「ライフシフト(リンダ・グラットン)」の名言まとめました

「ライフシフト(リンダ・グラットン)」より名言をまとめていきます。

ライフシフト

変化を求められるもの

最も大きく変わることが求められるのは個人だ。
あなたが何歳だろうと、いますぐ新しい行動に踏み出し、長寿化時代への適応を始める必要がある。

おそらく多くの人が将来のことを考えることができない。
漠然とした未来は想像するのが限界だろう。
今の延長線上の未来ではない、変化が起こると予想される。
おそらく、単純な年金生活をおくることは不可能だろう。
年齢に関係なく、今すぐ行動を起こさないと間に合わない。

卒業後すぐに就職すること

厳しい雇用状況というプレッシャーにさらされている日本の若者は、学校を出たあとすぐに就職しようとする傾向が強い。
学校を卒業したあと、エクスプローラーとして探索の日々を送り、幅広いキャリアの選択肢を検討することは、職業人生の賢明な始め方とは考えられていないのだ。

日本で有名企業に就職する場合、新卒時以外では難しい。
中途採用もあるが、ヘッドハンティングされるような人材でなければ少ないのは間違いない。
また新卒後すぐに就職しない場合、世間から非難の目を向けられる。
しかし、方向性も決めていない若い時期に、将来を決めることは難しい。
そこから学生時代では行えなかった経験に、チャレンジするのも面白い。
人生が長くなったことを考えれば、若い時の数年など問題ではない。
もちろん遊ぶことが目的ではない。人とのつながりを見つけることが出来れば理想的だ。
きっと、起業などの力になるだろう。

ひどい人生とは

人生は「不快で残酷で短い」という、17世紀の政治思想家トーマス・ホップスの言葉は有名だ。
これよりひどい人生は一つしかない。不快で残酷で長い人生である。

読んでいるだけで気が滅入りそうです。
長生きするとしたら健康で楽しく過ごしたいものです。

長寿化の議論

長寿化をめぐる議論は、お金の問題に偏りすぎている。

生きていくためにお金は必要だが、最低限の生活で「生きているだけ」では寂しいですね。
国の対応にも期待したいが、それよりもまず「個人としてどのように生きていくか?」という議論が最重要課題かもしれない。
ただみんなが集まって議論しても、結果はでないでしょうが。

長く働き続けること

長い年数働き続けるのは、あまりに過酷だし、あまりに消耗する。
そして素直に言って、あまりに退屈だ。

お金のためだけに仕事や長時間労働をしている人が、そのまま同じ仕事を続けた場合です。
今すぐではなくても、変化することを考えていきたい。
ステップアップを目的とした、休憩と勉強を出来ればいいですね。

仕事や行動を変えること

人生のステージが増えれば、移行の機会も増える。
問題は、ほとんどの人が生涯で何度も移行を遂げるための能力とスキルをもっていないことだ。

日本人は一つのことを続けるのが正しいと思いがちなため、移行する能力に欠けている。
また移行を遂げる人を「我慢が足りない人」みたいな扱いにしている。
最近では転職は当たり前のこと。
いつでも変わることの出来る能力を、身につけたいものです。

個人と企業

働き手が望むほどの柔軟性を発揮できる企業は、おそらく一握りにとどまる。
その結果、個人と企業の間で激しい戦いが始まるだろう。

基本的に日本の企業は新卒から育てるスタイルが主流だ。
しかしこれからは人の流動性が高まり、中途採用も増えていくだろう。
また残念ながら能力はあるが会社第一ではない考えの人を、受け入れられる企業は少ない。
自由(自分の考え)を通す個人と、会社第一と考える企業は相容れないため、個人と企業で今までとは違う働き方について、調整が進んでいくだろう。

同じ行動

まわりのみんなと同じ行動をとるだけでうまくいく時代は終わったのだ。

大学を出て企業に入り定年で引退するという、これまでの成功パターンはこれからの時代と合わないだろう。
現在ですら大学を出て一つの企業で定年まで働く人は減っており、これからはもっと減っていくのは間違いないだろう。
個人も企業もそれを前提としないと、これからを乗り切ることは出来ない。

100歳以上の人生

寿命に関しては、健康な100年ライフを想定するだけでなく、それ以上長く生きるようになる可能性が高いと思っておいたほうが賢明だろう。

確かに100歳まで生きるとしたら、120歳まで生きても不思議ではない。
ただあまりにも現実離れのため、それを設計できる人などいるのでしょうか?

これは厄災?

ジェーンは、ジャックより30年長く生きられるが、20年長く働かなくてはならない。
これは恩恵と言えるのか?それとも厄災と言うべきなのか?

名前では分かりにくいので年齢を書きますと、19歳と72歳の人となります。
医療や環境の発達により現在若い人ほど長生き出来る確率は高くなる。
しかしその分余裕資金も必要になりますが、現在考えられてる65歳までに準備できるものではありません。
そうなると年齢に関係なく、働いて収入を得ないといけなくなる。
生きられる恩恵と、働かないといけない厄災のどちらが大きいですかね?

働き続ける人生

80歳を超すまで休憩もなく、サバティカルもなく、柔軟な働き方もせずに、ノンストップで働き続けられる人などいるのだろうか?
あなたはそんな人生を送れるだろうか?

サバティカルとは長期間仕事を離れて、学校に通ったり、ボランティア活動などをしたりして過ごす期間のことです。
出来る出来ないに限らず、「したくない!!」ですね。
しかし現在を現状のまま生きていくと、多くの人がこの状況になる。
今すぐに今後の対応を考える必要があるだろう。

未来について

いま生まれた子どもたちが100年の間に経験することを予測するのは不可能だ。
だから、長寿化時代には、不確実性に対処することが避けて通れない。

一つの技術だけではそれがダメになる可能性が高い。
しかし複数の専門技術を修得することは困難だ。
これからは、「対処する技術」が最も必要となるだろう。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク