「道をひらく(松下幸之助)」の名言まとめました

「道をひらく(松下幸之助)」の名言をまとめていきます。

道をひらく

雨がふれば人はなにげなく傘をひらく。この自然な心の働きにその素直さに、私たちは日ごろあまり気づいていない。

 

運命を切りひらくために

逆境は尊い。しかしまた順境も尊い。要は逆境であれ、順境であれ、その与えられた境涯に素直に生きることである。謙虚の心を忘れぬことである。

 

素直さを失ったとき、逆境は卑屈を生み、順境は自惚を生む。

 

志を立てるのに、老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも道は必ずひらけるのである。

 

目の見えない人は、なかなかケガをしない。

 

いくつになってもわからないのが人生というものである。世の中というものである。それなら手さぐりで歩むほか道はあるまい。

 

人生は真剣勝負である。だからどんな小さな事にでも、生命をかけて真剣にやらなければならない。

 

死を恐れるのは人間の本能である。だが、死を恐れるよりも、死の準備のないことを恐れた方がいい。

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

日々を新鮮な心で迎えるために

身なりは鏡で正せるとしても、心のゆがみまでも映し出しはしない。

 

おたがいにともすれば、変わることにおそれを持ち、変えることに不安を持つ。これも人間の一面であろうが、しかしそれはすでに何かにとらわれた姿ではあるまいか。

 

繁栄は”なぜ”と問うところから生まれてくるのである。

 

失敗することを恐れるよりも、生活にくふうのないことを恐れた方がいい。

 

ともによりよく生きるために

人間の生命は尊い。尊いものは誰もが尊重しなければならぬ。ところが、自分の生命の尊いことはわかっても、他人の生命もまた尊いことは忘れがちである。

 

叱り、叱られることにも、おたがいに真剣でありたい。

 

みずから決断を下すときに

進むもよし、とどまるもよし。要はまず断を下すことである。みずから断を下すことである。

それが最善の道であるかどうかは、神ならぬ身、はかり知れないものがあるにしても、断を下さないことが、自他共に好ましくないことだけは明らかである。

 

いかに適格な判斷をしても、それをなしとげる勇気と実行力とがなかったなら、その判斷は何の意味も持たない。

 

善意の策も悪意の策も、所詮策にすぎない。

 

大事なことは、他人の評価もさることながら、まず自分で自分を評価するということである。

 

困難にぶつかったときに

わるい時がすぎれば、よい時は必ず来る。おしなべて、事を成す人は、必ず時の来るを待つ。

 

世間というものは、きびしくもあるし、また暖かくもある。

 

自信を失ったときに

失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたほうがいい。

 

賢と愚とは非常なへだたりである。しかしそれは紙一重のちがいから生まれてくる。

 

苦難がくればそれもよし、順調ならばさらによし。

 

頭で知ることも大事だが、身をもって知るということが何よりも大事。塩の辛さはなめてみてはじめてわかる。

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

仕事をより向上させるために

仕事が伸びる伸びないかは、世の中がきめてくれる。世の中の求めのままに、自然に自分の仕事を伸ばしてゆけばよい。

 

額に汗して働く姿は尊い。だがいつまでも額に汗して働くのは知恵のない話である。

 

早いけれども雑だというのもいけないし、ていねいだがおそいというのもいけない。念入りに、しかも早くというのが、今日の名人芸なのである。

 

仕事には知恵も大事、才能も大事。しかし、もっと大事なことは、些細と思われること、平凡と思われることも、おろそかにしない心がけである。

 

事業をよりよく伸ばすために

人は無意識の中にも一つの見方に執して、他の見方のあることを忘れがちである。

 

倒すだけが能ではない。敵がなければ教えもない。従って進歩もない。

 

失敗の連続もかなわないが、成功の連続もあぶない話である。

 

自主独立の信念をもつために

こわいものがあるということは、ありがたいことである。これがあればこそ、かろうじて自分の身も保てるのである。

 

敵を知ることもむつかしいけれども、己を知るということは、もっとむつかしい。

 

教えることに、もっと熱意を持ちたい。そして、教えられることに、もっと謙虚でありたい。教えずしては、何ものも生まれてはこないのである。

 

生きがいある人生のために

人間は本来偉大なものである。みごとなものである。しかしそのみごとさは、放っておいてはあらわれない。

 

国の道をひらくために

日々の暮らしの上でも、あまりにも他を頼み、他に求めすぎてはいないか。求めずして己を正す態度というものを今すこし養ってみたい。

 

川にダムが必要なように、暮らしにもダムがほしい。物心ともにダムがほしい。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
道をひらく

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました