「文鳥(夏目漱石)」の名言まとめました

「文鳥(夏目漱石)」の名言をまとめていきます。

文鳥

斯様にして金は慥に三重吉の手に落ちた。然し鳥と籠とは容易にやって来ない。

 

こう一切万事調えて置いて、実行を逼られると、義理にも文鳥の世話をしなければならなくなる。内心では余程覚束なかったが、まずやってみようとまでは決心した。

もし出来なければ家のものが、どうかするだろうと思った。

 

文鳥は眼をぱちつかせている。もっと早く起きたかったろうと思ったら気の毒になった。

 

静かな時は自分で紙の上を走るペンの音を聞く事が出来た。
筆の音に淋しさと云う意味を感じた朝も昼も晩もあった。

 

さすがに文鳥は軽いものだ。何だか淡雪の精の様な気がした。

 

文鳥は嘴を上げた。咽喉の所で微な音がする。又嘴を粟の真中に落す。又微な音がする。その音が面白い。静かに聴いていると、丸くて細やかで、しかも非常に速かである。

菫程な小さい人が、黄金の槌で瑪瑙の碁石でもつづけ様に敲いている様な気がする。

 

その日は一日淋しいペンの音を聞いて暮した。その間には折々千代々々と云う声も聞こえた。文鳥も淋しいから鳴くのではなかろうかと考えた。

 

小説は次第に忙しくなる。朝は依然として寝坊する。一度家のものが文鳥の世話をしてくれたから、何だか自分の責任が軽くなった様な心持がする。

家のものが忘れる時は、自分が餌をやる水をやる。籠の出し入れをする。しない時は、家のものを呼んでさせる事もある。自分は只文鳥の声を聞くだけが役目の様になった。

 

日数が立つに従って文鳥は善く囀る。然し能く忘れられる。

 

世の中には満足しながら不幸に陥って行く者が沢山ある。

 

自分は机の方へ向き直った。そうして三重吉へ端書をかいた。

「家人が餌を遣らないものだから、文鳥はとうとう死んでしまった。たのみもせぬものを籠へ入れて、しかも餌を遣る義務さえ尽さないのは残酷の至りだ」と云う文句であった。

 

午後三重吉から返事が来た。文鳥は可哀想な事を致しましたとあるばかりで家人が悪いとも残酷だとも一向に書いてなかった。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
文鳥・夢十夜 (新潮文庫)

 

→吾輩は猫である
→坊っちゃん
→草枕
→三四郎
→それから
→門
→こころ
→羅生門(芥川龍之介)
→鼻(芥川龍之介)
→芋粥(芥川龍之介)
→蜘蛛の糸(芥川龍之介)
→杜子春(芥川龍之介)
→蜜柑(芥川龍之介)
→トロッコ(芥川龍之介)
→山椒魚(井伏鱒二)
→檸檬(梶井基次郎)
→雪国(川端康成)
→五重塔(幸田露伴)
→蟹工船(小林多喜二)
→堕落論(坂口安吾)
→白痴(坂口安吾)
→人間失格(太宰治)
→晩年(太宰治)
→斜陽(太宰治)
→山月記(中島敦)
→李陵(中島敦)
→名人伝(中島敦)
→金閣寺(三島由紀夫)
→憂国(三島由紀夫)
→花ざかりの森(三島由紀夫)
→銀河鉄道の夜(宮沢賢治)
→舞姫(森鴎外)
→ドグラ・マグラ(夢野久作)
→みだれ髪(与謝野晶子)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました