「山椒魚(井伏鱒二)」の名言まとめました

「山椒魚(井伏鱒二)」の名言をまとめていきます。

山椒魚

山椒魚は悲しんだ。
彼は棲家である岩屋から外に出てみようとしたのであるが、頭が出口につかえて外に出ることができなかったのである。(冒頭の書き出し)

 

「いよいよ出られないというならば、俺にも相当な考えがあるんだ」
しかし彼に何一つとしてうまい考えがある道理はなかったのである。

 

ほの暗い場所から明るい場所をのぞき見することは、これは興味深いことではないか。そして小さは窓からのぞき見するときほど、常に多くの物を見ることはできないのである。

 

「くったくしたり物思いに耽ったりするやつは、莫迦だよ」
彼はどうしても岩屋の外に出なくてはならないと決心した。いつまでも考え込んでいるほど愚かなことはないではないか。今は冗談ごとの場合ではないのである。

 

山椒魚は再びこころみた。それは再び徒労に終った。

 

いかなる○○病者も、自分の幽閉されている部屋から解放してもらいたいと絶えず願っているではないか。最も人間嫌いな囚人でさえも、これと同じことを欲しているではないか。

 

誰しも自分自身をあまり愚かな言葉で譬えてみることは好まないであろう。ただ不幸にその心をかきむしられる者のみが、自分自身はブリキの切屑だなどと考えてみる。

 

「ああ寒いほど独りぼっちだ!」

 

悲嘆にくれているものを、いつまでもその状態に置いとくのは、よしわるしである。山椒魚はよくない性質を帯びて来たらしかった。

山椒魚は相手の動物を、自分と同じ状態に置くことのできるのが痛快であったのだ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
山椒魚 (新潮文庫)

 

→羅生門(芥川龍之介)
→鼻(芥川龍之介)
→芋粥(芥川龍之介)
→蜘蛛の糸(芥川龍之介)
→杜子春(芥川龍之介)
→蜜柑(芥川龍之介)
→トロッコ(芥川龍之介)
→檸檬(梶井基次郎)
→雪国(川端康成)
→五重塔(幸田露伴)
→蟹工船(小林多喜二)
→堕落論(坂口安吾)
→白痴(坂口安吾)
→人間失格(太宰治)
→晩年(太宰治)
→斜陽(太宰治)
→山月記(中島敦)
→李陵(中島敦)
→名人伝(中島敦)
→吾輩は猫である(夏目漱石)
→坊っちゃん(夏目漱石)
→草枕(夏目漱石)
→三四郎(夏目漱石)
→それから(夏目漱石)
→門(夏目漱石)
→こころ(夏目漱石)
→文鳥(夏目漱石)
→金閣寺(三島由紀夫)
→憂国(三島由紀夫)
→花ざかりの森(三島由紀夫)
→銀河鉄道の夜(宮沢賢治)
→舞姫(森鴎外)
→ドグラ・マグラ(夢野久作)
→みだれ髪(与謝野晶子)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました