「死神の精度(伊坂幸太郎)」の名言まとめました

「死神の精度(伊坂幸太郎)」の名言をまとめていきます。

死神の精度

死神の制度

私は、人間の死についてさほど興味がない。(死神・千葉、以降無記入)

 

人の死には意味がなく、価値もない。つまり逆に考えれば、誰の死も等価値だということになる。だから私には、どの人間がいつ死のうが関係がなかった。

 

さっさと終わらせたいものだ。毎度のことながら思う。やるべきことはやるが、余計なことはやらない。仕事だからだ。

 

「つらい毎日?」
「いいえ。つらすぎる毎日」(藤木一恵)

 

「寿命はあるさ。ただ、誰もが寿命で死ぬとは限らないんだろうが」

 

床屋が髪の毛を救わないように、私は彼女を救わない。

死神と藤田

「仕事は本気でやるに決まっている」

 

吹雪と死神

一日、という単位は、あくまでも人間が作った単位に過ぎない。他の宿泊客にとっては、ひどく長い一日だったかもしれないが、私からすればあっという間の夜だった。

 

正直なところ、私が必死になり、真相を明らかにする必要はなかった。誰が死のうと、誰が誰を殺したのであろうと、関係もなければ、興味もない。

 

「いえ、僕は別にどうするつもりもないですよ。警察に行くつもりもないですし、こう言っては何ですが、みなさんのことはどうでもいいんですよ。忘れることにします」

 

恋愛で死神

無事に死ぬ、とは妙は表現かもしれないが、私たちからすればそういうことになる。

 

「俺は、思ったことはすぐに口にしてしまうんだ。人生なんていつ終わってしまうか分からないんだから、話は交わせる時に交わしておくべきだ」

 

「人間が作ったもので一番素晴らしいのはミュージックで、もっとも醜いのは、渋滞だ。それに比べれば、かたおもいなんていうものは大したものではない。そうだろ?」

 

旅路を死神

運が悪いのは、死神に選ばれたおまえのほうではないか、と教えてやりたかった。

 

「人が生きているうちの大半は、人生じゃなくて、ただの時間、だ」

 

人を殺した意識や実感がないのだろう。自分の置かれている状況に、真実味が持てていない。無邪気で、屈託がない、とも言えるが、愚かとも言える。

「想像力が足りないんだ」

 

「俺は困らないな。おまえが死んでも、困らない」

 

「人間はよく計算間違いをする」

 

「悪いな。俺は何を聞いても、驚かない」

 

「別に俺は、真実を知っているわけでもないし、真実が知りたいわけでもない。思いついたことを口にしただけだ」

 

死神対老女

「人間というのは、眩しい時と笑う時に、似た表情になるんだな」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Audible」対象作品。

アマゾンリンク
死神の精度

 

→重力ピエロ
→アヒルと鴨のコインロッカー
→半沢直樹の名言(池井戸潤)
→下町ロケット(池井戸潤)
→いま、会いにゆきます(市川拓司)
→ツバキ文具店(小川糸)
→コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)
→億男(川村元気)
→昨夜のカレー、明日のパン(木皿泉)
→ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)
→賢者の書(喜多川泰)
→手紙屋(喜多川泰)
→運転者(喜多川泰)
→スマホを落としただけなのに(志駕晃)
→ファーストラヴ(島本理生)
→かがみの孤城(辻村深月)
→朝が来る(辻村深月)
→R帝国(中村文則)
→神様のカルテ(夏川草介)
→最後の医者は桜を見上げて(二宮敦人)
→最後の医者は雨上がりの空に(二宮敦人)
→ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)
→ぼくはイエローでホワイトで、ちょっと
→火花(又吉直樹)
→劇場(又吉直樹)
→告白(湊かなえ)
→羊と鋼の森(宮下奈都)
→コンビニ人間(村田沙耶香)
→キッチン(吉本ばなな)
→東京タワー(リリー・フランキー)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました