「孫子の兵法」の名言まとめました

「孫子の兵法(安藤亮)」より名言をまとめていきます。

歴史上、最高の兵法書の一つである「孫子」
しかしここに必勝の方法は載っていない。載っているのは戦いにおける心構えと考え方。
だからこそ普遍の名著になっている。戦う人と戦いたくない人、必見の一冊。

始計第一

冒頭の言葉

孫子曰わく、兵は国の大事にして、死生の地、存亡の道なり。察せざるべからざるなり。

孫子の一番最初に出てくる言葉です。
文中の「兵」は「戦争」と置き換えてください。
争いは非常に危険である。そのため慎重に決定しないといけない。
決して逃げろとは書いていない。
孫子という書物は、当時の君主に対して提出されたもの。
そのため一番最初に、釘を刺していることに意味がある。

戦いは常に変化する

兵は詭道なり。

この言葉が独り歩きすることがある。
戦いとは騙すことに本質があると勘違いされている。
ここで著者の注釈をそのまま転記する。
「戦いというものは、あるいは事業というものは、一本調子の定石通りの場合はないもので、似ても似つかぬ変わったかたちで遭遇することが多いものであります」
このように定石だけではなく、変化も発生すると解釈したい。

戦いの基本

故に能くすれども、之に能くせざるを示し、
用うれども、之に用いざるを示し、
近けれども之に遠ざかるを示し、遠ざかるも之に近づくを示し、
利して之を誘い、乱して之を取り、実すれば之に備え、強ければ之を避け、
怒らせて之をたわしめ、卑しくして之を驕らしめ、
佚すれば之を労し、親しみては之を離し、
其の備え無きを攻め、其の不意を出ず。

それぞれについての対策が書かれている。
そして孫子の基本的な考え方。
戦いは正攻法が基本だが、スポーツではないため正々堂々などに意味はない。
本当の力を見せる必要はないし、情報を開示する必要もない。
不正は問題だが、正しくある必要はないのです。

事前の勝算

夫れ未だ戦わざるに廟算して勝つ者は、算を得ること多きなり。
未だ戦わずして廟算して勝たざる者は、算得ること少なきなり。
算多きは勝ち、算少なきは勝たず。然るを況んや算無きに於いてをや。
吾、此れを以って之を観れば、勝負見わる。

文章は分かりにくいが、簡単に言えば「勝算のあるほうが勝つ」
勝算といっても物量ではなく、「人、物、金、時期」など全てを含んだ総括になる。
「そんなものは分かっている」とほとんどの方が言われるだろう。
しかし本当にそうでしょうか?
「分かっている、知っている」と「出来ている、行動済み」はまったく異なる。
たとえば店をオープンするとして、
私はこれが好きだから売れるはず(リサーチしてる?)
私は頑張っているから、お客さんにも喜んでもらえるはず(他人は自分に興味がある?)
資金は自己資金と親の援助で大丈夫(ランニング資金は計算済み?)
人気の商品だから大丈夫(流行が終わった後は?)
店を大きくしたい(協力者は確保しているの?)
このように多くの人は思いばかり先行し、これからのことはおろそかでは?
個人で行う分には自己責任です。
しかし他者を巻き込む争いにおいて、これでは話にならない。

作戦第二

一度決めたこと

故に兵は拙速を聞く。未だ巧の久しきを賭ざるなり。

多くの人がこの言葉を間違って覚えているのでは?
「拙速は巧遅に勝る」という言葉が広まっている。
そのため出来が良くて遅いより、出来が悪くても速いほうがよいと覚えている。
しかしこれだと、先程の勝算が多いほうが勝つという考え方と矛盾する。
私としては本書に書かれている考え方を支持する。
「慎重な検討のうえ、成算ありと見て始めた戦いは、その細部に少しぐらいもっといい方法がありそうに思っても、出来るだけ初志貫徹で行って長期戦にならないようにすることだ」
実社会(会社)において、「決まったことに対して、あーでもない、こーでもない」と言ってる人が多過ぎる。

スポンサーリンク

謀攻第三

常勝

この故に百たび戦って百たび勝つは、善の善なる者に非ざるなり。
戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。

百回戦って百回とも勝つことが良くない、という意味ではない。
全てを戦いで解決してはいけないと諭している。
戦闘や戦争は、それ自体が目的ではない。
目的は政治的な何かを達成することであり、戦闘は目的を達しやすくする手段に過ぎない。
話し合いだけでこちらの希望が通るなら、それに越したことはないのです。

実際に戦うのは最後の手段

故に上兵は謀を伐つ。其の次は交わりを伐つ。其の次は兵を伐つ。

最高の戦い方は相手の作戦を事前に察知し、裏を取る戦いのこと。
相手が策略をめぐらしたとする。
そうすると途中で変えることが困難になり、察知できれば簡単に勝つことが出来る。
これは味方側も注意すべきこと。
相手に読まれるような作戦は負けの原因になるため、必要以上の奇策は行うべきではない。
次は相手を分けることで、勝ちやすくしてから戦うべき。
そして最終手段として、実際に戦うことを選択する。
戦いは正しい選択ではないのです。

上に立つものの意見

故に軍の、君に患うる所以の者三つあり。
軍の以て進む可からざるを知らずして、之に進めと謂い、軍の以て退く可からざるを知らずして、之に退けと謂う、是れを軍をつなぐと謂う。

「君に患うる」とは君主の問題と捉えてください。
現代では、机に座っているだけのトップもしくは上司と考えると分かりやすい。
進んではいけないのに進めと言い、退いてはいけないのに退けと言うのは、現場の人たちの動きを封じることになる。
初期計画時はともかく、遠く離れた現場の動きを封じてはいけないのです。

知るべきこと

故に曰わく、彼を知り己れを知れば、百戦して危うからず。
彼を知らずして己れを知れば、一たびは勝ち一たびは負く。
彼を知らず己れを知らざれば、戦う毎に必ず敗る。

孫子といえばこれ、と言うぐらい有名な言葉です。
しかし多くの人は後半を知らないのでは?

戦い始める前

孫子曰わく、昔の善く戦う者は、先ず勝つ可からざるを為して、以て敵の勝つ可きを待つ。

戦いは勝つべき体制を整えた後、相手にスキが生じるのを待つのが戦い上手。
戦いは常に、自分だけでも相手だけでもない比較の上に成り立っている。
強いだけでは勝てないのです。

スポンサーリンク

軍形第四

一番良い勝ち方

勝ちを見ること衆人の知る所に過ぎざるは、善の善なる者に非ざるなり。
戦い勝ちて天下、善と曰うは、善の善なる者に非ざるなり、故に秋毫を挙ぐるは多力と為さず、日月を見るは名目と為さず、雷霆を聞くは聡耳と為さず。
古の謂わゆる善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり。

少し分かりにくい内容ですね。
誰の目にも勝ちが見えている場所での勝利も、世間で褒められるような難しい戦いに勝利してもそれは凄いことではない。
本当に凄いのは、誰も気づかない方法で簡単に勝つ人こそ素晴らしい。
勝てる戦いを常に勝つのは当たり前。また常に接戦では次につながらない。
難しい戦いを、簡単な方法に置き換えて勝つ人こそ素晴らしい。

無名の人

故に善く戦う者の勝つや、智名も無く、勇功も無し。

難しいことでも簡単に勝つ人は、知力が優れているとも勇気があるとも言われない。
このように戦える人は国や組織の至宝となる。

兵勢第五

先ず正攻法あり

凡そ戦は、正を以て合い、奇を以て勝つ。
故に善く奇を出す者は、窮まりなきこと天地の如く、つきざること江河の如し。

孫子の基本を少数を以て多数に勝つ方法と考えている人がいる。
しかし孫子の基本は正攻法。正攻法で勝てないような戦いは、初めからしてはいけない。
また正攻法で始めても奇策も交える必要はある。
この奇策が無限に出るようでなければ、勝利は望めない。

虚実第六

全てに備えること

故に前に備うれば則ち後に寡く、後に備うれば則ち前に寡く、
左に備うれば則ち右に寡く、右に備うれば則ち左に寡く、備えざる所無ければ、
則ち寡からざる所無し。寡き者は人に備うる者なり。
衆き者は人をして己れに備えしむる者なり。

守る場合、前に備えれば後ろが弱くなる。
このように集中すれば弊害が生まれ、全部に備えれば全てが弱くなる。
そのため守る側は、攻める側の攻撃範囲を狭めるのが好ましい。
攻める側は守る側に、多くを守らせることが好ましいとなる。
全てを守ることも、全てを攻めることも愚策な点に注意のこと。

兵のあるべき姿

夫れ兵の形は水に象る。
水の形は、高きを避けて下におもむき、兵の形は、実を避けて虚を撃つ。
水は地に因りて流を制し、兵は敵に因りて勝を制す。
故に兵には常の勢無く、水に常の形なし。
能く敵に因りて変化して勝を取る者、之を神と謂う。
故に五行には常の勝無く、四時には常の位無く、日には短長有り、月には死生有り。

私が一番好きな言葉です。
この中でも「兵に常勢無く、水に常形無し(略)」は名文です。
多くの人が、孫子を読んだらビジネスなどに応用できると考えているが大間違い。
読むだけでは何も変わらず、全て記憶しても役に立たない。
現代の人にとって目新しいことは何も無く、また相手も同じことを知っている。
それではまったく役に立たないかといえば、それも大間違い。
もし本質が理解できれば、これほど有意義な書物は無い。
2000年以上も世界中で読まれ、現代でも読まれている。
何故でしょうか?
それは「正しい答えは常に変化するものだから考えろ」と色々な方向から示唆しているためだと考えている。
じゃんけんと同じです。どれも何かに勝ち何かに負ける。
1回勝負に必勝法は無い。しかし3回勝負なら必ず勝つ人がいる。
なぜなら1回目の相手の手より判断して、予測を立てることが出来るから。
そのため、少なくとも2勝1敗にすることができる。
孫子では、少し相手にちょっかいを出し、出方を見ることを重視している。
それにより反応を確認し、今後の対策を立てることが大切となる。

スポンサーリンク

軍争第七

風林火山

故に兵は詐を以て立ち、利を以て動き、分合を以て変と為す者なり。
故に其の疾きこと風の如く、其の徐なること林の如く、侵略すること火の如く、
動かざること山の如く、知り難きこと陰の如く、動くこと雷震の如し。

有名な武田信玄の旗印である風林火山の語源になった言葉です。
意外と前半と後半は知らないのでは?
特別役に立たないが、知識として知っておきたい。

気持ちの動き

是の故に朝の気は鋭く、昼の気は惰り、暮の気は帰わる。
故に善く兵を用うる者は、其の鋭気を避け、其の惰帰を撃つ。
此れ気を治むる者なり。

人にも組織にも気の流れがあり、それに合わせて作戦を立てること。
しかし紀元前の昔に、気持ちに目を向けることが凄い。
命令で矯正するのではなく、事実に目を向けている。
こういう点が現代でも読まれている所以では無いだろか?

九変第八

人の弱点

故に将に五危有り。必死は殺す可きなり。必生は虜にす可きなり。
忿速なるは侮る可きなり。廉潔なるは辱しむ可きなり。民を愛するは煩わす可きなり。
凡そ此の五つの者は、将の過なり。兵を用うるの災なり。
軍を覆えし、将を殺すこと、必ず五危を以てす。察せざる可からざるなり。

将にとって、
必死なら余裕がなくなり倒されてしまう。
逃げ腰なら捕まってしまう。
怒りっぽいなら侮られる。
潔癖な人は恥ずかしい好意を嫌る。
民を愛する人は、民に危害を加えられると判断を誤る。
これを相手に利用されると、敗北の原因になる。
単純な戦力ではなく、将の心理面も勝敗に影響することを示唆している。
人は今も昔も変わらない。

行軍第九

兵力

兵は多きを益とすべきに非ざるなり。
惟だ武進すること無く、力を併わせ、敵を料りて人を取るを以て足るのみ。
夫れ惟だ慮無くして敵を易る者は、必ず人に擒にせらる。

兵は多ければいいものではない。多ければ動きが遅くなり、協力関係が難しくなる。
相手に合わせて必要な人数のみ確保するのが好ましいが、少なすぎると負けてしまう。
日本の組織は必要性ではなく、組織の状況から人数が決められている。
体制が整わないなら、行わない方がバランス的に好ましい。
人数が揃わないから、とりあえず少人数から始めるなどは論外だ。

兵との距離感

卒未だ親附せずして、之を罰すれば、則ち服せず。
服せざれば則ち用い難きなり。
卒巳に親附して、罰、行なわざれば、則ち用う可からざるなり。

兵と親しんでいない時に罰を強くすると、兵の心が離れて命令を聞かなくなる。
逆に親しみ過ぎて罰が弱くなっても、命令を聞かなくなる。
同じことが現代に当てはまる。
人は言葉自体ではなく、誰が言ってるかを大切にする。
人の上に立つには認められた後、侮られない立場に立って可能になる。

地形第十

名を求めないこと

故に戦いの道、必ず勝たんには、主、戦う無かれと曰うとも、必ず戦いて可なり。
戦いの道、勝たざるべくんば、主必ず戦えと曰うとも、戦うことなくして可なり。
故に進みては名を求めず、退きては罪を避けず、惟だ民を是れ保んじて、主に利するは、国の宝なり。

主に逆らってでも、戦い勝利することが国にとって利があると考えれば戦い、逆に負けそうなら撤退する。
その結果による名声も求めず、罰を受けることも覚悟して、ただ民のためを考える人がいるなら国の宝のため大切にしなさい、と言っている。
確かにそうだが、これは悪用されることが多いという欠点を持つ。
その人自体は良くても、悪しき慣例となり自分勝手な判断が横行する。
本当に良いことと悪いことは紙一重である。

九地第十一

兵の動かし方

故に善く兵を用うる者は、譬えば卒然の如し。卒然は常山の蛇なり。
その首を打てば則ち尾至り、其の尾を撃てば則ち首至り、其の中を撃てば則ち首尾倶に至る。

常山の蛇とは伝説の大蛇のこと。
首を撃てば尾が攻撃する。
尾を撃てば頭が攻撃する。
胴を撃てば首と尾の両方で攻撃する。
このように自由自在に動かすことが理想になる。
全ての動きの連携を重視している。
しかし現実では、隣の部署との連携も困難。
本当に人を動かすことは難しい。

火攻第十二

感情による行動

主は怒りを以て師を興す可からず。将はいきどおりを以て戦いを致す可からず。
利に合えば動き、利に合わざれば止む。

トップに立つものは怒りを以て動いてはいけない。
全ては利に合うかどうかが判断材料になる。
冷静な時には当たり前に聞けることも、いったん怒りを覚えると視界が狭くなる。
そうなると相手の動きも見切ることが出来ず、負ける原因になる。
しかし「怒るな」と言ったところで、怒りは収まらないという最大の問題が残る。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 
アマゾンリンク
全訳「武経七書」1孫子・呉子
(使用した本は古くて販売されていないので参考です)

→「呉子」の名言まとめました
→「司馬法」の名言まとめました
→「尉繚子」の名言まとめました
→「李衛公問対」の名言まとめました
→「六韜」の名言まとめました
→「三略」の名言まとめました
→武田信玄「風林火山」全文紹介
→「君主論」「政略論」よりマキャベリの名言
→「戦争論」よりクラウゼヴィッツの名言
→インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク