「マクベス(シェイクスピア)」の名言まとめました

「マクベス(シェイクスピア)」の名言をまとめていきます。
本作での説明や解釈は無意味・蛇足と感じましたので、書かない方針にしています。

マクベス

きれいは穢ない、穢ないはきれい。

もし悪なら、成功を約束するような真実で始まるはずはあるまい?
もし善なら、そんなあさましい誘惑に、なぜ膝を屈するのだ。

どっちにしろ、やってしまえば、眼は恐れて、ろくに見ることも出来はしまい。

世間を騙すには、世間とおなじ顔色をなさらねば。

やってしまって、それで事が済むものなら、早くやってしまったほうがよい。

偽りの心のたくらみは、偽りの顔で隠すしかない。

「もう眠りはないぞ!」その声が城の中にこだましていた。

私の手も、おなじ色に、でも、心臓の色は青ざめてはいない、あなたのように。

一時間まえに死んでいたら、幸福な一生をすごせたろうに、
今を境に、この世に本物はなくなったのだ。

ここで何が喋れるというのだ?
錐の穴ほどの小さな隙間から、運命の神がこっちを窺っている。

生まれながらの気品というやつ、おれにはそれが恐ろしい。

ああ、おれの心のなかを、さそりが一杯はいずりまわる。!

一たび悪事に手を着けたら、最後の仕上げも悪の手にゆだねることだ。

怪しげな幻に惑わされるのも、荒行に慣れぬ若僧の恐怖心、
悪事となると、まだおれも、ほんの子供にすぎぬのだ。

ああ、この恐ろしいひととき、暦のなかで永久に呪われてあれ!

腹のなかだけで、いくら先手を打っても、行為がともなわねば、追越されてしまうだけだ。

希望と絶望とが同時にやって来て、どうしてよいのか。

何も知らぬ赤ん坊なら、いざ知らず、どこを見まわしても、笑えるものが何もない。

出来るだけ元気を出してくれ、どんな長夜も、かならず明けるのだ。

不自然な行為は不自然な煩いを生むものだ。

恐怖というものを、おれはほとんど忘れてしまった。
今はありとあらゆる恐ろしいことが、この身内に浸みこんでしまい、
何が起ろうと、人殺しのおれには日常茶飯事、もうぎくりともしないのだ。

人の生涯は動きまわる影にすぎぬ。あわれな役者だ。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
マクベス (新潮文庫)

→インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク