「運転者(喜多川泰)」の名言まとめました

「運転者 未来を変える過去からの使者(喜多川泰)」の名言をまとめていきます。

運転者

運転手

「それに世の中のすべてのことが言葉で説明できるわけではないですよ。そういうこともあるってことです」(タクシー運転手、以降無記入)

 

「そうですか。そんな人の運を変えるのが私の仕事です」

 

「頑張る?」。その言葉すらよくわからなくなっていた。(岡田修一)

 

ポイントカード

「運が劇的に変わるとき、そんな場、というのが人生にはあるんですよ。それを捕まえられるアンテナがすべての人にあると思ってください」

「そのアンテナの感度は、上機嫌のときに最大になるんです。逆に機嫌が悪いと、アンテナは働かない」

 

「だから、運がいい人なんていないし、運が悪い人なんていない。運はそういうものじゃないんですよ」

 

「運は後払いです。何もしていないのにいいことが起こったりしないんです」

 

「とにかく頑張っても報われないときは運が貯まっているんですよ」

幸せの種

「人生において『誰のせいでこうなったと思ってるんだ』なんてセリフ、二度と使っちゃダメですよ。だってね、あえて言うとですね、あなたのせいでそうなったんですから」

 

「そりゃあ変わりますよ。この前はそういう未来を手にするチャンスがあったのに逃してしまったんですから。その未来はもうやってこないですよ」

「人生にはいろんなチャンスがあるってことです」

 

「だからそのきっかけを生む方法を知っておかなければ、すべての運は通り過ぎていくだけで、奇跡を起こす種すら手に入らないんです」

 

「基本姿勢が不機嫌な人に、毎日の人生で起こる幸せの種を見つけることなんてできない。ただそれだけです」

 

「たとえ今考えている最悪のシナリオ通りの日がやってきたとしても、そのどん底からまた始める勇気さえあれば、いつか必ずさっきのセリフを言う日が来るんですよ」

「『あそこが始まりだったな』です」

 

TAXI

「上機嫌でいるというのは、楽しいことを期待するのではなく、起こることを楽しむと決めるということなのかもな」(修一)

 

実際あるけど、絶対ない

「実際、世の中は誰かが頑張る姿からもらったエネルギーの集合体なんですよ。結果からもらったエネルギーの集合体じゃない」

 

「自分の人生にとって何がプラスで何がマイナスかなんて、それが起こっているときには誰にもわかりませんよ」

 

「本当のプラス思考というのは、自分の人生でどんなことが起こっても、それが自分の人生においてどうしても必要だから起こった大切な経験だと思えるってことでしょう」

 

最後のレッスン

「まずは、自分が恵まれているということに心から気づけること。そこから始まります」

 

エピローグ

「起こった直後は『最悪』と思っても、時間が経って考えてみると『むしろよかったんじゃないか』って思えることばかりですからね、人生なんて」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年8月2日現在)

アマゾンリンク
運転者 未来を変える過去からの使者

 

→賢者の書
→手紙屋
→半沢直樹の名言(池井戸潤)
→下町ロケット(池井戸潤)
→重力ピエロ(伊坂幸太郎)
→アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)
→死神の精度(伊坂幸太郎)
→いま、会いにゆきます(市川拓司)
→ツバキ文具店(小川糸)
→コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)
→億男(川村元気)
→昨夜のカレー、明日のパン(木皿泉)
→ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)
→スマホを落としただけなのに(志駕晃)
→ファーストラヴ(島本理生)
→かがみの孤城(辻村深月)
→朝が来る(辻村深月)
→R帝国(中村文則)
→神様のカルテ(夏川草介)
→最後の医者は桜を見上げて(二宮敦人)
→最後の医者は雨上がりの空に(二宮敦人)
→ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)
→ぼくはイエローでホワイトで、ちょっと
→火花(又吉直樹)
→劇場(又吉直樹)
→告白(湊かなえ)
→羊と鋼の森(宮下奈都)
→コンビニ人間(村田沙耶香)
→キッチン(吉本ばなな)
→東京タワー(リリー・フランキー)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました