アマゾン「kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)」のメリットを紹介する

アマゾンの読み放題サービス「kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)」
実際に利用すると見落としがちがメリットがあったので紹介していきます。

スポンサーリンク

「kindle unlimited」本当のメリットとは?

いきなりですが、当初は私自身も「kindle unlimited」は使えないと考えていました。多くの人が次のように思わなかったでしょうか?

「読みたい作品がサービス対象になっていない!!」

 

数値的なサービス内容は「和書12万冊以上、洋書120万冊以上」、対象は「本、マンガ、雑誌」など素晴らしいが、新作のほとんどは対象外です。

そのため「月額980円」は高いと感じても不思議ではありません。

 

しかし視点を変えてみると、「非常に使えるサービスでは?」と考えてきました。それは……

「確かに読みたい作品はサービス対象外になっている」
「しかしサービス対象に読みたい作品はある」

 

今までは自分の趣味の範囲で作品を探していたが、このサービスを利用することにより、自分が本来読まないような作品に出会うことが多くなった。

また対象作品は無料のため、読み始めて価値が無いを判断すれば、すぐに止めることも容易になる。

どうしても購入すれば価値を取り戻そうと考え、無駄な時間をかけてしまうこともあるため、意外とこれはメリットに感じた。

 

またマンガやラノベなどに1巻無料作品が多数あり、その手の作品は当たり外れが大きいため判断したい人には大いに役に立つだろう。

 

初めに新作はほとんど無いと書いたが、最近は少し対象を拡げているように感じている。

「漫画 バビロン大富豪の教え」や「メモの魔力」などは最近のベストセラー作品であり、とりあえずこの作品を読むだけでも価値はあるだろう。

 

現在ではいつでも解約可能な「30日間の無料体験」があるため、キンドル(PCやスマホでも可)をもっていれば一度は試してみたいサービスである。

スポンサーリンク

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

感想・紹介・思考
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました