「羊をめぐる冒険」の名言まとめました

「羊をめぐる冒険(村上春樹)」より名言をまとめていきます。

僕は後少しで30歳を迎える時、昔知り合いだった女の子が死んだ。
葬式から帰ると妻がいた。離婚が成立した。21歳の彼女と出会い、付き合うことになる。
耳が魅力的な女性だった。そんな時、奇妙な写真に伴う依頼が舞い込んでくる。
そこから羊をめぐる冒険が始まっていく。
青春3部作、最後の物語。

スポンサーリンク

羊をめぐる冒険(上)

僕だけ

世界中が動きつづけ、僕だけが同じ場所に留まっているような気がした。

多くの方が同じ感覚を持っているのではないでしょうか?
不思議なことに周りからは、そう見られていないのがほとんどです。
もちろん理由は、実際には留まってはいないから。
最後に書かれている「気がした」が全てを物語っている。

ことばあそび

「きっとあまりしゃべりたくないのね?」
「きっとうまくしゃべれないことなんだ」

僕と彼女の会話になります。特に意味のない会話。
だが僕の性格がよく出ている。

あとになって

豆を挽き終ってから本当はアイスティーが飲みたかったことに気づいた。
僕はいつもあとになってからいろんなことを思い出す。

私も似たようなことをたまにする。
単純な物忘れではなく、根本的に「興味がない」のだろう。

砂時計

あなたには何か、そういったところがあるのよ。砂時計と同じね。
砂がなくなってしまうと必ず誰かがやってきてひっくり返していくの。

僕に対して元妻の言葉になります。
不思議といつも相手のいる人がいる。特別なことをしていないのに何故かいる。
もちろん、逆の人もいる。
これを元妻から言われているとしたら、決して好意的な意味ではない。

簡単なこと

知らない人はみんなそう思うのよ。でも本当に簡単なの。終わってしまえばね。

離婚に関する書類についてです。もちろん離婚手続きだけなら簡単でしょう。
しかしそれに付随する、いろいろなことは決して簡単ではない。

スポンサーリンク

退屈

つまり、あなたの人生が退屈なんじゃなくて、退屈な人生を求めているのがあなたなんじゃないかってね。それは間違ってる?

退屈な人生と話してる僕に対して、彼女が話した言葉になります。
退屈というのは、あくまで個人的な感覚になる。
毎日決まったことをしていても、退屈を感じない人もいれば、変化に富んでいる毎日でも、退屈と感じる人がいる。
退屈と言いながら同じことを繰り返していたら、書かれていることが真実かもしれない。

飲酒

一人の人間が習慣的に大量の酒を飲むようになるには様々な理由がある。
理由は様々だが、結果は大抵同じだ。

本人もしくは周りに同じような人がいる場合、反論出来る人はいないでしょう。

希望

希望というのはある限定された目標に対する基本的姿勢を最も美しいことばで表現したものです。
もちろん、別の表現方法がある。おわかりですね?

立場の強い人が弱い人に対して希望することを話している場面になります。
もちろん、別の表現は分かりますよね?

何かが起きること

僕は目を閉じて首を振り、頭の中を空っぽにした。まぁいいさ、と僕は思う。
たとえ何が起こるにせよ、まだ何も起こってないんだ。
そして何かが起こったとすれば、それはもう起こってしまったことなのだ。

問題が見つかった時の僕の言葉になります。
あきらかに間違っている。ただ、「何が間違ってる?」と聞かれると 答えに困ってしまう。
これを「落ち着き」と捉えるか、「投げやり」と捉えるか判断は難しい。

説明できない行動

でもこれは当然と言えば当然の話で、自分にもうまく説明できないことを、他人に向って説明することなんてできるわけはないんだ。

僕の友人である「鼠」からの手紙に書いている言葉になります。
突然、街を出ていったことに対しての謝罪。行動には目的や理由がある
しかし、それとは別に衝動的といえる行動もある。
理解出来る人と理解出来ない人に分かれるかもしれない。

長距離列車

荷物を持たずに長距離列車に乗るのは素敵な気分だった。
まるでぼんやり散歩しているうちに時空の歪みにまきこまれてしまった雷撃機みたいな気分だ。
そこにはまるで何もない。

大勢での旅行ではなく、一人での長距離列車は独特な気分がある。
まして軽装での気ままな旅なら尚更だろう。そして新幹線ではなく、特急なら最高だ。
まあ在来線でも行き先を決めずに乗ってみる、気ままな旅行がしたいですね。

過去のこと

本当は何も変わってないとしても、そういう風には思えないのよ。
思いたくないのね。そう思っちゃうと、もうどこにも行けないのよ。
だから自分ではすっかり変わっちゃたんだと思うようにしてるの。

僕が「鼠」の元彼女から言われた言葉になります。
突然消えた人に対しての、自分の心の置き所を話している。
「変わった or 変わってない」という結果より、その結果をどの様に受け止めたかが重要だと考えている。
結果より思いの方がよほど大切だろう。

苛々すること

「苛々したりすることはないの?」
「もちろんあります。苛立ったり、不快になったりすることもあります。とくに急いでいる時などはどうしてもそうなりますね。しかし全ては我々に課せられた試練であると考えるようにしてるんです。つまり苛立つことは自らの敗北です」

僕が資産家の運転手から聞いた言葉になります。
多くの人は苛立ちを「勝ち負け」と捉えた瞬間から、さらなる苛立ちを加速させる。
自制するというのは難しい。

感想

本作は3部作シリーズのラストであり、同じ人物が年齢を重ねた後を描いているが明らかに雰囲気が変わっている。
個人的には前2作の若者の苦悩や葛藤を描いたほうが好みだ。
しかし多くの人が、本作から現在の村上作品が出来上がったと語っている。
現実だけど現実的でない感覚、また現実的にはありえない不思議な設定。
最終的な結論は次巻を読んだ後、改めて考えてみる。

スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
スポンサーリンク