「名人伝(中島敦)」の名言まとめました

「名人伝(中島敦)」の名言をまとめていきます。

名人伝

先ず瞬きせざることを学べ。(飛衛)

 

最早、鋭利な錐の先を以て瞼を突かれても、まばたきをせぬまでになっていた。(紀昌)

 

瞬かざるのみでは未だ射を授けるに足りぬ。

次には、視ることを学べ。視ることに熟して、さて、小を視ること大の如く、微を見ること著の如くなったならば、来って我に告げるがよい。(飛衛)

 

或日ふと気が付くと、窓の虱が馬のような大きさに見えていた。
表へ出る。彼は我が眼を疑った。人は高塔であった。馬は山であった。

 

天下第一の名人となるためには、どうあっても飛衛を除かねばならぬ。(紀昌)

 

老師の技に比べれば、我々の射の如きは殆ど児戯に類する。儞の師と頼むべきは、今は甘蠅師の外にあるまい。(飛衛)

 

一通り出来るようじゃな。
だが、それは所詮射之射というもの、好漢未だ不射之射を知らぬと見える。(甘蠅)

 

弓矢の要る中はまだ射之射じゃ。不射之射には、烏漆の弓も粛慎の矢もいらぬ。(甘蠅)

 

至為は為す無く、至言は言を去り、至射は射ることなし。(紀昌)

 

既に、我と彼との別、是と非との分を知らぬ。眼は耳の如く、耳は鼻の如く、鼻は口の如くと思われる。(紀昌)

 

その後当分の間、邯鄲の都では、画家は絵筆を隠し、楽人は瑟の絃を断ち、工匠は規矩を手にするのを恥じたということである。
(紀昌が弓を見ても理解できない姿を見て)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
李陵・山月記 (新潮文庫)

 

→山月記
→李陵
→羅生門(芥川龍之介)
→鼻(芥川龍之介)
→芋粥(芥川龍之介)
→蜘蛛の糸(芥川龍之介)
→杜子春(芥川龍之介)
→蜜柑(芥川龍之介)
→トロッコ(芥川龍之介)
→山椒魚(井伏鱒二)
→檸檬(梶井基次郎)
→雪国(川端康成)
→五重塔(幸田露伴)
→蟹工船(小林多喜二)
→堕落論(坂口安吾)
→白痴(坂口安吾)
→人間失格(太宰治)
→晩年(太宰治)
→斜陽(太宰治)
→吾輩は猫である(夏目漱石)
→坊っちゃん(夏目漱石)
→草枕(夏目漱石)
→三四郎(夏目漱石)
→それから(夏目漱石)
→門(夏目漱石)
→こころ(夏目漱石)
→文鳥(夏目漱石)
→金閣寺(三島由紀夫)
→憂国(三島由紀夫)
→花ざかりの森(三島由紀夫)
→銀河鉄道の夜(宮沢賢治)
→舞姫(森鴎外)
→ドグラ・マグラ(夢野久作)
→みだれ髪(与謝野晶子)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました