「坊っちゃん(夏目漱石)」の名言まとめました

「坊っちゃん(夏目漱石)」の名言をまとめていきます。

坊っちゃん

親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間程腰を抜かした事がある。(冒頭の書き出し)

 

成程碌なものにはならない。御覧の通りの始末である。行く先が案じられたのも無理はない。只懲役に行かないで生きているばかりである。

 

贔屓目は恐ろしいものだ。

 

先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥の差だ。何だか足の裏がむずむずする。

 

君あまり学校の不平を云うと、いかんぜ。云うなら僕だけに話せ。(山嵐)

 

この学校がいけなければすぐどっかへ行く覚悟でいたから、狸も赤シャツも、些とも恐ろしくはなかった。まして教場の小僧共なんかには愛嬌も御世辞も使う気になれなかった。

 

さっきは別に腹も立たなかったが今度は癪に障った。冗談も度を過ごせばいたずらだ。

 

考えてみると厄介な所へ来たもんだ。一体中学の先生なんて、どこへ行っても、こんなものを相手にするなら気の毒なものだ。よく先生が品切れにならない。
余っ程辛防強い朴念仁がなるんだろう。おれには到底やり切れない。

 

正直だから、どうしていいか分からないんだ。世の中に正直が勝たないで、外に勝つものがあるか、考えてみろ。
今夜中に勝てなければ、あした勝つ。あした勝てなければ、あさって勝つ。あさって勝てなければ、下宿から弁当を取り寄せて勝つまでここに居る。

 

本当に人間程宛にならないものはない。

 

自分の為に送別会を開いてくれたのは、自分の転任を惜んでくれるんじゃない。みんなが酒を呑んで遊ぶ為だ。自分独りが手持無沙汰で苦しむ為だ。こんな送別会なら、開いてもらわない方が余っ程ましだ。

 

もし本当にあやまらせる気なら、本当に後悔するまで叩きつけなくてはいけない。

 

こんな土地に一年も居ると、潔白なおれも、この真似をしなければならなく、なるかも知れない。

 

新聞なんて無暗な嘘を吐くもんだ。世の中に何が一番法螺を吹くと云って、新聞程の法螺吹きはあるまい。

 

「君が辞表を出したって、赤シャツは困らない」(山嵐)

 

「履歴なんか構うもんですか、履歴より義理が大切です」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
坊っちゃん (新潮文庫)

 

→吾輩は猫である
→草枕
→三四郎
→こころ
→人間失格(太宰治)
→金閣寺(三島由紀夫)
→羅生門・鼻(芥川龍之介)
→蟹工船(小林多喜二)
→雪国(川端康成)
→李陵・山月記(中島敦)
→堕落論(坂口安吾)
→みだれ髪(与謝野晶子)
→檸檬(梶井基次郎)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました