「ロミオとジュリエット(シェイクスピア)」の名言まとめました

「ロミオとジュリエット(シェイクスピア)」の名言をまとめていきます。

ロミオとジュリエット

第一幕

わが物となれば時も忘れる、そのあるものがないためさ。
いや、恋の──わが思う人の思わぬその恨みさ。(ロミオ)

 

恋とはね、いわば深い溜息とともに立ち昇る烟、浄められては、恋人の瞳に閃く火となれば、乱されては、恋人の涙に溢れる大海ともなる。(ロミオ)

 

あの女(ひと)は、一切恋の思いを断ったという、おかげで今その話をしているこの僕は、もう生ける屍も同然なのだ。(ロミオ)

 

絶世の美人とやらを、見せるなら見せてくれてもよい、だが、なんの役に立つだろうか。結局ただ、さらに一きわ立ち優ったあの女の姿を思わせる、いわば心の覚書になるだけさ。(ロミオ)

 

好きになれるように、お目にかかってみるわ、眼で見て、それで好きになれるものならね。でも、それはお母様のお許しの範囲内でだけよ。(ジュリエット)

 

恋をやさしいものだとはねえ?
恋はつらい、あまりに残酷だ、暴君だ、茨のように人を刺す。(ロミオ)

 

とかく夢みる奴は嘘を吐くっていうね。(マキューシオ)

 

たった一つの私の愛が、たった一つの私の憎しみから生まれようとは!
知らないままに、お顔を見るのが早すぎて、知った時にはもうおそい。(ジュリエット)

第二幕

恋がもし盲目なら、恋の矢はいつもはずれるはず。(マキューシオ)

 

ああ、ロミオ様、ロミオ様! なぜロミオ様でいらっしゃいますの、あなたは?(ジュリエット)

 

ただ一言、僕を恋人と呼んで下さい。すれば新しく洗礼を受けたも同様、今日からはもう、たえてロミオでなくなります。(ロミオ)

 

どうして、奴等の剣の十や二十よりも、あなたの眼の方がよっぽど怖い。やさしいあなたの眼差し、それさえあれば、なんの奴等の憎しみなど、僕は不死身だ。(ロミオ)

 

この通り、私の顔は夜という仮面が隠していてくれる、でもなければ、私の頬は娘心の恥かしさに真赤に染まっているはずですわ。(ジュリエット)

 

この恋の蕾、きっとこの次お目にかかるその時には、夏の風に育まれて、美しい花を咲かせましょう。(ジュリエット)

 

相逢う恋人の喜びが、退校時のあの学童どもの心なら、別れる時の悲しさは、登校時のひどく浮かないあの顔か。(ロミオ)

 

たとえ悲しい報せにしても、せめて嬉しそうに話すものよ。ましていい報せなら、そんな難かしい顔をして言うなんて、折角のよい報せが、調べもなにも台無しだわ。(ジュリエット)

 

ジュリエット姫を私のものと呼ぶことができる、それだけで沢山です。(ロミオ)

 

心の想いというものは、言葉よりも内容(なかみ)によって床しいもの、実質(まこと)こそ誇れ、言葉の華を誇るものではございません。(ジュリエット)

 

第三幕

おお、ジュリエット、お前の美しさが僕を弱虫にしてしまい、僕の中の、勇気の鋼を鈍らせたのだ!(ロミオ)

 

それにしても、こんな汚い内容(なかみ)の書物に、こんな美しい装釘がされた例(ためし)があるのだろうか?
ああなんということ、あの美しい宮殿の中に、こんな偽りが住んでいようとは!(ジュリエット)

 

いえ、ヴェロナの外に世界はありません。どこもすべて苦界、煉獄、いや、地獄そのものなのです。(ロミオ)

 

明るさが増せば増すほど、暗くなるのが僕たち二人の苦しみだ!(ロミオ)

 

そりゃ名誉だとは思いませんが、有難いとは思ってますわ。嫌なものを、名誉に思えとは御無理でしょうが、有難いとは思いますわ、嫌なものでも御好意だとわかれば。(ジュリエット)

 

なにもかも駄目になってしまっても、まだ死ぬことだけはできるわ。(ジュリエット)

 

第五幕

世間も、世間の法律も、どちらも貴様の味方ではない。貴様を金持ちにしてくれるような、そんな法律を、どこの世間が作ってくれる。(ロミオ)

 

おお、正直だな、薬屋、貴様の薬はよく利くぞ。さあ、こう、接吻して、俺は死ぬ。(ロミオ)

 

この胸、これがお前の鞘なのよ。さあ、そのままにいて、私を死なせておくれ。(ジュリエット)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ロミオとジュリエット

 

→オセロー
→ハムレット
→マクベス
→リア王
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました