「ファーストラヴ(島本理生)」の名言まとめました

「ファーストラヴ(島本理生)」の名言をまとめていきます。

ファーストラヴ

「動機はそちらで見つけてください」(聖山環菜)
(報道されたコメント)

 

「たしかに、ちょっと、違う言い方はしたけど」

「動機はなんだって訊かれたときに、動機は自分でも分からないから見つけてほしいくらいですって。そういうふうには言いました」(環菜)
(本人が実際に話したコメント)

 

「だから俺らは本当に見つけなくちゃならないんですよ。あの家庭になにが起きていたか」(庵野迦葉)

 

「私たち、本当は協力できるほどお互いのことを許してないでしょう?」(真壁由紀)

 

「正直、僕はあんまり好きじゃないかな。かぎりなくリアルに近い表現をしてるのに、リアルを肯定してない感じがするよ」(真壁我聞)

「結局、賀川君は環菜ちゃんのなにを理解していたんだろうな」(迦葉)

 

「ええ、男の人にはけっして分からないと思います。たとえ環菜が私を必要としていなくても、私が環菜を好きなかぎり、彼女を守る」

「初めて彼女から私に声をかけてきてくれたときに、自分自身に誓ったんです」(臼井香子)

 

「この世界ってさ、どんな親でも死んだら子供は心が動くって信じてる人間が大多数だろ。それって本当に本当なのか」(迦葉)

 

「だって、嘘は」
「嘘はつくしかなかったのに」(環菜)

 

「私が嘘をつくことで母は安心してました」(環菜)

 

「あの人なら私を傷つけないかもしれない」(由紀)

 

名付けとは、存在を認めること。存在を認められること。(由紀)

 

「あなたはたしかに自分の父親を殺した。だけどその前に、あなたの心をたくさんの大人たちが殺した」(由紀)

 

「たしかに結果は大事だ。だけど、たとえ刑期が多少短くなったところで、納得いかない理由を押しつけられた記憶や理不尽は死ぬまで残る」(迦葉)

 

「女の子のまわりにはいつだって偽物の神様がたくさんいるから」(由紀)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Audible」対象作品。

アマゾンリンク
ファーストラヴ

 

→半沢直樹の名言(池井戸潤)
→下町ロケット(池井戸潤)
→重力ピエロ(伊坂幸太郎)
→アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)
→死神の精度(伊坂幸太郎)
→いま、会いにゆきます(市川拓司)
→ツバキ文具店(小川糸)
→コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)
→億男(川村元気)
→昨夜のカレー、明日のパン(木皿泉)
→ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)
→賢者の書(喜多川泰)
→手紙屋(喜多川泰)
→運転者(喜多川泰)
→スマホを落としただけなのに(志駕晃)
→かがみの孤城(辻村深月)
→朝が来る(辻村深月)
→R帝国(中村文則)
→神様のカルテ(夏川草介)
→最後の医者は桜を見上げて(二宮敦人)
→最後の医者は雨上がりの空に(二宮敦人)
→ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)
→ぼくはイエローでホワイトで、ちょっと
→火花(又吉直樹)
→劇場(又吉直樹)
→告白(湊かなえ)
→羊と鋼の森(宮下奈都)
→コンビニ人間(村田沙耶香)
→キッチン(吉本ばなな)
→東京タワー(リリー・フランキー)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました