「ゼロトゥワン(ピーター・ティール)」の名言まとめました

「ゼロトゥワン(ピーター・ティール)」より名言をまとめていきます。

ZERO to ONE(ゼロトゥワン)

冒頭

ビジネスに同じ瞬間は二度とない。

本書の最初に出てくる言葉になります。
ビジネスはもちろん、投資においてもこれが真実。
人は成功体験に強く影響される。
「あの人がうまくいったから」や「過去に同じ方法で儲けたから」など。
この考え方をしている限り、必ず失敗する。
あくまで大切なのは「現在」を見ること。

真似

彼らをコピーしているようなら、君は彼らから何も学んでいないことになる。

彼らとはマイクロソフトやグーグルの創業者を指している。
普通なら成功者を真似することは、決して間違いではない。
しかし圧倒的な成功を収めるためには、今までにないことをしなければいけない。
投資でも誰もが見向きもしない段階で、株などを購入していなければ大勝ちはない。
もちろん、その殆どが失敗するという現実もありますが。

ベストな方法

今日の「ベスト・プラクティス」はそのうちに行き詰まる。
新しいこと、試されていないことこそ、「ベスト」なやり方なのだ。

現在、みんなが良いと言っていることは行き詰まる。
みんなが知っていることなど、競争が激化することは目に見えている。
まだ試していないことはもちろんだが、「みんながダメ」と言っているからこそ価値がある。

採用面接

採用面接でかならず訊く質問がある。
「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」

非常に挑戦的な質問です。私は面接に詳しくないが、日本企業ではありえない。
多数決をよしとする社会にとって、賛成する人がいない真実など実現できるのだろうか?

現在ある方法

これまで富を創造してきた古い手法を世界中に広めれば、生まれるのは富ではなく破壊だ。
資源の限られたこの世界で、新たなテクノロジーなきグローバリゼーションは持続不可能だ。

今まで「発展途上国」と言われてきた国の巨大な人口が、現在の「先進国」と言われる国と同じ生活をしていたら地球が壊れてしまう。
すでにその兆しが見えている。
しかし人である以上、後戻りは出来ないので何らかの解決策が必要になる。
そしてその答えは、意外と当たり前のことに隠れているかもしれない。
グーグルが「検索」という分かりきったことで世界を変えたように、エネルギーにも何か単純な思想で世界を変える発見が隠されているかも。

スタートアップ

スタートアップとは、君が世界を変えられると、君自身が説得できた人たちの集まりだ。
新しい会社のいちばんの強みは新しい考え方で、少人数なら敏捷に動けることはもちろん、考えるスペースが与えられることが大きな利点になる。

本当に大きな成功を収めるためには一人では出来ない。
自分が説得できる人たちと、新しい場所が必要と言っている。
組織に入ると、今までの方法と多くの邪魔が入ってしまう。
もちろん既存の会社がダメなのではない。
しかし多くの有益な発想と人材が、埋もれてしまうのもまた事実。

自分で考えること

ビジネスについて、過去の失敗への間違った反省から生まれた認識はどれか。
何よりの逆張りは、大勢の意見に反対することではなく、自分の頭で考えることだ。

何でも逆にすれば少数意見になり、うまくいくわけではない。
また失敗した方法と逆のことをすれば、成功する訳ではない。
全ての基本は自分で考えることにある。人の意見は参考にしかならない。

永続的な価値

永続的な価値を想像してそれを取り込むためには、差別化のないコモディティ・ビジネスを行ってはいけない。

コモディティとは真似の出来ることと考えてください。
差別化できない、真似の出来るビジネスは行ってはいけない。
例えば薄利多売の商売や、独創的ではあっても大企業が簡単に真似できる商品も同じこと。
特許を取るという方法も確かにある。
しかし理想的には、グーグルの検索システムやフェイスブックのネットワークシステムなど分かっていてもできないことが理想となる。

利益

カネのことしか考えられない企業と、カネ以外のことも考えられる企業とでは、ものすごい違いがある。

利益だけではなく将来について考えることが大切と言っている。
カネしか考えられない企業には2種類ある。
単純に経営難により、先の事どころではない場合。
利益至上主義で、周りや未来などどうでも良いと考えている場合。
どちらの場合も先が見えている。

競争原理

独占は、すべての成功企業の条件なのだ。
競争環境では、誰も得をせず、たいした差別化も生まれず、みんなが生き残りに苦しむことになる。
それなら、なぜ人は競争を健全だと思い込んでいるのだろう?

競争は価格の適性を生み、消費者からみると好ましい状態になる。
しかし企業側としてはどうだろうか?
企業側としては競争により薄利になり、利益が少ないため次を考える余裕が無くなる。
また考えたとしても、利益優先の考え方になる。
もし余裕があったらどうなるだろうか?
余剰利益が生まれるため、次を考える余裕が生まれる。
また利益は出なくても、社会の将来に役立つ商品を作ることも可能になる。
その結果、将来の利益を確保出来る、という良循環が生まれる。
これは少し良く見過ぎでいるかもしれない。
しかし余裕と遊び心が、価値あるものを生み出すのは事実。

急成長

短期成長をすべてに優先させれば、自問すべき最も重要な問いを見逃してしまう。
「このビジネスは10年後も存続しているか」というものだ。

急成長は未来を考える余裕をなくし、現状にも歪を生む。
予定通りの急成長なら問題ない。しかし予想以上の急成長だと人材不足となる。
また今を見るだけで手一杯になり、将来必要な手を打てなくなる。
成長自体は好ましい。
しかし急成長により、一気に落ち込んだ企業がなんと多いことでしょうか?

アップル

アップルに戻ったスティーブ・ジョブズは、アップルをクールな職場にしようとしたわけじゃない。
製品群を絞り込み、10倍の改善を望める少数のプロダクトに集中した。

何でも出来るということは、何にも出来ないと同意語です。
たくさんあることで安心できるが、実際は苦しむ要因となる。
1種類では何らかの問題が発生した時、終わる可能性がある。
しかし有望な商品に開発を集中するという考え方は、あらゆるものごとに共通する。
卓越した選択眼と集中は天才のみが行える。

比較するもの

本当に新しいものを作りたいのなら、古い業界を意識するより、創造に力を注ぐほうがはるかに有益だ。
実際、既存企業との対比で語られるような会社はまったく新しいとは言えないし、おそらく独占企業にはなれないだろう。

現在ではあらゆる業界に企業や利権が絡み、新しいものを作るにしても今を無視することはできない。
そのため、「今に欠けているものは何か?」から始める必要がある。
そしてその多くは、普段の生活で感じている「何か?」が出発点になるため、普段からの意識付けこそが大切になる。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク