「アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)」の名言まとめました

「アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)」の名言をまとめていきます。

アヒルと鴨のコインロッカー

腹を空かせて果物屋を襲う芸術家なら、まだ恰好がつくだろうが、僕はモデルガンを握って、書店を見張っていた。夜のせいか、頭が混乱しているせいか、罪の意識はない。(椎名)
(本作の書き出し)

 

「裏口から悲劇は起きるんだ」(河崎)

 

現在1

「さん、はいらない」
「呼び捨てにすると、親しく聞こえるだろ」(河崎)

 

二年前1

「僕たちは生まれ変わりを信じていて、死ぬのは怖くないから」(ドルジ)

 

「どうせ、いつかはみんな死ぬんだし、ポジティブでないとやってられないよ」(琴美)

現在2

「変人には二種類あるんだよね。敬遠したいタイプと、怖いもの見たさでしばらく付き合ってみたいタイプ」(椎名の叔母)

 

二年前2

「ほっとしたんだよね。あまり覚えてないけど。いろんな動物が騒々しい社会とは関係なくさ、のんびり暮らしているのをみてると、安心できて」(ドルジ)
(子供の時、動物園によく行っていた理由)

 

「善いことも悪いことも、やったことは、全部自分に戻ってくるんだ。今は違っても、生まれ変わった後で、しっぺ返しがくる」(ドルジ)

 

現在3

自分の臆病にはじめて対面した僕は、あまりの意外さにたじろいだ。自らの外見がとても醜いものになったのが、分かる。(椎名)

 

「口出しされたくないなら、痴漢なんてするなよ。少なくともわたしの前でやるなよ。誰かが不幸になるのは、まっぴらなんだって」(麗子)

 

二年前3

「見えもしないことを、勝手に想像して、行動するような真似はしない。それは傲慢だ」(琴美)

 

現在4

「生きるのを楽しむコツは二つだけ。クラクションを鳴らさないことと、細かいことを気にしないこと」(河崎)

 

二年前4

「自信は、経験と実績から来るんだ」(河崎)

 

現在5

「夜は人を残酷にするし、正直にもするし、気障にもする。軽率にするのよねえ」(椎名の叔母)

 

二年前5

「非常識な相手にはそれなりの態度を示していくべきですよね。変に気を遣って遠慮していると、相手は図に乗ってきますし」(椎名)

 

二年前6

アヒルと鴨か。悪くない表現だな。
よく似ている動物にも思えるけど、実際には、ぜんぜん違う。(琴美)

 

二年前8

「彼らは今の人生がすべてだとは思っていない」(河崎)

 

「生き甲斐を失った男は、きっと弱いでしょうしね」(琴美)

 

現在10

「理由はある。あるから、やった」(麗子)

 

二年前10

そうか、わたしは自覚している以上に脆いんだ。(琴美)

 

現在11

人というものは、行動すべき時に限って、億劫がるのかもしれない。(椎名)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
アヒルと鴨のコインロッカー

 

→重力ピエロ
→死神の精度
→半沢直樹の名言(池井戸潤)
→下町ロケット(池井戸潤)
→いま、会いにゆきます(市川拓司)
→ツバキ文具店(小川糸)
→コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)
→億男(川村元気)
→昨夜のカレー、明日のパン(木皿泉)
→ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)
→賢者の書(喜多川泰)
→手紙屋(喜多川泰)
→運転者(喜多川泰)
→スマホを落としただけなのに(志駕晃)
→ファーストラヴ(島本理生)
→かがみの孤城(辻村深月)
→朝が来る(辻村深月)
→R帝国(中村文則)
→神様のカルテ(夏川草介)
→最後の医者は桜を見上げて(二宮敦人)
→最後の医者は雨上がりの空に(二宮敦人)
→ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)
→ぼくはイエローでホワイトで、ちょっと
→火花(又吉直樹)
→劇場(又吉直樹)
→告白(湊かなえ)
→羊と鋼の森(宮下奈都)
→コンビニ人間(村田沙耶香)
→キッチン(吉本ばなな)
→東京タワー(リリー・フランキー)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました