「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと(西原理恵子)」の名言まとめました

「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと(西原理恵子)」より名言をまとめていきます。

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

はじめに

貧しさからくるどうしようもない怒りや悲しみは、暴力になって、一番弱い者にいく。
周りを見回しても、地方のとりたてて何のウリもない町で暮らす女の子がたどる道は、だいたい決まっていた。

 

初心者のサーフィンみたい。
うまく波に乗れたらいいけど、最初の波でつまずいたら、あっという間に流されちゃう。

 

夢や希望があって、ここまで歩いてこられたわけじゃなかった。

 

20歳までは、困れば誰か助けてくれるかもしれない。でもそこから先は、自分で道を切り開いていくしかない。若さや美貌は、あっという間に資産価値がゼロになってしまう。

 

結婚したからって、そこがゴールじゃない。

 

王子様を待たないで。社長の奥さんになるより、社長になろう。

 

立派な言葉なら世の中に溢れてるけど、私が言いたいことは、そういうことじゃない。本当に覚えておかなきゃいけないのは、たぶん、転んだ時の立ち上がり方。

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

第一章

でも人生は、我慢比べじゃないからね。
真面目な女の人ほど「あたしさえ辛抱すれば」と思いがちだから、気をつけて。

 

心が折れてしまったら、逃げ出す気力さえなくしてしまう。

 

感情的になる前に、まずクールダウン。ま、うまくいかないこともあるけど、気にしない。

 

第二章

やりたいことができると、人はどうしたって自分のコンプレックスと向き合うことになる。

 

とにかく何かやらなきゃと思うのに、どうしていいかがわからない。頭の中でなりたい自分と現実の自分を見比べて困ってる。

 

「自分の現実を認める」っていうのは、それまで未来はプリンセスだと思ってきた女の子にしたら、難儀な大仕事ですよ。だからジタバタするし、抵抗する。
努力に勝る近道なしとわかっていても、まずその方法がわからないものね。

 

どうしてもその道を行きたいのなら、何にもなくたって、なけなしの勇気を振り絞って、最初の一歩を踏み出すしかない。

 

やらないうちは、何とでも言えるんですよ。

 

とりあえず今日の3000円を稼ごう。
足を止めないでいれば、自分が向いてないことも、よくわかる。何に向いてるかなんて頭で考えていてもわからない。道はきっと、出会った人たちが教えてくれる。

 

若い頃の夢って、ざっくりしていた方がいい。そして、たくさんあった方がいい。自分にはこれしかないって、あまり思いつめ過ぎない方がいい。

 

うちのめされて、人は、初めて自分の立ち位置を知ることができる。周りの人と自分がどう違うのかを、客観的に判断できるようになる。
そうして、やっと、スタート地点に立てるんだと思う。

 

なりたい人に聞きなさい。そうすれば、きっと教えてくれるよ。
なりたい人と自分を比べなさい。そうすれば、何が足りないか、わかるでしょ。

 

第三章

お金のハナシを考え始めると、夢だとか将来とかフワフワしていたものだ、とたんにシビアな現実になる。

 

「好きなことだから、お金はもらわなくていい」は間違いです。好きなことで生きていきたいなら、それでちゃんとお金が稼げるようにならなくちゃ。

 

自由ってね、有料なんですよ。

 

自分をあとまわしにしていると、いつか誰かを憎んでしまう。そんなつらい、苦しい人生はない。

 

追い込まれて、次の一手が打てなくなる前に、生き抜くための戦略を必ず立ててください。

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

第四章

逃げてください。全部うっちゃって、あとさき考えなくていいから。暴力から逃げるって、そのくらい大切なこと。

 

人に頭をさげるくらい、なんだ。プライドなんかでめしが食えるか。

 

家族だから仲良くしなきゃいけないって思いすぎると、かえってつらくなる。

 

第五章

夢なんか、そうそうかなわない。夢をつかむことより、たとえ夢破れても、そこから立ち直ることの方が大事。

 

第六章

いい子にならなくていいんですよ。いい子は、幸せを人に譲っちゃうから。

 

結婚か、仕事かだったら、どっちもとってください。今はまだまだむずかしい社会だけど、どっちか諦めなきゃいけないなんて、おかしい。

 

あなたの人格を否定してはいけない。
誰もそんなことをしていい人なんていない。

 

いやなことほど、どう面白く表現するかが大事なんで。

 

終章

世界じゅうの貧困のはじまりは、母子家庭にある。かなしいことだけれど、これは今も昔も変わらない現実。

 

今の場所が最低だと思うなら、そこを抜け出す戦略を立てる。それだけは、どうかやめないで。

 

どんどん失敗してください。うまくいかないことがあったっていい、でも、それでくさらない女性であってほしい。そう願っています。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

「アマゾン Audible」対象作品。

アマゾンリンク
女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

06_心理学・悩み
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました