「夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦)」の名言まとめました

「夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦)」の名言をまとめていきます。

夜は短し歩けよ乙女

「親指をひっそりと内に隠して、堅く握ろうにも握られない。そのそっとひそませる親指こそが愛なのです」(黒髪の乙女)

 

その夜、私は単身で魅惑の大人世界へ乗りこんでみたいと思いました。ようするに、先輩方へ遠慮することなく無手勝流にお酒が飲みたかったのです。(黒髪の乙女)

 

美しく調和のある人生とは、そうした何気ない慎ましさを抜かしては成り立たぬものであろうと思われます。(黒髪の乙女)

 

「でも幸せになるというのは、それはそれでムツカシイものです」(黒髪の乙女)

 

「若人よ、自分にとっての幸せとは何か、それを問うことこそが前向きな悩み方だ。そしてそれをつねに問い続けるのさえ忘れなければ、人生は有意義なものになる」(東堂)

 

「夜の街で出会った胡散臭い人間には、決して油断してはいけないよ。言うまでもなく、我々のような人間にもスキを見せてはいけない」(樋口)

 

こういう場合、恥ずかしがってはいけません。無関係な宴席に踏み込むのは斬るか斬られるかの真剣勝負、一瞬のためらいが命取りとなります。(黒髪の乙女)

 

「そこにお酒があるかぎり」(黒髪の乙女)

 

「お父さん、私は気にしてないよ。エロオヤジでも何でもいいよべつに」(東堂の娘)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年8月17日現在)

アマゾンリンク
夜は短し歩けよ乙女

 

→夜行
→居酒屋ぼったくり(秋川滝美)
→何者(朝井リョウ)
→珈琲店タレーランの事件簿(岡崎琢磨)
→夜のピクニック(恩田陸)
→いなくなれ、群青(河野裕)
→その白さえ嘘だとしても(河野裕)
→汚れた赤を恋と呼ぶんだ(河野裕)
→凶器は壊れた黒の叫び(河野裕)
→夜空の呪いに色はない(河野裕)
→きみの世界に、青が鳴る(河野裕)
→余命10年(小坂流加)
→君の膵臓をたべたい(住野よる)
→また同じ夢を見ていた(住野よる)
→よるのばけもの(住野よる)
→かくしごと(住野よる)
→青くて痛くて脆い(住野よる)
→麦本三歩の好きなもの(住野よる)
→天久鷹央の名言(知念実希人)
→ビブリア古書堂の事件手帖(三上延)
→蹴りたい背中(綿矢りさ)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました