「鹿の王」の名言まとめました

「鹿の王(上橋菜穂子)」より名言をまとめていきます。

ピュイカ(飛鹿)乗りのヴァン、帝国で名を知られる医者ホッサルの物語。
帝国との戦いに敗れたヴァンは捕らわれて、奴隷としての日々が続いていた。
だが突然の事件により事態は急変する。
逃亡に成功したヴァンは、幼子ユナと共にあてのない旅に出ることになる。
壮大な世界観の物語。

鹿の王(上)

意志

おのれの身体に残る命の火が消えていくまで、生きねばならない。

奴隷生活に身を落としているヴァン。
絶望しかない生活を送ると「死んだほうがまし」という気持ちになる。
しかし「生きることに意味がある」という考えが好きですね。

感覚

何が起きたのか...何が起きているのか...何もかもがわからない。
ただ、ここにいてはならぬ、という予感だけがあった。早く逃げろ、と何かが告げている。

岩塩鉱に何かが起こった時、ヴァンが感じたこと。
元戦士であるヴァンにとって、この感覚こそが大切なことになる。
これと似たものに「刑事のカン」や「女のカン」などがある。
この「カン」というのは決して適当ではなく、多くの場合「説明できないけど経験的に分かること」だと私は考えている。
もちろん正しいとは限らないが、無視できないのも事実。
ただ人によっては、都合よく使う場合があるので注意は必要。

奴隷

奴隷は家畜と同じ。
手間がかかると思われれば殺されるし、生かした方が利益になると思われたとしても、人として扱われない。

ヴァンがユナを見つけた時に考えたこと。
ユナは奴隷として働いている母と一緒にいたが、その母も亡くなり独りになる。
ヴァンはユナの将来を考えた末、共に逃亡することを選ぶ。
「奴隷は家畜と同じ」という言葉には嫌悪感を感じる。
しかし「人を人として扱わない」というのは、現代でも意外と多い。

猫の存在

猫どもは気儘にここと外を行き来している。
ここで働いていた頃は、奴らのお陰で、随分仕事の辛さが紛れたものです。

岩塩鉱の奥深くで働いていた(奴隷ではない)時の思い出になります。
職場でも猫や動物などがいると、和やかな雰囲気になる時がある。
効率は悪くなるのだが、何故か「この子」を中心に輪ができることが多い。
人でもこんな雰囲気の存在がいる。いるといないで空気自体が変わる人。
例え仕事が出来なくても、存在の意味を考えて辞めさすのはもったい。

とらえどころのないもの

幽霊が恐ろしいのは、とらえどころがないからでしょう?
幽霊に身体があって、捕まえることができるなら、きっと誰も怖がらないわ。
病も同じよ。実体を?まえることができたら、対処する方法を探ることができる。

ホッサルのパートナーであるミラルの言葉になります。
幽霊を怖がる人は多くても、幽霊から何かをされたという人は少数です。
「分からないから怖い」という感覚は面白い。

スポンサーリンク

出会い

怖いわよ、そりゃ。でも、伝説の敵。
しかも、言い伝えではなくて、この手で触れられる身体を持った敵に、ようやく出会えたんだもの。わくわくするわ。

先程と同じミラルの言葉になります。
聞き伝えだけで知っていた病気が、発症した患者を見た時のこと。
感染症の治療は医者自身にもリスクがある。
それでもリスクよりも好奇心の方がまさる感覚が、多くの治療法を見つける原動力になってきたのでしょう。
ただこの好奇心が、変な方向に向かうことだけは注意したい。

私らの領分

そうですなぁ。...
だから、カミガミは、私らに領分を守るよう教えたんでしょうねぇ。
子供の頃、「暮れ」の婆さまに良く言われたもんですよ。
わしらが見逃す獲物があるから、山は生き続けておるんぞってねぇ。

ある村にて狩りの時、いろいろな決まりがあることに対しての言葉になります。
自然と生きるものは、「壊して終わり」というわけにはいかない。
あえて非効率なことをして、双方を守るという考え方は聞くべきものがある。

探索

探索は水物ですよ。春まで待てば状況が変わってしまうかもしれません。

ヴァンを追っている追跡者のサエの言葉になります。
冬の探索が困難だからといって春まで待っていたら、探索自体が困難になる。
待つは、「あきらめる」と同意語になる。
探索のエキスパートにとって、それは許せないことなのだろう。

飛鹿乗り

むかし、父が言っていた。
どう言い繕おうと、おれたちは飛鹿を自分たちの都合で使っているのだと。
それをけっして忘れるな。
勇壮な歌で己の心を鼓舞しながら、その裏で、飛鹿よ、すまんなぁ、と許しを請うている情けない者、それが飛鹿乗りなのだ、と。

身を隠している家族が飼っている飛鹿の状況の悪さに対して、ヴァンが考えたこと。
「動物と絆を結んでいる」と言っても、客観的に見れば利用している現実は間違いない。
しかしそれを悪く言うつもりはない。
その現実を理解して、出来る限りのことを行うという姿勢を守ればいいだけ?

笑顔

妙な縁で助けてきた子だが、この子が自分を見て、ぱっと満面の笑みを浮かべると、ヴァンは静かだが、深い喜びを感じた。

ユナを見ているヴァンの心境になります。
実の子で無くても、なついてくれる子供は見ていて嬉しいもの。
しかしここで逆のことを考えてみる。では、なついてくれない子はどうなのだろうか?
子供の性格から表情が出ないこともある。
またそういう子を「生意気」として感じてしまうこともある。
子供には同じ気持ちを持って接したい。

自然の摂理

オタワル人は、この世に勝ち負けはないと思っているよ。
食われるのであれば、巧く食われればよい。食われた物が、食った者の身体となるのだから。

オタワル人であるミラルが語った言葉になります。
実際の食するという行為自体では無く、人も自然の一部という考えなのでしょう。
また国家間においても国が全てではなく、負けてもその中で生きれば良いという考えにもつながっています。
永久に残る国も組織もないのだから、勝つことが全てではないということかな?

医者の立場

私の信念としては、絶対、という言葉は使いたくないのですが、残念ながら、そうです。
いまの私は、まだその手立てをもちません。

治療法が確率していない病に対しての、ホッサルの言葉になります。
医者として「絶対に治る」とも「絶対に治せない」とも言えません。
医者が出来ことは、可能性を上げることだけだと考えている。
しかし患者の立場として、確証が欲しい気持ちは分かります。
この時、医者の立場として本当のことしか言わないのか、それとも嘘でも希望を持たせるのが良いのか私には分かりません。

ホッサルの考え

しかし、私は、その途方もなく大いなるものの前で、立ち尽くす気はありません。
そのすべてを「神々の領域」と名付けて納得し、触れずに目をつぶる気もちになれないのです。

医者としてのホッサルの考えになります。
病気の原因というのは、現在の化学を使ってなら分かるかもしれません。
しかし、基本的に見えないもの。
昔は祟りやバチが当たったなど、不可思議なものと考えてもおかしくはない。
ただすべてを解明することが正しいのかは、私には分かりません。
しかし医者や科学者が現状を良しとする考えでは進歩はありませんので、どんどんチャレンジして欲しいものです。

臆病者

打てる手は、すべて打っておきたいのです。私は臆病者ですから。

解明できていな病気に対してのホッサルの考えになります。
「臆病者」というのは多くの場合、悪い意味で捉えます。
しかし臆病だからこそ、いろいろな考えをして注意していく。
臆病だからこそ知恵が生まれる。

私のこと

黙れと言っているだろう!
いまは、私のことなんぞ、どうでもいいんだ!

患者の治療に追われて休息していない、ホッサルの言葉になります。
人には休息の大切さを説いてても、自分は守っていない人がいる。
その行動自体を非難する気はありません。
ただ能力がある人に対しては、周りのサポートを期待したいところです。

人の身体

身体とは何か。生命とは何か。人の身体を見るたびに、それを思わずにいられない。

患者を前にしてのホッサルの言葉になります。
確かに人の身体は凄い。
数え切れないほどの細胞からなり、血管の総長さは地球2周半ぐらいあると言われている。
脳の記憶力もとんでもない。
病気にかかれば身体が自己防御しようと努力していますし、少しの傷なら再生する。
本当に人の身体とは不思議なものです。

独角の歌

我が槍は光る枝角。背には我が仔、低く構えしこの角は弱き命の盾なるぞ。

ヴァンが昔いた独角の歌になります。
弱き者を守る勇気を振り絞る歌だったためピックアップしてみました。

人にとっての現実

時も、覚えていることすらも、病が変えてしまうのなら、人にとっての現実ってなんなのだろうな。

ホッサルが病で記憶があいまいになっている義母を見て思ったこと。
現代における「痴呆症」にあたるだろう。
私は本当の症状を知らないが、忘れるという現実を前にすると「今までは何だったんだろう?」と思わずにいられない。

病にかかること

人が犯した罪ゆえに病に罹るのであれば...
そんなことがあるのなら、この世はとうの昔に楽園になっている。
病に情けはない。善悪も関係ない。だからこそ恐ろしいのだ。

病に対するホッサルの嘆きになります。本当にその通り。
日頃から良いことを心がけて健康に注意していても、病に罹る時はある。
あくまで日頃のことは可能性を下げる程度でしかない。
しかも精神的な病は、良い行いをすることによるストレスで悪化する可能性すらある。
病に関しては、良くも悪くも平等という不公平がある。

感想

タイトルだけ見ると動物が主人公みたいだが、完全に人が中心となる物語です。
ヴァンの強さと優しさ、ユナの可愛さ、そしてホッサルの医者としての行動に心惹かれます。
下巻に楽しみは続きます。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク