「荘子」の名言まとめました

「荘子(金谷治)」より名言をまとめていきます。
実際には長文のため管理人にて部分抜粋、難しい漢字も部分的にカナに変えています。

内篇

逍遥遊篇 第一

小知は大知に及ばず、小年は大年に及ばず。
なにを以て其の然るを知るや。

狭い知識では広大な知識は想像できず、短い寿命では長い寿命は想像できない。
どうしてそのことが分るだろうか。
スパンの長い遠大な計画は、多くの人には理解できない。
そのため人に理解される、スパンの短い短絡的な計画が実行される。

故に曰わく、至人に己れなく、神人は功なく、聖人に名なしと。

最高の人には私心がなく、神的な人には功績がなく、聖人には名誉がない。
世の中にとらわれない人は、何かを成し遂げても何も求めない。

今、子に五石の瓠あり、何ぞくりぬきて、大樽と為して江湖に浮かべずして、
其の瓠落として容るる所なきを憂うるや。
則ち夫子には猶お蓬の心あるかなと。

今あなたに五石も入る瓠があるのに、なぜくり抜いて船として川や湖に浮かべない。
そのように考えないで、なぜ瓠が入れ物として役に立たないのを憂いているのですか。
あなたは塞がった心を持っていますね。
人はどうしても欠点に目を向けてしまうが、視点を変えれば利点もある。
固定観念を無くせば、人でも物でも何かがあるはず。

斤斧にたちきられず、物も害する者なし。
用うべき所なくも、安ぞ困苦する所あらんやと。

役に立たない大木についての会話。
まさかりや斧で切られることもなく、誰にも害されることもない。
役に立たないからといって、何も悩むことはない。
木材として役に立たないからこそ、大きくなることが許されている。
その結果として憩いなど役に立っているとしたら、それは幸せな存在である。

斉物論篇 第二

已みなん、已みなん、旦暮に此れを得るは、其の由りて以て生ずる所か。
彼に非ざれば我れなく、我れに非ざれば取る所なし。
是れ亦た近し、而も其の為使する所を知らず。

くよくよするのは止めよう。
明け暮れに心の変化が起こるのは、もともと原因があって生み出されているのか。
相手が無ければ自分は無く、自分が無ければ心も現れない。
これこそが真実に近く、なぜそのような状況が起こるのかは分からない。
人にはいろいろな感情が生まれるが、同じ状況でも人によって様々な反応をする。
突き詰めると、感情の理由は分からないのかもしれない。
本文とは関係ないが、漢字の「已」(巳と己の中間)は初めて知りました。

其の非とする所を是として其の是とする所を非とせんと欲するは、
則ち明を以うるに若くなし。

相手の悪を善とし、相手の善を悪とした論争で勝とうとしたとする。
それでは真実を追求する立場には及びもつかない。
人それぞれに善悪があり、また価値観もあり、真実は一つでは無い。
それを成否または勝ち負けで考えるほど、愚かなことはない。
ただ中立的な許容は常に少数派のため、迫害を受けることが多いのは残念だ。

唯だ達者のみ通じて一たることを知り、是れが為めに用いずして諸れを庸に寓す。
已にして其の然るを知らず、これを道と謂う。

ただ道に達した者だけがみな一つであることをわきまえ、判断せず平常にまかせる。
そこに身をまかせるばかりで意識しない、それを道の境地という。
物事・損得・美醜など、人は常に判断・比較する。
しかし道を極めたものは、そういう視点でものを見ないことが書かれている。
固定観念や自分の視点で見ないからこそ、見えるものがあるかもしれない。

スポンサーリンク

神明を労して一を為しながら、其の同じきを知らず、これを朝三と謂う。

あれこれ精神を疲れさせて同じことをくり返しながら、それが同じと知らないでいる。
これを朝三と呼ぶ。
この後に有名な「朝三暮四」が続きますが、ここでは省略しています。

故に、知は其の知らざる所に止まれば、至れり。

知識は分からない所で止まっているのが、最高の知識である。
意見が分かれると思うが、個人的には数学と国語で分けて考えればと捉えている。
数学的な問題を、知らないで止まっているのが正しいとは思わない。
しかし国語的な問題は正解が無いこともあるため、正解を求めないという考え方も出来る。

昔者、荘周、夢に胡蝶と為る。栩栩然として胡蝶なり。
自ら喩みて志に適うか、周なることを知らざるなり。
俄然として覚むれば、則ち蘧蘧然として周なり。
知らず、周の夢に胡蝶と為るか、胡蝶の夢に周と為るか。周と胡蝶とは、則ち必ず分あらん。
此れをこれ物化と謂う。

有名な「胡蝶の夢」の一節です。
「荘周が蝶の夢を見ているのか、それとも蝶が荘周の夢を見ているのか」
細かい説明は省略します。

養生主篇 第三

庖丁刀を釈てて対えて曰わく、臣の好む所の者は道なり、技よりも進る。

庖丁は牛刀から手を話し答えた。
「私が求めているのは道であり、技以上のものです」
「庖丁解牛」として有名な箇所の一部分です。
細部だけを見ていたら、細部すらも上手くいかないという意味に捉えている。

沢雉は十歩に一啄し、百歩に一飲するも、樊中に畜わるるをもとめず。

野生の雉は十歩あゆんで僅かなエサを見つけ、百歩あゆんで僅かな水を飲む。
それでも籠の中で養われることは求めない。
人として安定を求めるのを否定はしない。
しかし心ふさがる日々が続くなら、何かが違うのかもしれない。

大宗師篇 第六

古えの真人は、生を説ぶことを知らず、死を悪むことを知らず。

昔の真人は、生を喜ぶことも知らないし、死を憎むことも知らなかった。
知らないというより、とらわれないし受け入れるという考え方。
多くの人は「生きている意味」とか「死ぬ前に」とかを考えすぎている。

至人の心を用うることは鏡の若し。
将らず迎えず、応じて蔵せず。故に能く物に勝えて傷わず。

最高の人の心は鏡のようなもの。
去るものは去らせ来るものは来させ、相手の応対を心に留めない。
そのため物事に対して自分を傷つけずにいられる。
多くの人が傷つくのは、相手の言葉や態度に過剰反応するから。
単純に反応さえしなければ、悩みのほとんどは解決する。
もちろん分かっていても出来ないから、悩みは深くなるのですが...

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク