「銀河鉄道の夜(宮沢賢治)」の名言まとめました

「銀河鉄道の夜(宮沢賢治)」の名言をまとめていきます。

銀河鉄道の夜

一、午后の授業

このごろぼくが、朝にも午后にも仕事がつらく、学校に出てももうみんなともはきはき遊ばず、カムパネルラともあんまり物を云わないようになったので、カムパネルラがそれを知って気の毒がってわざと返事をしなかったのだ、そう考えるとたまらないほど、じぶんもカムパネルラもあわれなような気がするのでした。(ジョバンニ)

 

三、家

「けれどもカムパネルラなんか(悪口を)決して云わない。カムパネルラはみんながそんなことを云うときは気の毒そうにしているよ」(ジョバンニ)

 

四、ケンタウル祭の夜

ほんとうにこんなような蝎だの勇士だのそらにぎっしり居るだろうか。(ジョバンニ)

五、天気輪の柱

あああの白いそらの帯がみんな星だというぞ。(ジョバンニ)

 

六、銀河ステーション

「月夜でないよ。銀河だから光るんだよ」(ジョバンニ)

 

七、北十字とプリオシン海岸

「ぼくはおっかさんが、ほんとうに幸になるなら、どんなことでもする。けれども、いったいどんなことが、おっかさんのいちばんの幸なんだろう」(カムパネルラ)

 

八、鳥を捕る人

「どこまでも行くんです」(ジョバンニ)

 

「ああせいせいした。どうもからだに恰度合うほど稼いでいるくらい、いいことはありませんな」(鳥捕り)

 

九、ジョバンニに切符

「おや、こいつは大したもんですぜ。こいつはもう、ほんとうの天上へさえ行ける切符だ。天上どこじゃない、どこでも勝手にあるける通行券です」(鳥捕り)

 

「なにがしあわせかわからないです。ほんとうにどんなつらいことでもそれがただしいみちを進む中でのできごとなら峠の上り下りもみんなほんとうの幸福に近づく一あしずつですから」(燈台守)

 

「ああぼくいまお母さんの夢をみていたよ。お母さんがね立派な戸棚や本のあるとこに居てね、ぼくの方を見て手をだしてにこにこにこにこわらったよ」(男の子)

 

こんなしずかないいとこで僕はどうしてもっと愉快になれないだろう。どうしてこんなにひとりさびしいのだろう。(ジョバンニ)

 

「カムパネルラ、また僕たち二人きりになったねえ、どこまでもどこまでも一緒に行こう。僕はもうあのさそりのようにほんとうにみんなの幸のためならば僕のからだなんか百ぺん灼いてもかまわない」(ジョバンニ)

 

下流の方は川はば一ぱい銀河が巨きく写ってまるで水のないそのままのそらのように見えました。(ジョバンニ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Audible」対象作品。

アマゾンリンク
新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

 

→羅生門(芥川龍之介)
→鼻(芥川龍之介)
→芋粥(芥川龍之介)
→蜘蛛の糸(芥川龍之介)
→杜子春(芥川龍之介)
→蜜柑(芥川龍之介)
→トロッコ(芥川龍之介)
→山椒魚(井伏鱒二)
→檸檬(梶井基次郎)
→雪国(川端康成)
→五重塔(幸田露伴)
→蟹工船(小林多喜二)
→堕落論(坂口安吾)
→白痴(坂口安吾)
→人間失格(太宰治)
→晩年(太宰治)
→斜陽(太宰治)
→山月記(中島敦)
→李陵(中島敦)
→名人伝(中島敦)
→吾輩は猫である(夏目漱石)
→坊っちゃん(夏目漱石)
→草枕(夏目漱石)
→三四郎(夏目漱石)
→それから(夏目漱石)
→門(夏目漱石)
→こころ(夏目漱石)
→文鳥(夏目漱石)
→金閣寺(三島由紀夫)
→憂国(三島由紀夫)
→花ざかりの森(三島由紀夫)
→舞姫(森鴎外)
→ドグラ・マグラ(夢野久作)
→みだれ髪(与謝野晶子)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました