「バビロン大富豪の教え(ジョージ・S・クレイソン)」の名言まとめました

「漫画 バビロン大富豪の教え(ジョージ・S・クレイソン)」の名言をまとめていきます。

バビロン大富豪の教え

第一章

「使うばかりでは、いつしかお金は無くなってしまう。そうなるなら、その人はお金持ちではない」(アルカド、以降無記入)

 

「いいか。お金持ちというのは簡単なようでいて難しい。難しいようでいて簡単なものなんだ」

 

「”お金持ち”というのは『お金の増やし方を知っている者』。人々は彼らをお金持ちだと言っているのだ」

 

「まずはじめにしなければならないことがある。収入の十分の一を貯金することだ」

 

「今俺たちに出来ることは、素直に話を聞くことぐらいだ」(バンシル)

第二章

「知識の前ではみな平等! それがバビロニアの教えだ」

 

「これから無人島で生きようとする”奴隷”に、その日の魚を分け与えても意味はない。いくら魚を与えようが、食べ尽くせば餓死してしまう。であれば、魚の釣り方を教えること」

 

「君たちに今、何十枚金貨を与えようが、それに価値はない。それより重要なのは、明日の『銅貨』を手に入れる方法を知ること!」

 

「そうやって何事も頭から否定する姿勢が、今日の貴様を産んだのだ!!」

 

「人間の欲望には際限がない……だからこの中で収入がいい者も悪い者もいるはずなのに、皆一様にお金を使い切ってしまうのだ」

「だとすれば、やることは一つ。収入の十分の一を貯金に回し、残りの十分の九で叶えられない欲望を諦めるのだ」

 

「金を持っていることが財産ではない。『定期的に金が入ってくる仕組み』こそ本物の財産なのだ」

 

「俺たちはみんな一様に知識をもらった……なら! その境界を分かつ壁は……動いた者とそうでない者!」(バンシル)

 

第三章

非現実的な利益を出そうとしたり、謀略家の甘い誘惑の言葉にのったり、己の未熟な経験を盲信したりする者からは、黄金は逃げることになるだろう。(粘土板)

 

第四章

「世の中の人はほとんど……アルカドのような大富豪にはなれないと諦めている。けれど、知恵を持ち、その通りに行動すれば、誰だって金持ちになれる」(バンシル)

 

第五章

「私からの最後の教えは……『守るべき者を持つ屈強な壁となれ』だ!」

 

第七章

「『仕事』は経済を回し『営み』を築く。そのことに比べたら、『お金』なんておまけだ」(バンシル)

 

「ただ感謝を忘れちゃいけないぜ。今手にしてるお金は……それが銅貨一枚でも、誰かが働いたことで世の中に出回ったんだ」(バンシル)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年7月12日現在)

アマゾンリンク
漫画 バビロン大富豪の教え

 

→マネジメント(ドラッカー)
→田中角栄 100の言葉
→イシューからはじめよ(安宅和人)
→一日一話(鍵山秀三郎)
→100円のコーラを1000円で売る(永井孝尚)
→不格好経営(南場智子)
→50円のコスト削減と100円の値上げ(林總)
→ユダヤ人大富豪の教え(本田健)
→得手に帆あげて(本田宗一郎)
→道をひらく(松下幸之助)
→成功のコンセプト(三木谷浩史)
→さおだけ屋はなぜ潰れないのか(山田真哉)
→スティーブ・ジョブズの名言
→ジェフ・ベゾスの名言
→ビジネスマンの父より息子へ(ウォード)
→人を動かす(カーネギー)
→チーズはどこへ消えた?(ジョンソン)
→迷路の外には何がある?(ジョンソン)
→ゼロトゥワン(ピーター・ティール)
→仕事は楽しいかね?(ドーテン)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました