「ペナルティってのは本当に反省させないと意味ないから」を考える

「ペナルティってのは本当に反省させないと意味ないから」

「よるのばけもの(住野よる)」に書かれている言葉。
この言葉について、いろいろ考えていく。

感想と考察

学校の先生が生徒に対する処罰として、どのようなものが必要かを話した言葉。

「本当に反省させる」とは、どういうことだろうか?
これが非常に難しい。

暴力によって「痛み」を知らしめることだろうか?
これだと自分が我慢すれば終わりであり、反省するとは限らない。

相手の立場を下げることだろうか?
嫌なのは確かだが、反省より反発の方が大きいかもしれない。

相手に恥ずかしいことをさせることだろうか?
昔で言えば、バケツを持って廊下に立たせるイメージ。
これも嫌なのは確かだが、反省するとは限らない。

ではどれも効果が無いかといえば、特定の人には効果があるのも事実だ。
ここからペナルティというのは決まったことではなく、相手に合わせて選ばないといけない。

しかし先生などペナルティを与える側も、万能ではなく間違えることもあるだろう。
そこに難しさが生まれる。

厳しくすれば、厳しいとして非難を受ける。
甘くすれば、甘いとして非難を受ける。
バランス良くすれば、効果が無いとして非難を受ける。

真面目に生徒と向き合おうとすればするほど、悩みばかりが大きくなる。
世間はもう少し、大らかであってほしい。
多くの大人は自分の子供すら、まともに相手できないのだから。

アマゾンへ
よるのばけもの

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク