし期待するとは、何か他人任せなイメージがある。
例えば、「問題を解決する」「問題が解決されることを期待する」では全く意味が異なる。
また、「ジムに行ってダイエットする」「ジムに行くことでダイエットできることを期待する」も全然イメージが変わってくる。
このことから、他に期待している限り「変われない」

スポンサーリンク

やりたいこと

「やりたいことが分からない」って言うてるやつの99%は「何もやっとれへん」やつなんや。

なかなか耳に痛い言葉です。
そしてこの言葉は、100%言い訳です。「俺は本気を出していない」と一緒。
本当にやりたいことが分からないなら、結果として「やりたいことではなかった」ことを言えるはず。
多くの人は今の仕事が上手くいかないから、その言葉で言い訳してるだけ。
そもそも、「やりたいこと」とは何だろうか?
仕事は会社員だけではないので、やれることなどいくらでもある。
ただ実力が無いから出来ないだけなのに、「やりたくないだけ」という言葉で逃げている。
そして「やりたくないからやらない」という、無意味な結論になる。
やりたいことが見つからないなら、まず現実に出来ることを探してみては?

逃げることは恥ではない

でもな、あきらめてもええんやで。
自分に向いてない分野や思たらあきらめてもええんや。

仕事をイメージした言葉になる。
簡単にあきらめるな、逃げるなという前向きな考え方もある。
しかし無理なことは無理、という考え方も必要となる。
「あきらめてもええ」を「逃げてもええ」に置き換えると、「仕事」「学校」「人間関係」全てに当てはまる。
これについて私の考えは次になる。
「しんどい」と思っているうちは頑張ってください。
「つらい」と思ったら、すぐに逃げてください。
つらい時に逃げるのは、むしろ前向きな考え方です。

諦めてはいけないこと

一つだけ、絶対にあきらめたらあかんことがある。
それは「自分」や。自分には何か才能がある。
自分にしかできない仕事がある、そのことに関してはあきらめたらあかん。
見つかるまでそれを探し続けなあかん。自分自身に対してはあきらめたらあかん。

人は失敗しただけでは諦めない。「自分はダメ」と思った瞬間に諦める。
何か個別のことで諦めるのは問題ない。しかし多くの場合、自分自身に諦めてしまう。
その結果、「自分の存在」自体を諦めるという最悪の場合がある。
いかなる場合においても、「自分自身」を責めることはプラスにならない。
「反省はしても後悔はしない」という考えで、日々を過ごしていきたい。

夢をかなえるゾウ2

怖いこと

人間にとって一番怖いのは、将来が見えないことじゃなくて、将来が見えてしまうことなんだ。

これは誰しも考えてしまうこと。
若いときは希望がある。なんでも出来ると考える。
しかし30才を超える頃には、ある程度先が見えてくる。
明るい未来、もしくは現在も上昇しているならいい。
しかし停滞や下層にいる状態なら、絶望してもおかしくない。
ただ見たくないからといって目を閉じると、さらに状況は悪くなる。

読書

本読んで解決せえへん問題なんてあれへんで。

この言葉は、半分だけ正解と考える。
確かに全ての本を読んでいるなら、全ての問題を知ることは出来る。
しかし知ったからといって、解決できるかは別問題となる。
本には価値がある。解決できることも多い。
しかしその全ては読んだ人次第となる。

才能

最終的に成功する人間ちゅうのはな「自分には才能がない」ちゅう「不安」を持ってる人間なんや。
そういう人らが、人の意見に耳を傾けて、試行錯誤していくことで最初の頃には想像もでけへんかったような成長を遂げるんや。

もっともな言葉だが少し疑問が残る。
確かに人の意見を聞くのは大切。自分では思いつかないような発見があるかもしれない。
しかし「誰から」ということが、何より大切となる。
現代は情報社会です。ありとあらゆる情報と意見がある。
その全てを聞いていると、何も判断することが出来なくなる。
現代の情報で大切なのは「入手する能力」ではなく、「捨てる能力」が大切となる。

貧乏

それが貧乏の始まりなんですよ。

貧乏神の言葉です。
ここでは作業に対して定額の収入を得ることを示している。
定額のため作業は出来るだけサボることが得になる。
または収入とは面倒くさいことの代償となる。
このように発想するのが、「貧乏の始まり」
「生活のためしかたなく働いている!」とよく聞く。
言っている人は、どちらですかね?

スポンサーリンク

不安

不安に実態はない。自分の不安に対する姿勢が、そのまま不安の大きさを決める。

確かに不安は絶対値ではなく相対値です。
同じ状況であっても、不安を持つ人もいれば平気な人もいる。
これはどちらが良いわけでもない。
不安が失敗を招くこともあれば、不安があるからこそ努力も出来る。
そう考えれば不安もプラス要素である。

失敗

失敗したことや、恥ずかしいこと、みじめな状況ちゅうのはできるだけ人に話して笑いにしてったらええねん。
そしたら人目を恐れずに色んなことに挑戦できるし、自由に生きることができるんやで。

確かにそのとおりですね。
知られたくないことがあり隠していると卑屈になってしまう。
どうしてもビクビクしてしまうし、逆に虚勢を張ることもある。
失敗や恥ずかしいことは、どんどん話すのが良い。
しかし「みじめな状況」は話すべきかは疑問が残る。
レベルにもよるが、笑えないことになると気まずい。
場合によっては同情される。個人的に、この状況だけは避けたい。

他人と自分

「他人に対する言葉や行動は、自分に対する言葉や行動」でもあるんですよ。

他人に対して感じていることは、自分に対しても感じている。
相手の長所が気になるなら、自分の長所を見つけることが出来る。
相手の欠点が気になるなら、自分の欠点が気になってしまう。
言葉だけではなく、感情も変えないといけない。

結果

心が先なんです。
お金持ちになるか、貧乏のままでいるか、それは心が決めるんです。
心が変わって、行動が変わって、その結果が世界に反映されます。

個人的に心と行動のどちらが先かは判断が難しいと考えている。
心が変わることによって行動が変わることはある。
逆に行動によって心がついてくることもあるのではないか?
よく突然社長になった人でも、行動と周りの対応によって「社長っぽくなる」と言われる。
なかなか不安が無くならなくても、練習と行動によって自信になることもある。
心から変えるのは難しい。その場合、まず行動から変えるのも有りだと考える。

苦行

苦行の中に答えはない。

作中で釈迦が話した言葉です。
苦しい修業をしてもダメだったが、菩提樹の下で瞑想することにより悟りを開いたことに由来している。
ただし「苦しい修業にも意味がある」とも書いている。
苦しい修業を乗り越えたため、穏やかに瞑想することに意味が生まれている。
ここで少し話を変えてみる。会社に当てはめると、どうなるだろうか?
入社当時は知らないこと、出来ないことだらけなので苦しいことが多い。
しかしそれも時間と共に解決するので、逃げずに努力しないといけない。
ただ未来の自分にあたる、先輩たちはどうだろうか?
もし疲弊しているなら、未来の自分も疲弊する可能性が高い。
苦行しかないのなら、現状を見直す必要がある。

受け取ること

与えるだけではなく受け取ることも大事なのだ。

与えることは、意外と自分も気持ちいいもの。
しかし自分は受け取らない人がいる。
遠慮深いのだが、相手の気持ちよさを奪っているとも言える。
受け取ることにも価値を見つけたい。

夢をかなえるゾウ3

甘い考え

自分みたいに銅像買うたら夢が全部かなうなんて甘い考えの人間に、最初っから希望なんかなかったわけやし。

占い師から夢が叶う銅像を高額で購入した主人公に対して、ガネーシャが語ったこと。
世の中には、簡単に願いが叶うと言われる物がたくさんある。
それを持つことによって、精神的な支えになることはある。
しかし「それを持てば必ず成功する」ものなど、世の中には存在しない。

室内

この部屋には、自分が「ちょっと欲しい物」ばっかおいてるからや。

主人公の部屋を見て、ガネーシャが語ったこと。
部屋には物が溢れていることが多い。
「そのうち使うかも?」と考えながら、何年も使っていない物もたくさんある。
断捨離ではないが、思い切って捨てるとスッキリする。
ただ捨てると、なぜかすぐ必要になることも。

成長

成長すると、頑張るのが楽しくなる。楽しくなるともっと頑張れる。
すると、ますます成長する。

成長と頑張りの関係についての考え方。
まさに書いている通りです。
ただ問題なのは、ちょっと頑張ったぐらいでは成長しないこと。
かなり頑張らないと成長は見込めないこと。
「結局頑張りきれない」というサイクルに陥る人も多い。

二つの人生

ワシは、みんなが「頑張る人生」と「頑張らへん人生」の両方を経験した上で、好きな方選んだらええ思うねん。

ガネーシャが人生について語ったこと。
頑張る人生とは、プロスポーツ選手などを思い浮かべると分かりやすい。
成功する可能性はあるが、大変な頑張りを必要とする人生。
頑張らない人生とは、日々最低限のことだけをするイメージです。
成功とは言えないが気楽な人生とも言える。
ガネーシャは「成功」と「幸せ」は別と考えている。
自分がどちらを選んでも自由です。
そしてどちらが正解かは個人の価値観です。

マスターする方法

物事をマスターするのに一番大事なんは「本音の欲求」や。

「本心から望んでいるか?」
例えば、ダイエットで考えると分かりやすい。
「痩せたいな?」ぐらいで考えている人は、痩せることは出来ない。
もし痩せたとしても、すぐリバウンドしてしまう。
しかし結婚式などで、どうしても痩せる必要があれば頑張れる。
明確な目的がないと人は怠ける生きものですから。

成功の三大法則

うまくいっている人のやり方を調べる。
一度自分のやり方を捨て、うまくいっている人のやり方を徹底的に真似る。
空いた時間をすべて使う。

ガネーシャが考える成功するための三大法則です。
もちろんこれが全てではなく、第一歩となる。
ただ誰を真似るかを判断するのは難しい。
例えば、野球のイチローがホームランバッターのフォームを真似していたら、あの成績は残せなかったはず。
個人的には自分との相性があるので、真似から入るのは少し抵抗がある。
少し遠回りは覚悟して、自分で頑張った後に真似する方が好ましいと考えている。

願い

その希望、かなえたらあきまへん。人間ちゅうのは希望をかなえたら飽きてまいまんねん。

ライバルである黒ガネーシャの言葉です。
これから出てくる黒ガネーシャの言葉は、詐欺師や悪徳商法に通じるイメージ。
利益は出るかもしれないが道を外している感じ。
そのイメージを持って聞くと、逆説的にいろいろ考えさせられる。
話を戻すと、人は足りないから次が欲しくなる。
ダイエット製品などが典型になる。
それぞれに効果はありそうだが、結局完璧ではない。
痩せれない人が多いから、より簡単に痩せることが出来そうな製品が次々に出てくる。
そして出て来る度に購入してしまう。

信用

人に物を売るときには、何でもかんでも売ろうとしてはだめなの。
そんなことすると、全部の言葉が「物を売るためのウソ」に聞こえてしまうから。
逆に、自分の不利益になることを言えば、その後の言葉は全部信用してもらえるのよ。

黒ガネーシャの仲間である占い師の言葉です。
これを悪く言うのは難しい。物を売る人なら、誰もがしていることかもしれない。
ただテクニックとして、これをされるとイラッとするのも事実である。

商売の基本

商売の一番の基本はな───まず自分が「一番良いお客さん」になることやねん。

商品について、「自分が欲しいと思うものだけを売るのがよい」
自分が欲しいと思うほどのものなら、お客さんに対する対応も変わってくる。
ただ小品種の店ならいいが、大きい店だとその限りではない。
自分には価値が分からなくても、価値のある商品は多い。
世の中には、お酒は飲めない店主がしている酒屋もある。
本をあまり読まない店主がしている古本屋もある。
書いていることは理想だが、その限りではないことも覚えておきたい。

成功するために

成功するために一番大事なことは───「小さな勇気」やねん。

何ごともしなければ、成功はあり得ない。
分からない時に一歩進むのと、立ち止まるのでは全く違う。
気持ちがあったとしても、何もしなければ無かったのと同じである。
一歩踏み出す勇気が欲しいものです。

負けることの意味

人はみんな誰かに勝ちたい思うてる。
せやから他人をうまく勝たせて、気持ち良くさせられる人間は、間違いなく成功するで。

自分が勝ったと思われながら、利益を上げることが理想とガネーシャは語っている。
相手が得したと考えてもらうことが理想となる。
店員が頭を下げるのも、相手に優越感を持たせるため。
値引きに応じるのも、相手にお得感を持たせるため。
ちょっとここで目線を変えたい。
この程度のことで優越感を持つお客さんは、本当に価値あるお客さん?
本来、お店とお客の立場は対等である。
お客はお金を出すが、お店はその人のために用意している。
お互いがなくては困る存在。
お客さんが偉そうにしているのを見ると不思議に感じる。

喜ばれるサービス

自分の仕事がほんまに人を喜ばせるためのものかどうかは、「そのサービスを自分の子どもに買ってほしいか」が一つの基準になるかもしれへんな。

商品やサービスの判断基準についてガネーシャが語ったこと。
商売をしている誰もが売れてほしいと思い、そして買って欲しいと願っている。
しかし「身内に」となると、二の足を踏むこともあるだろう。
「便利だけど高い」とか「おそらく最初だけ」とか、セールストークでは言わない点も多い。
もし身内に買ってほしいと思える商品だけを扱っている人はうらやましですね。

選択

自分はこの先の世界をもっと知りたいんか、それともここで止めるんか。
それを決めることができるんは───自分だけや。

努力が実らず挫折してしまった主人公に対して、ガネーシャが語ったこと。
頑張った結果、確実にレベルアップはしている。
今回はダメだったとしても、次を目指すことは出来る。
しかし改めて頑張った結果、またダメになる可能性もある。
以前にも書いたが、どちらが正解というわけではない。
自分がどちらを目指すかだけの選択になる。

アレンジ

先人たちが見つけた方法を素直に学ぶことも大事や。
せやけど自分が先人と同じことをしてるだけやったら、人間は発展していかへん。
先人がやってきたことに何か新しい価値を加えること。
それが、「今」を生きてる自分らのせなあかんことやで。

真似が出来た後のステップについて、ガネーシャが語ったこと。
真似が出来て初めて基礎が出来たとなる。
そこから自分なりのアレンジがあって初めて、次の世界が見えてくる。
そこからが本当のスタート。

過去な出来事

無駄な出来事なんて一つもなかった。
この場所に来るために、全部必要なことだったんだな。

何かを達成した時に感じることとして、ガネーシャが語ったこと。
人は多くの選択をする。そして後悔することも多い。
しかし途中の成功も失敗も、ただの途中経過に過ぎない。
今を後悔する暇があるのなら次のことを考えたい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ2

夢をかなえるゾウ3

→インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク