「海賊とよばれた男」の名言まとめました

「海賊とよばれた男(百田尚樹)」より名言をまとめていきます。

石油会社「国岡商店」の店主、国岡鐵造は敗戦により全てを失った。
会社の存続も危険な状態の中、一人の店員も首にしないことを誓うのだが。
出光興産の出光佐三氏をモデルとした作品です。

海賊とよばれた男(上)

敗戦の後

日本には三千年の歴史がある。
戦争に負けたからといって、大国民の誇りを失ってはならない。
すべてを失おうとも、日本人がいるかぎり、この国は必ずや再び立ち上がる日が来る。

こういう言葉が嫌いな方も多いだろう。私も決して好きではない。
しかし「大国民」という言い方は別として、世界に出たとき「自分は日本人だ」という気持ちは背中を押してくれる。
日本国内では「何県出身です」みないなもの。
自分の出身地を否定する人と私は意見が合わない。

会社にとって本当の財産とは

たしかに国岡商店の事業はすべてなくなった。残っているのは借金ばかりだ。
しかしわが社には、何よりも素晴らしい財産が残っている。一千名にものぼる店員たちだ。
彼らこそ、国岡商店の最高の資材であり財産である。
国岡商店の社是である「人間尊重」の精神が今こそ発揮される時ではないか。

私もこの「人」優先という考えが好きです。「物」は金さえあれば誰でも手に入る。
しかし「人」は有利不利はあれど、誰もが手に入れることは出来ない。
最近は人工知能ばかり取り上げられる。
これからを考えると必要なのは分かるが限界はある。
人工知能は最高の秀才にはなれても、天才にはならない。

トップに立つ者の決意

もし国岡商店がつぶれるようなことがあれば、ぼくは店員たちとともに乞食をする。

本作品の名言の一つ。
「乞食」自体に意味はない。あくまで覚悟を表している。
人に頭を下げる底辺まで落ちる覚悟です。
現在の「やとわれ社長」「2代目社長」「ITなどによる若手社長」等のうち、何人が本当の覚悟をもっているでしょうか?

銀行側の立場

銀行は単なる金貸しではない。
採算ある事業、たしかな未来のある事業と思えばこそ、融資もする。
ラジオのことを何も知らない経理部長が行って、銀行家を納得はさせられない。

これは現代でも同じこと。
「事業を起こすため融資してください」では、「はい分かりました」とはならない。
融資を受けるとは、相手に認めてもらうこと。自分という商品を買ってもらうこと。
普通に「これを買ってください」と言っても無理ですよね。

スポンサーリンク

仕事の意味

タンクの底を浚う事業はひとり国岡商店だけのためではない。
商工省の面子のためでもないし、こんなことで恩を売る気もない。
この事業を成功させることによって、GHQから日本に石油が配給されることになれば、これほど素晴らしいことはない。

戦後GHQからの嫌がらせとも言える、旧海軍の燃料タンクの底を浚う難事業に対して、鐵造が利益を度外視して協力した時に語ったこと。
大変な作業であることは始める前から分かっている。
利益にならないことも、ほぼ分かっていた。そして結果としても利益は出なかった。
しかし実行すれば、全体の利益になるということから作業を引き受けている。
この作業に利益がなくても、次につながる場合は受けることがある。
しかし今回は日本への利益はあれど、自分自身には何も起こらない。
なかなか出来ることではありません。
しかしこの作業は後々多くの困難を救うことになる。
欲をなくした作業にこそ、本当の価値があるのかもしれない。

組織にとって必要な人数とは

これは日本のすべての組織について言えることですが、日本ではまず「組織が先に作られ、トップが決まります。
そして下部組織が作られ、その管理者が決まります。
順次、そうして下部組織が作られていくために、最終的に非常に大きな組織になってしまうのです。
大事なことは、まずその仕事にどれくらいの人数が必要なのかということです。
そしてそれを適材適所に配置する。あとはそれを管理する上の者を最低限揃えればいい。

現代でも出来ている会社がどれほどあるだろうか?
なぜこんな簡単なことが出来ないか?
最大の理由は「管理者が上ではなく、ただの管理者でしかない」点にあると考える。
会社員をしていると誰もが出世を望みます。
最近は「責任を負いたくない」とかもありますが、多くは役職が上がることは喜びます。
しかしこの方式だと、管理者になっても苦労が増えるだけであり、ほとんどメリットがない。
人は会社の業績が伸びるよりも、自分の給料が上がることを喜ぶ。
この考え方を採用するには、組織全員の意識改革という高い壁を克服しなければならない。

人を見る目、人の価値

国岡はん、六千円は君の志にあげるんや。
そやから返す必要はない。当然、利子なども無用。事業報告なんかも無用。
ただし、条件が三つある。
家族で仲良く暮らすこと。そして自分の初志を貫くこと。
ほんで、このことは誰にも言わんこと。

鐵造の能力を認めていた日田(資産家)が贈った言葉になります。すごいですよね。
当時の六千円がどの程度かは、よく分からない。
しかし、かなり大きな家を売った金額になる。
それを当時無名の若者に「貸す」ではなく、「投資」でも無く、渡している。
最終的に成功するため美談になっているが、第三者の目から見れば無謀です。
ただ銀行のように成功するから融資するのではなく、可能性を見て人に投資するのは、社会における望ましい姿かもしれない。

人を応援することとは

なあ、とことんやってみようや。わしも精一杯応援する。
それでも、どうしてもあかなんだら...「一緒に乞食をやろうや」

一度資金援助した日田が、資金不足に陥った鐵造に再度の資金提供を伝えた時に話したこと。
人を応援する人はたくさんいる。
しかし自分と身内を犠牲にしてでも、人を応援できる人はほとんどいない。
これが正しいのかは私には分かりません。
自分が日田の身内なら、とても賛成しないでしょう。
しかしこんなことを言ってくれる人が一人でもいるなら、いかなる結果になろうとも、その人は人生の成功者といって間違いない。

海賊とよばれた男(下)

ひとりの正義とは

たとえ九十九人の馬鹿がいても、正義を貫くひとりがいれば、けっして間違った世の中にはならない。
そういう男がひとりもいなくなったときこそ、日本は終わる。

大勢の中で唯ひとり不条理な決議に対して反対した官僚に対して、鐵造が語ったこと。
組織の中では、正しいことではなく都合の良いことに決定する。
それは良し悪しではなく、みんなにとって都合の良いこと。
またそれは反対者や少数は切り捨てる考えでもある。それが間違っているわけではない。
それを間違いというのは、多数決を否定することになる。
ただ知っておきたいのは「多数決の結果が正しいわけではない」

利益よりも必要性を求めること

われわれはもう一度タンク底に戻るべきではないかと思う。
日本は今、重油を必要としている。そのために国岡商店は立つ。利益を考える必要はない。

原油の価格が上がっており、輸入しても利益が出ない状態になっている。
しかし鐵造は、利益はなくとも日本として重油が必要だからと輸入を決断している。
結果としては損失を出している。
会社として苦しい時に、この決断をするのが正しいのかは分からない。
同じ行動をして、倒産したら意味がない。
これは美談ですし私自身も好きですが、結果が悪ければ単なる笑い話になる。
ただ冷静な判断と計算の後、より多くの人のために決断出来るなら凄いことだ。

情報量について

いや、もうすでに十分すぎるほどの情報を得た。
これ以上慎重を期すれば、時宜を失う。コフマンが言っていたように、時は今だ。

他の重役たちが慎重になっている時に鐵造が語ったこと。
日本の組織は情報を重視する。
しかしその情報は、質ではなく量を重視するように感じる。
情報が多いことが悪い訳ではない。ただ多ければ混乱の原因になることもある。
不安を解消するために打ち合わせを行い、情報を収集ばかりしていると、何時までたっても不安などはなくならない。
そしていつもでたっても決定できない。
情報は必要なものを必要なだけ収集すればよい。
それ以外は、作業を進めながら必要に応じて追加していけばいいだけだ。
今回の鐵造のように、トップの一番大切な仕事は決断になる。

皆が恐れること

皆が恐れるからこそ、行くのではないか。リスクのない商売はない。

大勢と違うことをする、それは勇気がいる。まして危険を伴う場合はなおさらだ。
もちろん勇気と無謀は違う。今回の場合は無謀と言っていい状態だ。
本来ならするべきではないが、当時の国岡商店は外部勢力により苦境に陥っている。
それを打破するため、これは勝負に出るべきと判断している。
リスクのある仕事は、トップしか決断できない。

出来の悪い社員に対して

しかし、出来が悪いというだけで家族の縁を切ることがないように、国岡商店も首にはしない。
むしろ、そういう店員をいかにして教育していくかということが会社の使命ではないかと思っている。
出来の悪い社員を辞めさせ、すぐれた社員ばかりでやっていく、これを少数精鋭主義と呼んで尊重する風潮もあるが、そんなものは私に言わせれば、単なる利己主義である。

この考え方が成り立つには、上に立つ人への信頼感がすべてと考えている。
もしトップが誤魔化すような人なら絶対に不可能。すぐボロが出るでしょう。
逆にトップがしっかりしていると、自浄作用で成り立つことが可能になる。
また能力に関係なく首にされないという安心感が、希望に答えたいという社員側の気持ちを上げるとも考えられる。
現代の大企業では難しいかもしれない。
しかしこれぐらいやらないと現状は打破できない。

保険会社に対して

保険金で儲けようと思うことがあってはならん。
君は保険会社に行ったら、まずはお詫びの言葉を述べなさい。
そしてこの仕事をやりとげるためのベストを尽くしなさい。

部下が仕事に失敗したが、保健を掛けていたため請求を予定していた。
周りがより多くの保険金を得ようと考えていた時に、鐵造が語ったこと。
保健は掛けていても、何もなければゼロになる。
そのため損害が発生した時には、いかに多くの保険金を得るかと考える。
しかしそれは良くないと鐵造は考えている。
確かに自分が保険会社の立場なら、と考えれば分かります。
適正な処理をしたいと考えている時に、法外な要求をしてきたら反発したくなる。
逆に適正な要求をしてきた時、自分の出来る最善を尽くしたいと考えるのが人情というもの。
それを持っていない保険会社だった時、初めて対決姿勢を出せばいい。
正直なのはいいことばかりではないが、そうありたいものです。

言われたことのない言葉

自分は三十九年も仕えてきたにもかかわらず、一度も言われたことがない言葉がある。
それは、「儲けよ」という言葉だった。

長年鐵造に従えてきた人が語ったこと。
この言葉にすべてがある。会社は「儲けてなんぼ」というのが常識です。
しかし、「儲ければよい」という訳でもないのも常識です。
利益は求めなければ得られない。しかし、利益だけを求めても得られない。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
海賊とよばれた男 文庫 (上)(下)セット

→インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク