「弱き心には、同じ言葉も強くひびく」名言の紹介

「弱き心には、同じ言葉も強くひびく」

「ハムレット(シェイクスピア)」亡霊の名言。
今回はこの言葉について考えていく。

感想と考察

この言葉の前後を含めた全文は次となる。

「忘れるなよ、ハムレット! その鈍った心を励まさんがため、こうしてここに──それ、見るがいい、母親を。あのように恐れおののいている。あの心の悶えに、なぜ手を貸してやらぬ? 弱き心には、同じ言葉も強くひびく。母に話しかけてやれ、ハムレット」

 

王の弟に協力し、王の殺害後にはその弟と結婚する母親を、ハムレットは容赦なく糾弾する。その途中で現れる亡霊が話したのが今回の名言となる。

 

きつく当たった後に優しくすると、始めから優しいより効果的である。好ましくない方法だが、効果的なのはいつの時代も変わらない。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ハムレット (新潮文庫)

 

→ハムレット
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ名言
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました