「ハリー・ポッターと賢者の石(J・K・ローリング)」の名言まとめました

「ハリー・ポッターと賢者の石(J・K・ローリング)」の名言をまとめていきます。

ハリー・ポッターと賢者の石

第1章

「ふうろうが飛ぶのは、噂が飛ぶのに比べたらなんでもありませんよ」(ミネルバ・マクゴナガル)

 

「想像するしかないじゃろう。本当のことはわからずじまいかもしれん」(アルバス・ダンブルドア)

 

「わしは自分の命でさえハグリッドに任せられるよ」(ダンブルドア)

 

第4章

「おまえは自分が何者なのか知らんのだな?」(ルビウス・ハグリッド)

 

「何たる屈辱! 何たる恥! 魔法界の子どもは一人残らずハリーの名前を知っているというのに、ハリー・ポッターが自分のことを知らんとは!」(ハグリッド)

第5章

「銀行強盗なんて狂気の沙汰だ、ほんに。小鬼ともめ事を起こすべからずだよ」(ハグリッド)

 

「どうしてかって? そりゃあおまえ、みんなすぐ魔法で物事を解決したがるようになろうが。うんにゃ、我々はかかわり合いにならんのが一番いい」(ハグリッド)

 

「実はもちろん、杖の方が持ち主の魔法使いを選ぶのじゃよ」(ギャリック・オリバンダー)

 

「『名前を言ってはいけないあの人』もある意味では、偉大なことをしたわけじゃ……恐ろしいことじゃったが、偉大には違いない」(オリバンダー)

 

第6章

ハリーの心は踊った。何が待ち構えているかはわからない……でも、置いてきたこれまでの暮らしよりは絶対ましに違いない。

 

第7章

「ああ、音楽とは何にもまさる魔法じゃ」(ダンブルドア)

 

──僕には教えてもらわなくてもできることがあったんだ──簡単だよ。飛ぶってなんてすばらしいんだ!(ハリー・ポッター)

 

第10章

共通の経験をすることで互いを好きになる、そんな特別な経験があるものだ。

 

第12章

「鏡が見せてくれるのは、心の一番奥底にある一番強い『のぞみ』じゃ。それ以上でもそれ以下でもない」(ダンブルドア)

 

第13章

「目にもの見せてやる……僕たちが勝って、連中の顔から笑いを拭い去ってやる」(ハリー)
「グラウンドに落ちたあなたを、私たちが拭い去るようなハメにならなければね」(ハーマイオニー・グレンジャー)

 

第14章

「十週間先でしょ。ずーっと先じゃないわ。ニコラス・フラメルの時間にしたらほんの一秒でしょう」(ハーマイオニー)

 

「何のためですって? 気は確か? 二年生に進級するには試験をパスしなけりゃいけないのよ。大切な試験なのに、私としたことが……もう一月前から勉強を始めるべきだったわ」(ハーマイオニー)

 

「あーあ、平穏な生活って、どんなものかなぁ」(ロン・ウィーズリー)

第15章

「ホグワーツに残りたいなら行かねばならん。悪いことをしたんじゃから、その償いをせにゃならん」(ハグリッド)

 

「いつでも罪のない者が真っ先に犠牲になる。大昔からずっとそうだった。そしていまもなお……」(ロナン)

 

「それはね、ユニコーンを殺すなんて非情きわまりないことだからなんです。これ以上失うものは何もない、しかも殺すことで自分の命の利益になる者だけが、そのような罪を犯す」(フィレンツェ)

 

第16章

「ハリー、もっとうれしそうな顔をしろよ。試験でどんなにしくじったって、結果が出るまでまだ一週間もあるんだ。いまからあれこれ考えたってしょうがないだろ」(ロン)

 

「だからなんだっていうんだ?」

「退校にされようにも、ホグワーツそのものがなくなってしまうんだ。ペシャンコにされてしまう。でなければ闇の魔術の学校にされてしまうんだ! 減点なんてもう問題じゃない」(ハリー)

 

「それはどうかしら。フリットウィックがそっと教えてくれたんだけど、彼の試験で私は百点満点中百十二点だったんですって。これじゃ私を退校にはしないわ」(ハーマイオニー)

 

「気が変になったのか! 君はそれでも魔女か!」(ロン)

 

「これがチェスなんだ! 犠牲を払わなくちゃ!」(ロン)

 

「そうだな。僕、一度は幸運だった。そうだろう? だから二度目も幸運かもしれない」(ハリー)

 

「ハリー、あなたって、偉大な魔法使いよ」

「私なんて! 本が何よ! 頭がいいなんて何よ! もっと大切なものがあるのよ……友情とか勇気とか……ああ、ハリー、お願い、気をつけてね!」(ハーマイオニー)

 

第17章

「死とは長い一日の終わりに眠りにつくようなものだ。結局、きちんと整理された心を持つ者にとっては、死は次の大いなる冒険にすぎないのじゃ」(ダンブルドア)

 

「困ったことに、どういうわけか人間は、自らにとって最悪のものを欲しがるくせがあるようじゃ」(ダンブルドア)

 

「ものには必ず適切な名前を使いなさい。名前を恐れていると、そのもの自身に対する恐れも大きくなる」(ダンブルドア)

 

「真実か。それはとても美しくも恐ろしいものじゃ。だからこそ注意深く扱わなければなるまい」(ダンブルドア)

 

「勇気にもいろいろある。敵に立ち向かっていくのにも大いなる勇気がいる。しかし、味方の友人に立ち向かっていくのにも同じくらい勇気が必要じゃ」(ダンブルドア)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年8月28日現在)

アマゾンリンク
ハリー・ポッターと賢者の石

 

→ハリー・ポッターと秘密の部屋
→ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
→ハリー・ポッターと炎のゴブレット
→ハリポタシリーズ(ハリー)
→ハリポタシリーズ(ロン)
→ハリポタシリーズ(ハーマイオニー)
→ハリポタシリーズ(ダンブルドア)
→ハリポタシリーズ(ハグリッド)
→わたしを離さないで(カズオ・イシグロ)
→変身(カフカ)
→異邦人(カミュ)
→ペスト(カミュ)
→アルジャーノンに花束を(キイス)
→悲しみよ こんにちは(サガン)
→オセロー(シェイクスピア)
→ハムレット(シェイクスピア)
→マクベス(シェイクスピア)
→リア王(シェイクスピア)
→ロミオとジュリエット(シェイクスピア)
→アンドロイドは電気羊の夢を(ディック)
→星の王子さま(サン=テグジュペリ)
→カラマーゾフの兄弟(ドストエフスキー)
→グレート・ギャツビー
→老人と海(ヘミングウェイ)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました