「自分に絶望してはいけない」を考える

「だから、どんなときにも、自分に絶望したりしてはいけないんですよ」

「君たちはどう生きるか(吉野源三郎)」の名言。
今回はこの言葉について考えていく。

感想と考察

「自分に絶望する」「自分をダメだと思う」「自分を嫌いになる」。マイナス思考の人がよく陥る感情です。自分も同じなので理解できる。

 

しかしこの感情を持てば、悪くなることはあっても良くなることは無い。自分を傷つけるだけであり、そんな自分をますます嫌いになる。

 

この感情の難しいところは、何の解決にもならないことを本人も理解してること。理解してるのにこの感情を持ってしまう自分を、さらに悪く考えてしまう。悪循環である。

 

「自分に絶望してはいけない」。そんなことは分かっているが、出来ないから困っている。だから個人的には次のように考えている。

「自分に絶望してもいい。ただし今すべきことは行っていく」

 

この感情を治す特効薬は無く、結局これしか無いと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
君たちはどう生きるか

 

→君たちはどう生きるか
→「常に自分の体験から出発して」
→「あたりまえのことというのが曲者」
→「貧しい人は自分の貧乏に引け目」
→「弱い人は自分にも他人にも不幸を招く」
→「結果を考えるより今すべきこと」
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ名言
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました