「何者(朝井リョウ)」の名言まとめました

「何者(朝井リョウ)」の名言をまとめていきます。

何者

漢字をひらがなにする、たったそれだけのことで何者かになれた日々は、もう遥か昔のことのようだ。(二宮拓人)

 

想像力が足りない人ほど、他人に想像力を求める。他の人間とは違う自分を、誰かに想像してほしくてたまらないのだ。(拓人)

 

たとえ話がうまいから、まるで、まるごと正しいことを言っているように聞こえる。(拓人)

 

個人の話を、大きな話にすり替える。そうされると、誰も何も言えなくなってしまう。(拓人)

 

「でもそれって結局、自分ひとりじゃ生きていけない道を選んでるってことだよな」(宮本隆良)

 

どうして、就職活動をしないと決めた自分だけが何かしらの決断を下した人間なのだと思えるのだろう。(拓人)

 

そういうセリフを欲しているのがよくわかる。だから、俺は絶対に言ってやらない。(拓人)

本当の「がんばる」は、インターネットやSNS上のどこにも転がっていない。(拓人)

 

11

ほんとうにたいせつなことは、ツイッターにもフェイスブックにもメールにも、どこにも書かない。ほんとうに訴えたいことは、そんなところで発信して返信をもらって、それで満足するようなことではない。(拓人)

 

12

いくらこちらから願い下げだったとしても、最終的に選ばれなかったということは、そこまで選ばれていたのに決定的に足りない何かがあったというふうに感じてしまう。(拓人)

 

ESや筆記試験で落ちるのと、面接で落ちるのとではダメージの種類が違う。決定的な理由があるはずなのに、それが何なのかわからないのだ。(拓人)

 

「短く簡潔に自分を表現しなくちゃいけなくなったんだったら、そこに選ばれなかった言葉のほうが、圧倒的に多いわけだろ」

「だから、選ばれなかった言葉のほうがきっと、よっぽどその人のことを表してるんだと思う」(サワ先輩)

 

14

「最近思ったの。人生が線路のようなものだとしたら、自分と全く同じ高さで、同じ角度で、その線路を見つめてくれる人はもういないんだって」(田名部瑞月)

 

「十点でも二十点でもいいから、自分の中から出しなよ。自分の中から出さないと、点数さえつかないんだから」(瑞月)

 

「頭の中にあるうちは、いつだって、何だって、傑作なんだよな」(拓人)

 

「人生の中にまだまだ素敵なドラマを見つけられる光太郎をね、いちいち現実のことを考えなくちゃいけない私なんかが邪魔しちゃいけないって思ったの」(瑞月)

 

16

「就活は終わったけど、俺、何にもなれた気がしねえ」(神谷光太郎)

 

「いい加減気づこうよ。私たちは、何者かになんてなれない」(小早川理香)

 

「自分は自分にしかなれない。痛くてカッコ悪い今の自分を、理想の自分に近づけることしかできない。みんなそれをわかってるから、痛くてカッコ悪くたってがんばるんだよ」(理香)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
何者 (新潮文庫)

 

→居酒屋ぼったくり(秋川滝美)
→半沢直樹の名言(池井戸潤)
→いま、会いにゆきます(市川拓司)
→珈琲店タレーランの事件簿(岡崎琢磨)
→ツバキ文具店(小川糸)
→夜のピクニック(恩田陸)
→コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)
→億男(川村元気)
→ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)
→いなくなれ、群青(河野裕)
→その白さえ嘘だとしても(河野裕)
→汚れた赤を恋と呼ぶんだ(河野裕)
→凶器は壊れた黒の叫び(河野裕)
→夜空の呪いに色はない(河野裕)
→きみの世界に、青が鳴る(河野裕)
→君の膵臓をたべたい(住野よる)
→また同じ夢を見ていた(住野よる)
→よるのばけもの(住野よる)
→かくしごと(住野よる)
→青くて痛くて脆い(住野よる)
→麦本三歩の好きなもの(住野よる)
→天久鷹央の名言(知念実希人)
→かがみの孤城(辻村深月)
→神様のカルテ(夏川草介)
→最後の医者は桜を見上げて(二宮敦人)
→ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)
→火花(又吉直樹)
→ビブリア古書堂の事件手帖(三上延)
→告白(湊かなえ)
→羊と鋼の森(宮下奈都)
→コンビニ人間(村田沙耶香)
→キッチン(吉本ばなな)
→東京タワー(リリー・フランキー)
→蹴りたい背中(綿矢りさ)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました