「賢者の書(喜多川泰)」の名言まとめました

「賢者の書(喜多川泰)」の名言をまとめていきます。

賢者の書

第一の賢者

「お前がひとつの行動を起こす。そうすると、それに対してピースがひとつもらえる。人生というのは、単にこの連続でしかない」

 

「人間は失敗したと思うと次の失敗を恐れるようにできている。そして、失敗を恐れる心が、人間から行動を奪ってしまう」

 

行動の結果として我々が手に入れるものは、成功でもなければ、失敗でもない。

大切なのは、必要なピースを集めるためにできるだけ多くの行動を起こすこと、そして、行動の結果返ってきたものをよく見て、どうやってこれを使うのかを考えることだ。

第三の賢者

「賢者たるもの、自尊心を常に高く保たねばならん。いつも自らがかけがえのない唯一無二の存在であるということを自覚しなければならない」

 

「自分を他人よりも価値のないものとして卑下してはいけない。自分を他人よりも優れているものとして傲慢になってもいけない」

 

第四の賢者

「大切なのは、何になりたいのかではないのだ。何になろうとかまわんが、どんな人間になりたいのかなんだ」

 

第五の賢者

「人間は自らが努力して創り上げたものの上にしか、安心して立つことはできんものだからな」
「たとえどんなに素晴らしいものであっても、他人のつくったものの上では落ちつかんものだ」

 

「人間は、今この瞬間しか生きることはできない。そのことを正しく理解する者だけが人生において成功をおさめることができる」

 

第八の賢者

「人は病気によって生きる希望をなくすわけではないの。言葉によって生きる希望をなくすのよ」

 

人生は、言葉によってつくられている。

 

発見

人はどこにいても、何をしていても人生の旅路の途中にいるのだ。

 

最後の賢者

人生において欲しいものを手に入れるためには、手に入れたいと思うものを与える側にならなければならない。

 

感動の多い人生は間違いなく幸せな人生である。
人に感動を与える生き方をすることこそ、本当に感動的な生き方なのだ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年8月15日現在)

アマゾンリンク
賢者の書

 

→手紙屋
→運転者
→半沢直樹の名言(池井戸潤)
→下町ロケット(池井戸潤)
→重力ピエロ(伊坂幸太郎)
→アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)
→死神の精度(伊坂幸太郎)
→いま、会いにゆきます(市川拓司)
→ツバキ文具店(小川糸)
→コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)
→億男(川村元気)
→昨夜のカレー、明日のパン(木皿泉)
→ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)
→スマホを落としただけなのに(志駕晃)
→ファーストラヴ(島本理生)
→かがみの孤城(辻村深月)
→朝が来る(辻村深月)
→R帝国(中村文則)
→神様のカルテ(夏川草介)
→最後の医者は桜を見上げて(二宮敦人)
→最後の医者は雨上がりの空に(二宮敦人)
→ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)
→ぼくはイエローでホワイトで、ちょっと
→火花(又吉直樹)
→劇場(又吉直樹)
→告白(湊かなえ)
→羊と鋼の森(宮下奈都)
→コンビニ人間(村田沙耶香)
→キッチン(吉本ばなな)
→東京タワー(リリー・フランキー)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました