金田一耕助の名言・台詞まとめました

探偵・金田一耕助(横溝正史作品)の名言・台詞をまとめていきます。

獄門島

第一章

「なに、ぼ、ぼくはどうせ遊んでいるんですから」

 

第二章

「和尚さん、ごらんなさい。この吸い殻はひどく暗示的ですよ」

 

あれは犯人の単なるこけおどしであったのだろうか。
そうは思わぬ。あそこにああして逆さまに、○○の体をつるしていったということに、なにかしら、深い意味があるのではあるまいか。

 

気ちがいである。まったく気ちがいの沙汰である。
しかしこの獄門島全体が、どこか狂ったところがあるのだから、ああいう常軌を逸したやりくちにも、犯人にとっては、それは相当の深い理由とたくらみがあるのではなかろうか。

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

第三章

ポクポクと眠りを誘うような木魚の音が、だらけたいまの気持ちにとって、まことに快いのである。
それはまるで、怠けろ、怠けろと、だらけた心を、いっそう誘惑するようであった。

 

「いや、逃げるのはよしましょう。逃げたところで、テンモーカイカイですからな」

 

第四章

「もし犯人が気ちがいでないならば、そして、これらのこけおどしに、なにか深い意味があるならば、その意味が解けるときこそ、事件のなぞが解けるときです」

 

「清水さん、ぼくの眼を見てください。それから、あの吊り鐘を見てください。あの吊り鐘にちかっていいます」
「ぼくの眼を見てください。うそをいってるように見えますか」

 

「いや、ちょ、ちょ、ちょっと待ってください。おふたりとも、しばらく黙っていてください。ぼ、ぼくはたいへんな思いちがいをしていた」

「もし、そうだとすると、……ちょ、ちょ、ちょっと、ぼくに考えさせてください……」

 

「まあ、自業自得というところでしょう。もっとも、我が輩はメイ探偵であるなんて名乗りは、ちとあげにくいですからな」

 

「いやいや、そういうわけではありません。ぼくはただ、あらゆる可能性を考えているんです。そして気ちがいといえども、われわれの関心から、除外したくないのです」

 

「そこになにか、意味があるのかないのか……ぼくはそのことを考えているんです」

 

「警部さん、犯人がそいつかもしれぬという説にはぼくも同意します。しかし、殺人の動機については、とてもそんな単純なものとは考えられない」

「犯人がその男にしろ、その男でないにしろ、そこにはもっとすさまじい、奥底のふかい動機があるにちがいないんです」

 

第六章

「そう、恐ろしいやつです。一晩に一人ずつ三晩つづけて……確実に、冷血に……一分の狂いもなく計画を遂行していったのです」

 

おお、なんということだ。なんという恐ろしい。気ちがいじみたこの道化。……おお、大地がゆれる。海がもえる。空がきらめく。

 

「気が……気が、……気がちがっている! 気が……キが、……そうだ、たしかにちがっている。ああ、おれはなんというバカだったろう」

 

第七章

「いまにわかります。手品の種明かしをしてお眼にかけようというのですよ」

 

「ぼくはバカだったのです。この島へついたときから、いやこの島へつくまえから、そのことに気がついていなければならなかったのです」

 

「それは恐ろしいことでした。気の狂いそうな発見でした」

「あまり気ちがいじみて、自分でもそれを信じるのが怖かったくらいです。しかしいかにぼくの感傷がそれを拒否しようとしても、厳然たる事実は動かすことはできません」

 

エピローグ

そうだ、それでいいのだ。ここは他国もののながく住むべきところではない。

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

八つ墓村

第一章

「あなたのような恐ろしい立場におかれた人も珍しい。私があなただったら、生涯の記念として、この三か月の経験を書きとめておきますね」

 

第二章

「むろん、迷信ですよ。しかし迷信だからいっそう怖い。理屈では説き伏せられない頑冥さですからね」

 

第三章

「まあまあ、警部さん、この事件はね、だれが犯人であるにしろ、一朝一夕には解決しませんよ。なぜといって動機が皆目わかっていない」

「犯人はいったい何をたくらんでいるのか。……それが判明するまでは、そうむやみに、短兵急に責めてもだめですよ」

 

第四章

「そう、警部さん、あなたのおっしゃるとおりかもしれません。しかし……ひょっとすると、そうでないかもしれないのです」

 

「犯人がわざと落としていったのか、それとも余人が、なにかためにするところがあっておいていったのか、いずれにしても犯人の意図、あるいは意図らしくみせかけようとするところのものが、これでいくらかハッキリしたわけですね」

 

「犯人ははじめてヘマをやらかしたんです。辰弥さん、あなたにはそれがわかりませんか。わかりそうなもんですがねえ」
「いえ、ひょっとすると、あなたにはわからないのがあたりまえかもしれない」

 

第六章

「だから危険を冒すには冒すだけの、効果を期待しているはずなのだが、それがなんだかわからない……」

 

「相好がくずれているのでハッキリ識別することはできません。しかし、これが◯◯◯◯でなかったら、私は首をあげてもいい」

 

第8章

「こんどのこの事件ほど、手こずったことはありません。謙遜ではなく、私はあえて告白しますが、こんどのこの事件では、ぼくにいいところは少しもなかった」

「私という人間がいなくても、この事件はしぜんと終息し、犯人もしぜんと刑罰をうけていたにちがいないのです」

 

「殺人事件で動機がうまく隠せたら、犯人の計画は半ば以上成功です」

 

「われわれ凡愚の人間は、精神的には終始、人殺しをしているようなものなんです」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

犬神家の一族

第一章

美人もここまでくるとかえって恐ろしい。戦慄的である。

 

私立探偵と依頼人との関係は、懺悔僧と懺悔人との関係も同じことである。

 

ところがどうだろう。こんどの事件の場合は、依頼人は自分の面前へ現われるやいなや殺されてしまったのだ。しかも、自分の部屋で……。

これほど大きな屈辱があるだろうか。

 

「いやはや、ど、ど、どうもどうも、……名探偵、逆に探偵されるというわけですな」

 

「いや、ぼくにとっちゃ実にいい教訓になりましたよ」
「実はね、これで相当うぬぼれがあって、金田一耕助といやあ、名声天下にかくれなし……てえくらいの自信はもっていたんですからね」

 

第二章

「いいや、ぼくは疑っているのじゃないのです。ただ、可能性を追求しているんです」

 

「こ、こ、これは実に興味のある事件ですな。犯人がだれにしろ、そいつはけっして自分だけが、焦点のなかにうきあがってくるようなヘマはやらないのですね」

 

第四章

「そこまではぼくにもわかりませんよ。しかし、かばわれているのがだれにしろ、この家に住んでる人物にちがいないことだけはたしかでしょうね」

「なぜといって、疑問のXの行動は、すべて注意を、外に向けようとするところにあるんですからね」

 

第五章

「それは私にもわからない。それがわかれば、あるいはこの事件はかたがつくのじゃないでしょうか」
「いずれにしてもその男は、犬神家のなにかふかい縁故のある人物にちがいありませんよ」

 

第六章

そうだ。この連続殺人は、なにかしら犬神家の嘉言、あるいは家宝に深い関係があるにちがいない。そして犯人は故意に、そのことを誇示しようとしているのだ。

 

「どういう意味か、……それをぼくも考えているんです」

 

「そ、それですよ、け、刑事さん、ぼくが非常に興味をおぼえているのは」
「……ひょっとすると刑事さんたちのやることは、万事そいつに筒抜けになっているのかもしれませんよ」

 

第七章

「いやあ、どうもせんのです。それだけの話ですがね。しかし、ぼくにはどうも変に思われてしかたがないのです」

 

「署長さん、そうですよ、子どもだましの判じ物なんですよ。しかし、犯人は、被害者の肉体をもって、斧を暗示しようとしたのです」

 

第八章

三十年という歳月は、ひとさまざまの運命の筬を織るのである。

 

「ド、ド、どういう意味も、コ、コ、こういう意味もありませんよ」
「コ、コ、このひとは犯人じゃないのですね。タ、タ、たぶんこのひとは、あくまで自分が犯人だといいはるでしょうけどね」

 

「わかりました。ぼくもだいたいそうじゃないかと思ったんですが、それにはあまりにも多くの偶然を、計算に入れなければならないものですから……」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
獄門島 (Kindle)

 

→獄門島
→八つ墓村
→犬神家の一族

→シャーロック・ホームズの名言
→ジョン・H・ワトスンの名言
→ジェームズ・モリアーティ教授の名言
→エルキュール・ポアロの名言
→アルセーヌ・ルパンの名言
→エラリー・クイーンの名言
→ドルリー・レーンの名言
→ファイロ・ヴァンスの名言
→オーギュスト・デュパンの名言

→明智小五郎の名言
→加賀恭一郎の名言
→湯川学の名言

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

11_人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました