「何を書くか決めることは、何を書かないのかを決めることでもある」を考える

「何を書くか決めることは、何を書かないのかを決めることでもある」

「王とサーカス(米澤穂信)」の主人公・大刀洗万智の言葉。
この言葉について、いろいろ考えていく。

感想と考察

フリーのジャーナリスト・太刀洗万智が、記事を書く前に考えたこと。

ブログ等と違い新聞や雑誌に記事を書く場合、スペースが決まっている。
そのスペースに合わせて、必要なことを書かなければいけない。

当たり前のことだが、馴れていないと難しい。

必要なことは書かなければいけない。
しかし場合によっては、必要なことも書けないかもしれない。

必要なことを取捨選択し、それでいて伝えないといけないことは明確にする。
その結果、どうしても「記者のバイアス」が掛かってしまう。

記事とは異なるが、スピーチが得意な人は次のように言っている。

「長く話すのは簡単だ」

逆にネットの記事ではスペースに限りが無いため、必要以上に長いと感じる記事もある。
その結果、意見がぼやけているように感じる。何より読んでもらえない。

必要なことを必要なだけ書き、それでいて「何か」がある記事。
そのようなものを書きたいですね。

アマゾンへ
王とサーカス (創元推理文庫)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク