「村上海賊の娘(和田竜)」の名言まとめました

「村上海賊の娘(和田竜)」より名言をまとめていきます。

村上海賊の娘(上巻)

「馬鹿め。こんな面白いこと、他の奴にやらせてたまるか」(村上景)

 

「三島明神の鶴姫だってこうするぞ」(景)

 

「俺は男親ぞ。娘を甘やかす以外何ができる」(村上武吉)

 

「軍書をまるまる信じると、勝てる戦も勝てぬようになるぞ」(村上吉継)

 

「浄土など、あればあったで儲けものだが、なけりゃないでそれまでのことさ」(景)

 

「オレは全部を手に入れる女子じゃ。そう心得よ」(景)

 

「天下の要害なんてめったにあるもんじゃないんだから、素直に信長の奴に大坂を譲ってやりゃいいんだよ。念仏なんぞ、どこでだってできるだろうが」(景)

 

「オレは狼藉者を討ち取ったのだ。非は向こうにある。オレを斬るというのなら、織田家の方こそ悪い」(景)

 

戦国期、合戦において防御の発想はほとんどない。身命を投げ出して敵に臨むのが、勇敢で価値あるものとされた。

 

名は知らぬが、敵の大将よ。我が雑賀党の前で種子島を使う愚を知れ。(鈴木孫市)

 

進まば往生極楽、退かば無間地獄。(一向宗)

 

「そんな奴らを騙くらかして、戦なんぞさせおって」(景)

村上海賊の娘(下巻)

「姿も表さずに種子島で狙うて頼みごとか。笑わせるな」(景)

 

「あの眞鍋家の当主の申したこと、もっともじゃ。村上武吉の娘が斯様な心得もないとはの。皆、自らの家のためのみに戦する。この鈴木孫市もまた、そんな男の一人だ」(孫市)

 

オレは瀬戸内で生きていくしかないんだ。(景)

 

「わしはこういう生まれつきでな。ひとに頭を垂れるなど無理なのさ」(武吉)

 

武吉にとって景はこういう娘で、戦になど向かぬと初めから承知していた。戦を華やかなものとしか見ぬ者が、実戦に耐えられるはずがない。

 

まあ、そのときはあの賢しら者(小早川隆景)に任せるさ。(武吉)

 

妙だな。夫の帰りを待つ妻とは、こんな心持ちなのか。(景)

 

「戦に出るに値しなかろうが、たとえ門徒どもに撥ね付けられようが、オレはあいつらのために戦うんだ」(景)

 

「俺の子だな」(武吉)

 

「三十年ぶりに鬼手が出るのだ。我が娘が戦に赴けば、当方の勝利疑いなし」(武吉)

 

「姫、ええか。わしはおのれらと戦う。家を保つためにな」(眞鍋七五三兵衛)

 

「どうもこうもあるかよ。鬼手が出れば戦う以外何がある」(村上吉充)

 

「もはや役目など知るか。者ども、死ねや!」(乃美宗勝)

 

踏み出せ。一歩踏み出せ。それができるか否かが、勇者と臆病者との分かれ目だ。(村上景親)

 

将は命を発するのに配下の顔色などうかがってはならない。

 

「ようやっと分かったわ、おのれは面白い奴っちゃ」(七五三兵衛)

 

決して勝負を捨てぬ者だけが、勝ちを得る。(景)

 

「就英、やはり輿入れの話しはオレには無理なようだ。オレがこういう女だからさ」(景)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
村上海賊の娘 全4巻セット

 

→竜馬がゆく(坂本竜馬)
→燃えよ剣(土方歳三)
→織田信長(山岡荘八)
→新史太閤記(豊臣秀吉)
→豊臣秀長(堺屋太一)
→国盗り物語(斎藤道三)
→関ケ原(石田三成)
→夏草の賦(長曾我部元親)
→箱根の坂(北条早雲)
→義経(源義経)
→一夢庵風流記(前田慶次)
→楽毅(宮城谷昌光)
→子産(宮城谷昌光)
→天空の舟(伊尹)
→重耳(宮城谷昌光)
→呉越春秋 湖底の城(范蠡)
→三国志(吉川英治)
→三国志(劉備玄徳)
→三国志(関羽雲長)
→三国志(諸葛亮孔明)
→三国志(曹操孟徳)
→ローマ人の物語(ハンニバル、スキピオ)
→ローマ人の物語(ユリウス・カエサル)
→ギリシア人の物語(アレクサンドロス)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました